通常配送無料 詳細
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
クアトロ・ラガッツィ (上) 天正少年使節と世界帝... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クアトロ・ラガッツィ (上) 天正少年使節と世界帝国 (集英社文庫) 文庫 – 2008/3/19

5つ星のうち 4.0 26件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,015
¥ 1,015 ¥ 494

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • クアトロ・ラガッツィ (上) 天正少年使節と世界帝国  (集英社文庫)
  • +
  • クアトロ・ラガッツィ 下―天正少年使節と世界帝国 (2) (集英社文庫 わ 13-2)
  • +
  • 大君の通貨―幕末「円ドル」戦争 (文春文庫)
総額: ¥2,538
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

十六世紀の大航海時代、キリスト教の世界布教にともない、宣教師が日本にもやってきた。開明的なイエズス会士ヴァリニャーノは、西欧とは異なる高度な文化を日本に認め、時のキリシタン大名に日本人信徒をヨーロッパに派遣する計画をもちかける。後世に名高い「天正少年使節」の四少年(クアトロ・ラガッツィ)である。戦国末期の日本と帝国化する世界との邂逅を東西の史料を駆使し詳細に描く、大佛次郎賞受賞の傑作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

若桑/みどり
1935年東京生まれ。東京芸術大学美術学部芸術学科専攻科修了。千葉大学名誉教授。1962‐64年イタリア政府給費留学生として、ローマに留学。80年『寓意と象徴の女性像』で第2回サントリー学芸賞、84年『薔薇のイコノロジー』で第35回芸術選奨文部大臣賞、2003年『クアトロ・ラガッツィ』で第31回大佛次郎賞を受賞。専門は西洋美術史。イタリア共和国より功労勲章カヴァリエーレを受章。2007年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 575ページ
  • 出版社: 集英社 (2008/3/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087462749
  • ISBN-13: 978-4087462746
  • 発売日: 2008/3/19
  • 梱包サイズ: 15.4 x 10.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 16,305位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
 日本の戦国時代末期から徳川時代への移行時期は日本のその後の世界史的な視野での動きが決定した時だが、このシーンでキリスト教布教が非常に大事な役割をしたことは、歴史家の間でもあまり語られていない。著者の若桑みどりさんはイタリア美術の専門家、イタリア語に強い学者として、天正少年使節団の4人の動向を語りながら日本と世界のかかわりを鋭い筆致で描き出している。私はこの本を読む前に、和辻哲郎の「鎖国」、三浦哲郎の「少年賛歌」を読んでいるが、従来の歴史解釈を超えた若桑氏の歴史観が面白い。
 信長の政治意識、秀吉の海外征服思考については、従来の所説とは相違する。秀吉の九州動座は島津征伐が本筋ではない、キリシタン討伐が真の目的だ。ローマ教皇に3人だけ面接して一人は病気として欠席させたのは意図的。3人の使節が東洋からやってきたということにしたのはキリスト生誕の故事に倣ったものだなどの解釈は、面白すぎるが納得してしまう。単行本は重過ぎるが文庫本はどこにいても読めるので便利だ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 日本では信長がその権力の絶頂で明智光秀に討たれ、秀吉が天下をとって全国統一をなしとげようとしていたころに、九州のキリシタン大名三人がヨーロッパに派遣した四人の少年は正式な使節として遠く海をわたっていた。彼らは、中国、インド、ポルトガルを経てスペイン、イタリアとわたり、永遠の都ローマに入り、カトリック世界の帝王であるグレゴリウス十三世と全枢機卿によって公式に応接され、つぎの教皇であり大都市建設者であったシクストゥス五世の即位式で先導を務めた。八年後に彼らは日本に帰り、秀吉に親しく接してその成果を報告し、西欧の知識・文物と印刷技術を日本にもたらしたのだった。

 筆者によれば、この世紀(二十一世紀)は、十六世紀にはじまる、世界を支配する欧米の強力な力と、これと拮抗する異なった宗教と文化の抗争が最終局面を迎える世紀になるだろう。人類は異なった文化のあいだの平和共存の叡智を見いだすことができるだろうか。それとも争い続けるのだろうか? それこそはこの本の真のテーマなのである。

 当該上巻は、日本における当時の政治的状況、その下でのキリスト教の布教状況、そして少年使節が派遣されるまでの過程が、主として取り扱われる。徳川幕府以前の日本は遥かに世界に開かれており、豊後の大名である大友宗麟や信長をはじめ、宣教師、戦国大名、庶民が生き生きと描かれている。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
上巻の大部分で使節出発までの前史が展開されている。つまり、日本におけるキリスト教布教史だ。原典が多数引用されているが大変読みやすい。少年使節に興味をもってこの本を手に取らなかったら、私としては絶対に読むことがなかった布教史を大変興味深く読ませてくれた。この延々と続く布教史は少年使節派遣の必然性を論証するものと著者は考えたのだろう。私が購入したのは中古本だが、前主はしおり代わりに1,2ページ毎に角を折っており、苦闘しながら読んだ後がうかがえる。だから、この方面に興味がない人にとっては退屈な本かもしれないが私のように読み始めて興味をそそられる方もいるだろうから少年使節に興味がある人にはぜひ勧めたい。下巻を読まずして上巻のみで読了したとしても、良書の評価に値すると思う。
上巻末でいよいよ使節が派遣される。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
稀代の読書家・出口治明が、ある著者の中で薦めていた『クアトロ・ラガッツィ――天正少年使節と世界帝国』(若桑みどり著、集英社文庫、上・下巻)を読み終わりました。この上・下巻合わせて1,000ページもある長篇歴史小説を徹夜して読み上げてしまったというのですから、恐るべき出口の読書力です。

織田信長が本能寺で討たれる直前に、九州のキリシタン大名、大友宗麟、大村純忠、有馬晴信の名代として、ヨーロッパを訪れるべく日本を発った4人――伊東マンショ、千々石ミゲル、原マルティーノ、中浦ジュリアン――を中心とする天正少年使節団が、その使命を見事に果たして8年5カ月後に帰国した時、日本の状況は激変していました。信長によってキリシタンが優遇されていた時代とは様変わりして、豊臣秀吉のキリシタン追放政策が始まっていたからです。

著者が渾身の力を込めたこの作品から強く印象づけられるのは、4少年の勇気、賢明さ、使命感の強さです。これらが愛情を持って生き生きと描かれているのは、国内外の史料を渉猟した著者の気持ちが籠もっているからでしょう。「いつも優等生すぎるマンショが、いつも先頭を切ってなにか不得手なことをやるときの、がんばりとその本音を出しているのがおもしろい。彼は自分の外交的使命を自覚し、不得手なことも一所懸命、日本人の恥になるまいとしてがんばっていた」。「西欧で出
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー