ギター弾きの恋 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,980
通常配送無料 詳細
発売元: ビューティーケア ECプラザ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ギター弾きの恋 [DVD]

5つ星のうち 4.4 31件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 4,980 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 96 (2%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、オンラインレコード兵庫店 年中無休24時間営業中が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 4,980より 中古品の出品:16¥ 202より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオギター弾きの恋 (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【メディアファクトリーストア】 「妖怪ウォッチ」や「STEINS;GATE」ほか、新着タイトルや人気ランキング、メディアファクトリーのアニメやTVドラマなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ギター弾きの恋 [DVD]
  • +
  • ミッドナイト・イン・パリ [DVD]
総額: ¥5,969
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: ショーン・ペン, サマンサ・モートン, ユマ・サーマン, ウディ・アレン
  • 監督: ウディ・アレン
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: タキ・コーポレーション
  • 発売日 2001/10/26
  • 時間: 95 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 31件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005Q82H
  • JAN: 4982509310988
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 43,464位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   天才ギタリストだが、プライベートは破滅的というエメット。彼は、素朴な女性ハッテイと同棲するが、突然、上流階級の女ブランチと結婚。しかし、本当の愛はそこにはなかった…。

   秀逸なのは主人公演じるショーン・ペン。どうしようもない自堕落な男が、憎みきれないろくでなしというチャーミングなキャラになったのは、ペンの演技あってこそ。そんなダメ男に献身的につくす、口の不自由なハッティ演じるサマンサ・モートンもかわいい。言葉はなくても愛情たっぷりという、その表情の豊かさには驚くばかりだ。都会のシニカルなコメディが多いウディ・アレン監督が放ったラブストーリーは、ジャズの調べも心地よい、心にじんわり染みわたる傑作。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

“ジャズ黄金時代”を背景に、破滅的なギタリストと口のきけない少女との悲恋を描いた、ショーン・ペン主演で贈るドラマ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/4/4
形式: DVD
素晴らしい映画です。
主人公のギター弾きを演じるショーン・ペンが見事です。
ウッディ・アレンは出演しないのかと思いきや、冒頭から登場します。
ジャズ好きの方には、たまらないのではないでしょうか。
ドキュメンタリータッチではありますが・・・これ以上は言わない方が良いと思います。
ウディ・アレン監督の演出を堪能してください(騙されてください)。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/11/10
形式: DVD
映画は1999年12月3日リリース。ショーン・ペンが天才ギタリストを主演。ペン演じるエメット・レイ(実際はこの人物は実在しないが、なんとなく僕はタル・ファーロウを思い浮かべてしまった)の生き様を古めかしい映画の何ともいい雰囲気を出しながら描いている。

彼が神とあがめるギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの絶頂期は1949年頃だ。実際は手が火傷で不自由だったにもかかわらず驚くようなプレイを残している。ステファン・グラッペリとの1949年ローマ録音の『マイナー・スイング』などは、ジョニー・デップが、ドブロ・ギターを『ショコラ』の中で披露してくれているのでご存じの方もいるだろう。この映画でも彼のフレーズを模したジプシーっぽいギターがたくさん出てきて、ギター・フリークにはドキッとするほど魅力的だ。

ぼくには口をきけない少女を演じたサマンサ・モートンの演技が心に残った。彼女は2003年公開の『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』でアカデミー主演女優賞にノミネートされている。エメット・レイが彼女の大切さに気がついた時、やっとそれが『恋』だったのが分かる。自信家の男には結局『恋』の何たるかも見えない。ウディ・アレンはそう言いたいのかもしれない。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ともぱぱ 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/6/6
形式: DVD
本作はフェリーニ監督の「道」の本歌取りであることは間違いない。破滅的で自己の感情を表に出すのが苦手だが、腕前は世界で2番目(1番はジャンゴ・ラインハルト)の天才ギタリストである主人公エメット(ショーン・ペン)が薄幸の女性ハッティ(サマンサ・モートン)を拾い、捨て、最後にハッティを求めた時には手遅れであったという哀感あふれる物語。しかし、ストーリーの骨格は「道」を思わせてもウディ流の味付けがしっかりしてある。まず、ジャズ。ジャンゴや現代のミュージシャン演奏の30年代ジャズがふんだんに使われる。ミュージシャンを主人公にしているので、ステージやジャム・セッション等演奏場面が豊富だ。演奏は一流だが音楽第一の主人公の生き方といい、ロバート・デ・ニーロのニューヨーク・ニューヨークを連想させる部分がある。この30年代ジャズの多用が映画に心地よいリズムをもたらす。さらに、ハッティも自身の幸せを見つける等、ウディらしい優しさが救いになる。エメットが三日月に乗ってステージに現れる際のドタバタ等、コメディの要素もあるが、若干不発気味。それよりも撮影と俳優の演技の素晴らしさに注目すべきだ。長回し場面のカメラの移動は流麗。ハッティがエメットのギターに初めて聞き惚れる瞬間の表情の変化、ラスト近くのエメットとハッティの語らいと別れ、そしてハッティと一緒になれない現実に直面して初めて感情を爆発させ泣き崩れるエメッ...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 かむ 投稿日 2011/9/28
形式: DVD
ウッディ・アレン版の「フェリーニの道」と言ってもいいでしょう。
基本ストーリーはほぼ同じですしね。
自分なりの道をアレンなりに作ったのでしょう。

天才ギタリストの傍迷惑なキャラは面白いし、よくも悪くも魅力的であったので
その主人公の尊敬するというジャズ・ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトのCDセットまで
買ってしまいました。
ヒロインの俳優さんも可愛らしくていいです。

「道」ほどの傑作とまでは言えませんが楽しめる佳作です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ウッディアレンがいつものようにダメ人間の中年男を撮っててさ、そいつはいい年して身勝手でガキで馬鹿なの。
でもギターの腕前だけは凄くてさ、そこにすべてをぶつけてるわけよ。だから他のものなんかいらないと思ってるんだ。

でもやっぱりそれはでっかい勘違いで、必要なものは必ずしもひとつじゃないんだよね。本人もそれはうっすらずっとわかってるの。
でも身勝手でガキで馬鹿だから、そういうことには目をそらしてるんだ。
いつかは苦笑いや、『Take it easy』なんかじゃ済ませないような、大きな出来事が起こっちゃうのに。悲しいやらくやしいやら情けないやら、思ってる暇もないくらい、大きな出来事が起こっちゃうのに。
ほら、よくいうじゃん、『大切なものは、すぐそばにあるんだよ』っていうやつ。書いてみるとすっげえ陳腐な言葉だね。
まあでもまったくその通りでさ、それが掌からなくなっちゃうまで気付かないのも、やっぱりまったくその通りなんだよね。あたりまえのことなんだよ。言葉で考えるのは簡単だね。

なんだろ、完璧にダメなんだよ、この映画。『ダメなんだろうなあ』とうっすら悲しく、笑いながら観て、『ああ、ダメだなあ』と思うんだ。やっぱりわかっててもダメ(おれはこういうのを哀愁っていうんだと思う)なのは悲しくなるんだ。

そういう映画だったよ。いい映画だった。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー