中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 尾道書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 経年並ですが特別大きなダメージはございません(中古品ですので経年並の使用感、変色、ヨゴレ、キズ等はご容赦ください)。店頭にて併売しておりますので売却済の際はご容赦下さい(その場合キャンセル処理いたしますので代金の決済は行われません)。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ギャンブルフィーヴァー―依存症と合法化論争 (中公新書) 新書 – 1996/10

5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ギャンブルは人類史上、実にさまざまな役割を果たしてきた。日本では現在、公営のもの以外禁じられているが、解禁論・解禁反対論とも活発である。本書は、ギャンブル中毒とは何で、なぜそうなるのかを分析し、その治療がどう行なわれているかをまず報告する。さらに、現在の日本のギャンブルの問題点を指摘したうえでカジノ解禁への是非の論拠を検討し、世界規模でのギャンブルの趨勢を予測して、その社会的位置づけを検討する。


登録情報

  • 新書: 196ページ
  • 出版社: 中央公論社 (1996/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121013255
  • ISBN-13: 978-4121013255
  • 発売日: 1996/10
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 352,485位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
著者は学術的にギャンブルを研究しておられる
日本では数少ない(と思う)研究者です。
社会学でおなじみの「逸脱行動」という用語も使って
ギャンブルを理論的に論じておられます。
ギャンブル依存症に対する偏見や社会に対する悪影響に対する
偏見を払拭するためにデータを駆使した説明をしておられます。
また、他の公営ギャンブルとの関係や
アメリカでのギャンブル解禁の歴史や傾向も説明していて
この分野の入門書としては最適です。
公営ギャンブルの収益は明朗でも
その後にどう使われるかは明解ではないし、
人生はもともとギャンブルにあふれているのだし、
ギャンブルを禁止するのは不合理だという
ギャンブル解禁論が展開されています。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 すみ 投稿日 2012/3/27
形式: 新書 Amazonで購入
FXや株等 投資の考え方を学びたくて購入しました
即戦力になるものではありませんが 基本的な考え方 常識としてぜひ読みたい本だと思います
パチンコや競馬をする人は 読んだ方がいいと思います。
単なる読み物としても面白かったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者の谷岡一郎氏は、現在大阪商業大学の学長をしている
社会学者である。社会調査や社会統計学の専門家で、アメ
リカ総合社会調査GSSの日本版JGSSの尽力者としても有名で
ある。
複数のギャンブル関連の本を執筆しているが、そのなかで
も本書は、ギャンブルの規制とコントロール、ストレスと
娯楽、中毒とギャンブラーの類型などが扱われている。
新書ということもあり、それほどつっこんだ議論もなく、
淡々と著者の意見や、他の研究者の意見が紹介されていく。
ただ、著者は社会学者なのだが、その立場にとらわれる
ことなく本書は書かれている。そのため、構築主義的な
側面はあるものの社会学の本ではない。もっと自由な立場
から、自由に書いている。

私自身は日本にカジノをつくることに賛成の立場なので、
控除率の高いギャンブルしかない日本のギャンブル環境を
変えなくてはならないという著者の意見には賛同する。
気軽に読める新書。
ギャンブルをする人が読むなら、後に出版された同著者の
『ツキの法則』(PHP新書)のほうが面白いと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本読んだ後はすべてのギャンブルとおさらばできました
[負けるのは自分のせい。自分のやり方次第で勝ちパターンさえ確立できればギャンブルで飯を食える]
長年こう考えていた自分が情けないです

【大数の法則】
これを前にトータル利益で勝つことは不可能と知りスパッとあきらめつきました

とくに控除率75%の競馬競輪競艇だと100回やって利益だすのは1%、10000回だと0%というデータには説得力ありました

谷岡先生の本に出会えて感謝します
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
カジノゲームを取り巻く社会学的考察を行っている。
テーマ自体が稀有であることを考慮すると一定の評価は出来る。
しかしながら、巻末にある競馬チャレンジの設定には欠陥があり
ごく初歩の確率統計を理解している者であれば、無視できない
確率でチャレンジに成功可能である手法を提案することが出来る。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告