中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ギャラリーフェイク (5) (ビッグコミックス) コミック – 1995/3

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

“ギャラリーフェイク(贋作画廊)”オーナー・藤田が、その天才的審美眼と修復技術を武器に、美術界の裏に潜む虚飾に切り込む。


登録情報

  • コミック: 214ページ
  • 出版社: 小学館 (1995/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091830250
  • ISBN-13: 978-4091830258
  • 発売日: 1995/03
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
 表向きは宝石商。裏では宝石専門の泥棒「翡翠(フェイ・ツィ)」が藤田の顧客リストを狙う「翡翠の店 前・中・後編」。
 日本を訪れたレンブラント専門の調査委員会、RRPから派遣された男と藤田が対決する「レンブラント委員会の挑戦」。
 パックツアーでロンドンに来ていた一団に紛れて、某公爵のハウスセールに参加した藤田は、ある掘り出し物に目を付ける「イングランドの根付」。
 人間国宝・加藤甚九郎の願うラスター彩陶の再現を求めてQ首長国に飛んだ藤田は、原理主義派の青年団に拉致されてしまう「ペルシャの秘宝 前・後編」
 能楽師・福来は、道成寺を演じるために藤田から竜右衛門の月の小面を購入する。しかしその面には、あるいわくがあった「道成寺の怪」。
 犯罪集団に拉致され、火山の噴火で廃墟を化した街につれてこられた藤田。彼らは藤田に火事場泥棒の片棒を担がせようとする「わが谷は灰色なりき」。
…の10編が収められています。
 毎回、これだけ完成度の高い物語を創作できる作者の細野不二彦さんの力量には、ただただ驚嘆するばかりです。実写化の予定はないのでしょうか?
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sueko 投稿日 2009/11/5
形式: コミック
 表題にもあるペルシャの秘宝でラスター彩陶の釜を再現し、人間国宝が政情不安定な国に自分の陶器を焼くために飛び立つというエピソードがあるのですが、フィクションノンフィクション織り交ぜて読ませてくれるなあといたく関心。
風土や文化やその地域の人々のベースになるものすべてが密接に関連して芸術品が生まれ、それはどの国の人とかそういうことを関係なしに人々の心を動かすということだけが変わらない。展開が速いのも作品の人気の理由のひとつなんだろうと思ったり。。。表題のエピソードではサラの国(イスラム圏)の文化も少し紹介されています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 さゆり VINE メンバー 投稿日 2008/12/30
形式: コミック
さりげなくサラがギャラリーをやめて
母国に帰ってしまう。
そこでいろいろトラブルに巻き込まれた藤田は
一芝居打つためとはいえ、サラとキスを。
そこで涙を流してるサラが印象的でした。
結局、日本に戻るハメになったサラですが。

あとは、「ねつけ」の話に出てくるガイドの大沢ちえりが気に入りました。

「学芸員物語」は奥深くてよかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/2/2
形式: コミック
久しぶりに、立て続けに読んでいます。
しばらくハマッてしまいそうです。
とにかく展開が早く、読み応えあります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック