Kindle Unlimited読み放題の対象です
ポイント: 34pt  (4%)  詳細はこちら
無料配送: 10月30日 土曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日10月 29日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
在庫あり。 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 返品が可能な商品です
お届け時の状態で商品を返品いただくと、返金を受けられます
ギター・マガジン2021年10月号 (特集:川谷絵... がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
お届け日 (配送料: ¥256 ): 11月1日 - 2日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: ★除菌、クリーニング済です★全体的にコンディション良好です★ 中古になりますので、 多少の色やけ、スレ・イタミがある場合、付録等、特典は付属しない場合があります。写真と表紙カバーが異なる場合があります。★ご覧頂ありがとうございます。 売り上げの1部を地球の自然保護に寄付しております。 古本のリユースを通じて、大切な地球の財産である、アマゾンの熱帯雨林の保護や沖縄のサンゴ礁を増やす活動を行っているNPO法人に定期的に寄付を行っております。ご協力いただき、ありがとうございます。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

ギター・マガジン2021年10月号 (特集:川谷絵音 ジェニーハイ) 雑誌 – 2021/9/13

5つ星のうち4.2 30個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥880

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • ギター・マガジン2021年10月号 (特集:川谷絵音 ジェニーハイ)
  • +
  • ギター・マガジン2021年11月号 (特集:Char 初期三部作と最新アルバム)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
一緒に購入する商品を選択してください。

出版社より

【特集】川谷絵音 ジェニーハイ

ギター・マガジン2021年10月号 (特集:川谷絵音 ジェニーハイ)

ゲスの極み乙女。やindigo la Endを始め、数々の個性的なバンドを率いる鬼才・川谷絵音。その中でも中嶋イッキュウ(tricot)をボーカルに、吉本新喜劇座長の小籔千豊がドラムを務め、人気お笑い芸人のくっきー!がベースを刻み、現代音楽作曲家の新垣隆がピアノを奏でるジェニーハイはひときわ異彩を放つ存在だ。このたび、そんな彼らが2ndフル・アルバムの『ジェニースター』をリリース。本特集では制作についてのインタビューや愛用機材紹介、フレーズ分析などを通して、川谷絵音という巨大な才能の一端に迫っていきたい。

■愛用ギター・ギャラリー

ギター・マガジン2021年10月号 (特集:川谷絵音 ジェニーハイ)

■センチメンタル・シティ・ロマンス三部作物語

ギター・マガジン2021年10月号 (特集:川谷絵音 ジェニーハイ)

70年代の日本語ロックを代表するバンドのひとつ、センチメンタル・シティ・ロマンス。結成は名古屋、1973年。ウェストコースト・ロックやソウル、フォーク、ジャム・バンド、果てはサンバやレゲエなど、幅広い要素を内包した彼らの音楽には、常に心地よいギターが鳴り響いていた。今回は去る7月に逝去した中野督夫(vo,g)を追悼し、センチの1stから3rdアルバムを“三部作”として、そのサウンドの秘密に迫ろう。

■『All Things Must Pass』とジョージ・ハリスンの魂の開花

ギター・マガジン2021年10月号 (特集:川谷絵音 ジェニーハイ)

1970年、ロック史上における金字塔が誕生した。“静かなビートル”と呼ばれたジョージ・ハリスンが、バンド解散後にほかの誰よりも早くヒットさせた大胆不敵なソロ作、『All Things Must Pass』である。そうそうたる面子の仲間たちを巻き込み、これまでになく自由な発想で紡いだ本作は、LP3枚組という当時としても異例の超大作となった。そこで聴ける、奥深くのびやかなメロディで鳴らされたスライド・ギターは、多くの聴衆の耳を虜にしていったのは言うまでもない。同時に、ジョージ自身のくすぶった魂も解放され、ギタリストとしての才能を大きく開花させていくことになったのだ。発表から半世紀の時を経て、本作の50周年記念盤が今年日本でリリースされた。そこで改めて、この作品の魅力を思い返してみようではないか。“ギタリスト=ジョージ・ハリスン”を飛躍に導いた本作を今一度考察するべく、多方面からその魅力を紐解いていく。

■ナッグス・ギターズ トップ・ビルダーが練り上げる美しきハイエンド・ギター

ギター・マガジン2021年10月号 (特集:川谷絵音 ジェニーハイ)

2009年、元PRSプライベート・ストック責任者という経歴も持つジョー・ナッグスが立ち上げたナッグス・ギターズ。ここで作られているモデルたちを、ひと言で総称すれば“超実用型の高級ギター”だろうか。厳選された木材と美しい塗装、艶やかなボディ・カーブといった高級品としての佇まいを持ちつつ、ネック形状からジョイント部の加工、独自に開発したブリッジまであらゆる方面で実用性を追求している。ギターとは概して、“音を出す道具”であると同時に“工芸品”としての側面も持っているが、その両方をきわめて高いレベルで実現しているブランドと言えるだろう。そんなナッグスの真価を本記事でじっくり探っていく。

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B09CR7TF68
  • 出版社 ‏ : ‎ リットーミュージック (2021/9/13)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2021/9/13
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 30個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
30 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2021年9月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2021年9月23日に日本でレビュー済み