通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ギリシア人の物語I 民主政のはじまり がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 桜咲く書店
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに多少キズあり。書き込み無し。万が一書き込み等の検品見落としの場合アマゾンガイドラインに沿った返品も可能ですのでご連絡お願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ギリシア人の物語I 民主政のはじまり 単行本 – 2015/12/18

5つ星のうち 4.7 24件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 1,472

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ギリシア人の物語I 民主政のはじまり
  • +
  • ギリシア人の物語II 民主政の成熟と崩壊
総額: ¥6,264
ポイントの合計: 248pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

あのローマ人の偉大なる先人たちを描く、鮮烈な新シリーズの幕開け!
古代ギリシアの民主政はいかにして生れ、いかに有効活用され、機能したのか。その背後には少ない兵力で強大なペルシア帝国と戦わねばならない、苛酷きわまる戦争があった――。不朽の名作『ローマ人の物語』の塩野七生が、それ以前の世界を描く驚異の新・三部作第一弾!

本文より
この作品の中では、民主主義はどうあるべきとか、民主政下のリーダーはどう行動すべきか、また有権者の側はそれにどう関与すべきか、についてはいっさい言及されない。その代わり、なぜ彼らは、それまでは誰一人考えつかなかった民主政を創り出す気になったのか。また、いつ誰が、どのようにしてそれを機能させ、また国家存亡の危機に際して有権者はどう関与し、なぜそれが可能であったのか。そしてその後はどのような結果につながっていったのか、という事柄のすべてをたどることになるだろうーー

「塩野氏の想像力が冴えわたる連作のスタートである」山内昌之氏(明治大学特任教授)、「週刊現代」より
「古代ギリシャとはまさに現代世界であり、ギリシャ人の苦悩は我々自身のものでもあるのだ」渡辺靖氏(慶應義塾大学教授)、「波」より

内容(「BOOK」データベースより)

『ローマ人の物語』以前の世界。ギリシアに誕生した民主政の実像とは何か。なぜ機能したのか。少数兵力で巨大ペルシア帝国を破った民主主義の力とは。新シリーズ全3巻、鮮烈な第一作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 360ページ
  • 出版社: 新潮社 (2015/12/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410309639X
  • ISBN-13: 978-4103096399
  • 発売日: 2015/12/18
  • 商品パッケージの寸法: 20.7 x 15.9 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,574位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
例の塩野さんの語り口でのギリシャ人考、一気に読めました。第2巻の発売が待ち遠しいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ローマ人の物語の読者であったならば、ローマの母胎となったギリシャの歴史もきっと興味持って読み進められると思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
古代ギリシア史を取り上げたということだが、内容的には古代アテナイの記述が中心で、それと比較する形でスパルタが取り上げられている。テーバイ、アルゴス、アイギーナ、メッセニアといった他の諸都市はほぼ触れられず。まあ、残っている文献的にアテナイ偏重になるのは仕方がない。
ソロンの改革から、ペルシア戦争の終結とテミストクレスの死まで。
『ローマ人の物語』一巻でギリシア史に触れられているが、その内容を膨らませたようなものである。
藤村シシンの『古代ギリシャのリアル』などを読んだ身からすると、サラミスの海戦前にデルフォイの神託を問うたり、英雄アイアコスの霊を召喚して加護を願ったり、といった逸話がごっそりと削られているのは面白味に欠ける。
次巻はペリクレス時代の叙述になると思われる。全3巻とのことだから、ペロポネソス戦争の終結あたりまでを叙述するのだろうか。実際はその後もグダグダが続くし、マケドニアの覇権下に入ってからもアテナイの歴史は続いていくのだが…その辺はポリュビオスでも参照、ということになるのか。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
35年来のファンですが、また楽しみなシリーズが到来です。3年後まで楽しめます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
1)塩野先生の歴史物語は「ローマ人の物語」で定評があり、この度、「ギリシャ人の物語」が出て、大変楽しみにしております。
とくに、小生、ギリシャ語を少々たしなんでおりますので、ギリシャの文化・歴史に興味をもっております。
2)さて、第1巻は「民主政のはじまり」で、どのような経緯で、民主政が形成されてきたか、が勉強になります。
現在の政治社会では、自党は民主主義であって、他党は民主政を無視しいる、との主張はするが、本当?と
首をかしげたくなる。塩野先生の著作をよみ、じっくり考えたいと思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 じゃぐぁ トップ1000レビュアー 投稿日 2016/7/17
形式: 単行本
ギリシアの対ペルシア戦役を中心に、アテネでどのように民主主義が形作られていったのかを緻密に描き出します。
アテネの民主主義が一度に作られてきたのではなく、何人もの人物が改正を繰り返し、徐々に民主制が築かれていったことが納得できます。
そして、その民主主義が多彩な指導者を生み、船の漕ぎ手までもが国を守る責務を負っていったのです。
ある意味で非常に幸運であり、このようなアテネが無ければ、ギリシアは早々にペルシアの支配下になり、世界史も変わっていたのでしょう。
一方、対比されるスパルタでは、一人の指導者が作った体制が一切変える事無く引き継がれ、重要な人材を自ら失っていきます。
ローマ人の物語でワクワクした戦闘の解説はやや控えめなのが残念ですが、教科書で最初のころに出てくるギリシアを非常に身近に感じることのできる一冊です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
『ローマ人の物語』刊行からに20余年を経て、時代をさらに逆上りギリシアアテネの民主政誕生が描かれる。第2章でアテネとスパルタとの成り立ちを、第3章で試練のペルシア戦役を、最後の第4章で戦後のアテネの飛躍と英雄達の末路が書かれている。いずれの章もアテネとスパルタ、アテネ人とスパルタ人が対比されていて読む者を飽きさせない。

本書に書かれる民主政は脳天気なそれではない。「アテネを苦しめてきた内部抗争」に終止符を打つためにアテネ市民全員に戸籍を与えることで実力主義を進めたのだ。「アテネの民主政は、高邁なイデオロギーから生まれたのではない。必要性から生まれた、冷徹な選択の結果である。このように考える人が率いていた時代のアテネで、民主主義は力を持ち、機能したのだった」。だがなぜアテネだけに「人類史上初めて、一般市民までが積極的に国政に参加できる政体」が誕生したのか。クレイステネスの改革により健全な「中産階級の確立に成功した」ことが指摘されている。そして市民皆兵のアテネでは戸籍は重装歩兵の拡充となり、ペルシア戦役においてアテネが重要な役割を果たしたことで、その後の発展の礎となったのである。

そしてペルシア戦役では、マラトンのミリティアデス、サラミスのテミストクレス、プラタイアのパウサニアスが独創的な英雄として描かれている。ところがいただけないことにこの
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー