Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 56の割引 (9%)

(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[肥谷圭介]のギャングース(1) (モーニングコミックス)
Kindle App Ad

ギャングース(1) (モーニングコミックス) Kindle版

5つ星のうち 3.9 18件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] ギャングース(モーニングコミックス)の16の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 1

紙の本の長さ: 208ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

オレオレ詐欺団の金庫を狙え! 職なし、学なし、犯罪歴あり。社会に見離された最底辺少年トリオが、生きるために選んだ仕事は“ヤバイ橋”。裏稼業・悪徳業種の収益金(アガリ)を狙う闇の窃盗団を結成した! 犯罪結社(カンパニー)の金庫を叩き、建築資材窃盗団の倉庫を荒らす。義賊? ただの犯罪者? 彼らは毒を持つ者を喰らう小動物。【※この漫画は実話を基にしたフィクションです。ただし犯罪の手口はすべて実在しますので、ぜひ防犯に役立てて下さい。※】

著者について

肥谷 圭介
モーニング第29回 MANGA OPEN山田芳裕受賞。本作は初の連載作品
鈴木 大介
犯罪の加害者取材を軸に「犯罪現場の貧困問題」をルポし続ける取材記者。著書に『家のない少年たち』(太田出版刊)、『家のない少女たち』『援デリの少女たち』(宝島社刊)、『出会い系のシングルマザーたち』(朝日新聞出版刊)など。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 56628 KB
  • 紙の本の長さ: 208 ページ
  • 出版社: 講談社 (2013/8/23)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00FREOBF4
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ☆野巫☆ VINE メンバー 投稿日 2017/5/11
形式: Kindle版 Amazonで購入
期間限定無料漫画(kindle版)期間限定セールでkindle版が無料だったので購入しました。

第1巻が多いものの複数の漫画を購入できたので、夜勤中や旅行中に読んでみて、気に入った漫画の続編を購入していこうと考えています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2017/4/28
形式: Kindle版 Amazonで購入
読んでるだけで犯罪が普通に思えてくるんだから、そういった世界で暮らしていると「ダメ」と言われても「じゃあどうしろと?」となるだろう。こういう書物によってしか知り得なかった世界です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
 まず絵がへたくそ。キャラをデフォルメしすぎだし言動やストーリーも非現実的、というか稚拙で寒い。
 もしかしたらネタは悪くないどころかいいのかもしれないけれど、作者の画力や表現力が台無しにしている感じがします。
 画力のある人がリアル路線で書いたなら面白かったのかもしれません。
 どこかの記事に引用されていて、今回無料だったので読んでみたけれど、お金を出して続きを読む気にはなれませんでした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
いじめなどを特集していたNHKのEテレにて、
マンガを題材にした回でこの作品を知り、
読んでみることにした。

既出作品のようにサクサクとは読めないものの、
独特の作風・作画と時々注釈してくれる専門用語のメモなどで、徐々に世界に引き込まれる。
裏稼業をただ悲惨・凄惨に表現しているのではなく、
そこに様々な救いがあり、笑いがあり、
彼らなりの必死な様子が浮き彫りになっているところがおもしろい。

世にはびこる多機能犯罪のための、
防犯ブックとしても読めるかもしれない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
半グレの集まった非合法な「カンパニー」と呼ばれる犯罪集団だけを狙って窃盗を繰り返すカズキたちギャングースの話。
鈴木大介先生の緻密な調査や実際にこうした世界に生きる人々への取材経験の成果のおかげで、犯行の手口が気味の悪いほどリアルで緻密に描かれている。
実話を元にしたフィクションとあるが実際こうした若年貧困層の集団犯罪というのは実際に我々の暮らす現代日本のどこかでより凶悪に周到におこなわれているのだろう。

本作の一番気に入った部分は主人公3人組のときに能天気といえるくらいの明るさ、元気さ。
過去に親からの虐待、少年院でのいじめと過酷な経験を送ってきたために過去を嘆き、下を向いて暮らすのではなく、今を生きるためによく考えて作戦を練り、大胆に行動してターゲットから金や物を奪うというポジティブでタフな精神力。
キャラにも画にもクセがあるが、読み進めていくうちにこのキャラ、この画が重要な魅力になってくる。

アジアの経済大国と謳われた日本は経済的に衰退の一途をたどっている。貧困層はますます増えて社会の底辺を生きる人々にとっては辛い時代になっていく。しかし今後日本で生きていくうえで未来を悲観し絶望するばかりでは八方塞りだ。
ギャングースのように強くしたたかに生きる精神力こそ重要。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
『最貧困女子』の著者・鈴木大介さんの原作だったので読みました。

絵も好きですが、鈴木さんの豊富な取材によるリアリティがすごいです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 愚駄猫 トップ500レビュアー 投稿日 2013/8/25
形式: コミック
 振り込め詐欺、建築資材窃盗団、脱法ハーブ売人、そんな奴らの金を奪い取るぼ・ぼ・ぼくらは
少年窃盗団(一応18才らしいコイツら)の活躍を描くクライムコメディ。といっても義賊なんかでは
なく彼らが犯罪者狙いなのはもちろん「被害届けが出されないから」。というわけでカタギはほと
んど出てきません。欄外に隠語、防犯設備、使用する車の車種など犯罪関係のミニ知識が色々
書き込んであるのが勉強に…なります。これが役に立つ日が来たらすごいイヤ。
 原作者が「家のない少年たち」の人で犯罪加害者だって生い立ちが不幸なだけで血の通った人間
なんだよーと言いたいようですが、そんなもん被害者からすれば知ったこっちゃないわけでこの作品
も生理的にダメかな?と思いましたが、そんな社会思想的な話はほとんどなく「これ以下はないん
だから何だってやれる」という底辺トリオのバイタリティあふれる痛快な“叩き(強盗)”を楽しめます。
一応実際の犯罪例をベースにしてるとはいえ、かなりコメディタッチなのでこんな上手くいくのかよ
という疑念は拭えませんが(笑)。主人公のデブメガネがやたら打たれ強く、工具の扱いにも長け、
ヤバい場面にも平然と突っ込む強心臓とスペック高すぎ。他2名もかなりの強者。イケメン君は頭も
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover