Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540
(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[細野不二彦]のギャラリーフェイク(13) (ビッグコミックス)
Kindle App Ad

ギャラリーフェイク(13) (ビッグコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] ギャラリーフェイク(ビッグコミックス)の33の第13巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1

紙の本の長さ: 198ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

ゲームデザイナーのリッキー吉村は、新作の構想を得るためカンボジアへと向かう途中、機内でフジタと知りあう。フジタはプノンペンで美術商のタンから幻の秘宝”東洋のモナリザ”がポル・ポト派支配下のパンチェイ村にあると聞くが、タンは踏み込んできた警察に射殺され、フジタはポル・ポト派に加担した容疑で投獄されてしまう。一方、リッキーはアンコールワットを取材したものの、スランプ脱出の鍵をつかめずにいた。アイデアにつまったリッキーは道中耳にした「幻の密林寺院」の噂を信じ込み、ポル・ポト派の支配地域に乗り込むことを決意。彼はふと手にした新聞でフジタが拘束されていることを知り、裏の世界に通じているフジタに案内を頼むことを思い付く。リッキーの立て替えた保釈金によってフジタは無事釈放されるが、ポル・ポト派に顔が利くタンは殺されており、パンチェイ村に行く手立てがない。二人が途方に暮れていると、話を立ち聞きしていたストリートチルドレンのコンポンがガイド役を申し出た。それぞれの思惑を胸に、パンチェイ村への旅が始まる…

出版社からのコメント

“ギャラリーフェイク(贋作画廊)”オーナー・藤田が、その天才的審美眼と修復技術を武器に、美術界の裏に潜む虚飾に切り込む。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 60462 KB
  • 紙の本の長さ: 198 ページ
  • 出版社: 小学館 (1998/6/30)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00AQ9H026
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 charmlessman VINE メンバー 投稿日 2005/3/3
形式: コミック
左官職人のストーリーに感激。
だんだん失われつつある日本の技、
しょうがないとは思いつつ寂しさを感じずにいられない。
藤田のメット時代や、藤田の修復の師匠の物語など
藤田玲司という男を知る上で重要なエピソードが。
他にもゴッホ、恐竜の化石発掘、アンティークオルゴールなどバラエティに富んでいる。
一話目のゲームデザイナーのモデルはあのイイノか…?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 表題作のカンボジアクエストでは、危険なところにわざわざ出向いたけれども、目的の美術品にはであえずに〜というオチだったのだが、登場するゲームデザイナーはIさんですね(当時メディアに出まくっていましたので)w。ただ本人はもっと気さくなよい方ですが。。。宝石泥棒のフェイツイの過去が明らかになるエピソードなども入ってます。最後にサラを助けるために年代モノのオルゴールを投げ捨てる藤田ですが「もったいない」という台詞が良かったです。→他の巻でも登場します。どんなに優れた美術品でも目の前で危険な目にあっている人のためならば犠牲に。。。
藤谷は価値がわかる為に「もったいない」という台詞の重みがあるなあ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 さゆり VINE メンバー 投稿日 2009/1/3
形式: コミック
恐竜を題材にした話については
たまたま、ティラノサウルスのスカベンジャー説の
特集の番組を見たことがあったんで、わかりやすかった。

ところで、この巻には、アニメ版では最終回となった
「メトロポリタンの一夜」が収録されてる。

原作の順番では、結構前の方にあったんだねぇ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover