¥ 1,620
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ギースベルト:ギースベルト アルト・リコーダー教本 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ギースベルト:ギースベルト アルト・リコーダー教本 楽譜 – 2001/6/15

5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
楽譜
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,089

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ギースベルト:ギースベルト アルト・リコーダー教本
  • +
  • 絶対! うまくなる リコーダーのコツ100
  • +
  • AULOS(アウロス)シンフォニー アルトリコーダー バロック式 509B(E)
総額: ¥6,026
ポイントの合計: 59pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

若干のスレ、汚れはあります。折込、書込みは見あたりません。表紙にスレ、開き筋、巻末に角印が押してあります。


登録情報

  • 楽譜: 88ページ
  • 出版社: 日本ショット; A4版 (2001/6/15)
  • ISBN-10: 4890661018
  • ISBN-13: 978-4890661015
  • 発売日: 2001/6/15
  • 商品パッケージの寸法: 29.2 x 20.6 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 70,968位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 楽譜
 現在リコーダーといえば小学校で使うソプラノリコーダーが良く知られているが、実はルネサンスからバロックにかけてのリコーダー曲はほとんどがアルトリコーダーのために書かれている。アルトリコーダーは落ち着いた柔らかい音がするので好まれたが、リコーダー自体がフラウト・トラヴェルソに変わられて一旦廃れた後、20世紀にドイツでC管のソプラノリコーダーが教育用楽器として使われるようになったのだ。

 このような理由があるためか、日本で出版されているアルトリコーダーの教本は中学校で学習する時に使う学生向けのもの(および指導書)は見かけるが、それ以外ではあまり多くないのが現状だ。さらにその数少ないものを見比べていくと、この本が一歩秀でていると思われる。特に通常2オクターブ1音の音域で記載される運指表が2オクターブ5音まで拡大されていることと、段階に応じた練習用の楽譜が多く盛り込まれていることは大きい。

 構成は実際の練習に即して、基礎から徐々にステップアップしていくようになっている。しかし項目に合わせてさらに高度なものと結び付けている部分もあり、初級者から上級者まで幅広く使えるだろう。なお、一部に現在のバロック式リコーダーには当てはまらない記述もあるが、それらは監修者によって既に指摘され、丁寧な解説とともに修正されている。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 楽譜
1 すばらしい教則本です。プロ奏者の多くの人が昔この教則本で練習したようです。練習曲はルネサンス、バロック時代のヨーロッパの民謡が多いので日本人にはなじみが少ないと思われますが、良い曲ばかりで中身は濃く、バロック好きにはたまりません。日本の童謡や昔の文部省唱歌などを吹きたいと思っている人には合わないと思います。
2 練習曲は、すべてデュエットになっており、先生と生徒が合わせながら練習することを想定していると思われます。それぞれの練習曲をどのように演奏するかはこれから練習しようとしている生徒には分からず、音符だけに頼って練習してから先生に教えてもらうと「ええっ、そんな吹き方をするの!」と目を開かされることが度々です。したがって、原則的には先生について練習するのに最適な教則本であって、独習はかなり難しいと思います。
3 巻末にある15の独奏曲はすべてすばらしいものです。その内の約半分は監修者である花岡和生氏のCD「クヴァンツの無伴奏小品集」に入っています。これがまた泣かせます。
1 コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 楽譜 Amazonで購入
この本、もう30年以上使っている(1978年、旧版の翻訳以来)。わたしがいまだに使うのは、付録1、「指と舌の熟練のための77の毎日の練習曲」(旧版での名称)と、付録2「18世紀の巨匠による15の独奏曲」(旧版)の部分。いったい何度繰り返して練習したことだろうか。とくに、付録2は、アーティキュレーション(音のつなげ方、切り方、タンギングを変える)の練習、確認などのために、何度やっても飽きないし、新しい発見がある。上級の方々には、この部分だけでも買う値打ちがある。

このたび、2001年の改訂版も手に入れたが、付録2(旧版、第2部)の15曲の出所が明らかにされた。クヴァンツの曲ではなく、すべてJ. D. Braun(ドイツ出身のフルート吹き)によるもの。これで、作曲者名を明示して演奏したり録音したりできる。ありがたいことだ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 楽譜
ソプラノやってましたのでアルトの運指克服のため使ってます。
どの教本がいいか独学ではよく分かりませんでしたがレッスンの講師が芸大卒業された方で
その方のお勧めで購入しました。リコーダーされてる方の多くは使われてるとのことです。
実際使ってみて自分の弱点、見逃していた練習方法などいろいろあり今ではほぼ毎日使っております。
教本の構成は1部(オクターブ穴を完全に閉じるまたは完全に開ける音)
         2部(オクターブ穴を少し開けて出す音)       
      付録として1.テクニックの練習(指・舌の動きをよくする練習曲)
            2.18世紀の作曲家による15の独奏曲
になっています。随所に練習の仕方のコメントが入ってますので独習者の方には有難いです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 楽譜 Amazonで購入
基本から入っているのでほとんどリコーダーをさわった事がなくても、こつこつと読み進めることで少しずつ上達していくことができます。
 ピアノならバイエルと、その上のチェルニー迄も1冊になっているような感じです。最後の方はいまだ全くたちうちできていません。
無念。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック