通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ギター・マガジン 最後まで読み通せる音楽理論の本(... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★ご注文24時間受付中・迅速発送いたします( ^^) _旦~~★商品には、カバーに若干の傷や折れがある場合がありますが全体に比較的きれいで、本文ページにも書き込みや痛みがほぼなく、気持ちよく通読できる商品を全商品他店より安価で出品しております。商品コンディションや梱包、その他ご不明な点がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。折り返しご案内申し上げます。※尚、品質には十分に注意しておりますが万が一、説明外の不良があった場合は迅速に返金にて対応致しますので、ご評価前にご連絡いただけますようお願い申し上げます。創業36年の実績と親切・丁寧・安心の翔竹林書房を今後ともよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ギター・マガジン 最後まで読み通せる音楽理論の本(CD付き) (Guitar Magazine) 単行本 – 2008/11/25

5つ星のうち 4.3 57件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ギター・マガジン 最後まで読み通せる音楽理論の本(CD付き) (Guitar Magazine)
  • +
  • ギター・コードを覚える方法とほんの少しの理論 600個のコードを導く7のルール
  • +
  • コード進行を覚える方法と耳コピ&作曲のコツ 目指せ! 譜面がなくても曲が弾ける人!
総額: ¥4,752
ポイントの合計: 143pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

音楽理論は難しい? いいえ、実は楽しいんです!

知っていればとっても便利な音楽理論ですが、独学で習得するのはなかなか骨の折れるもの。特にギタリストは、理論に対して極端なアレルギーを持ってしまうことが多いようです。“五線譜を見ると頭がボーっとする"、“ソロと言えばペンタ一発"、“コードのつながりが見えない"、“理論と聞くと、音楽は感性だろ!と反論したくなる"……そんなギタリスト諸氏のため、基礎の基礎だけを徹底的に解説したのが本書です。なぜ理論を学ぶのか? 五線譜を読むにはどうすればいいのか? コードとは何? そんな素朴な疑問に、経験豊富な著者が軽妙な語り口でお答えしています。読み進むほどに理論の面白さ、楽しさがわかり、5年後10年後でも役立つ理論的思考力がぐんぐん育つことでしょう!

【CONTENTS】
■1章 音楽理論はどうして必要なのか?
■2章 コードって何だろう?
■3章 五線譜アレルギーを克服!
■4章 スケールのイロハ、教えます
■5章 ペンタトニックの秘密
■6章 ダイアトニック・コードって?
■7章 チャーチ・モードでスケール7倍!
■8章 マイナー・キーのコード進行
■9章 ツー・ファイブでアレンジ自在
■10章 実際の譜面を弾いてみよう!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

宮脇/俊郎
1965年兵庫県生まれ。23歳頃からプロ・ギタリストとしてセッション活動を開始。教則本/映像を多数手がける売れっ子講師。練馬区にて自身のギター・スクールを開講中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 239ページ
  • 出版社: リットーミュージック; A5版 (2008/11/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4845616254
  • ISBN-13: 978-4845616251
  • 発売日: 2008/11/25
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 14.8 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 57件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,496位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
このような、音楽理論の本はそもそも読者層が非常に限定されるものと思います。それでも、この本はできるだけ多くの人の読んでほしいと思いました。
思いおこせば音楽理論に興味を持った、と言うか、理論がわからないと、楽器を練習するにしても限界があるなと自覚したのは10代も終わりにちかづいたころでした。それから読んだ音楽理論の本は、20冊ちかいと思います。が、どれも、この本がわかりやすく説明してくれていることを説明してくれてはいませんでした。
この本を読んでようやく、ダイアトニックコードのなりたちと、そのスケールとの関連がわかりました。そのような基礎は、他の本ではわかりませんでした。それは決して私の読み方が悪かったわけではなく、そもそもそのような本を書いた本人が、説明すべきこと、教えるべきことを、分かっていなかった、としか考えられません。その点で、この本は画期的です。
30年来の疑問に答えがみつかりました。それでだけでなく、これからどう音楽を勉強、また練習して行けばよいか、少しはかわかったと思います。
この本を10代に読んでいれば、私の音楽人生は違ってものになっていたでしょう。
この本を書いて下さった著者に感謝します。
すこしでも音楽理論に興味あるすべての人に読まれるべき本です。
コメント 82人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ほとんどがCメジャーキーで解説されているので、ピアノやキーボード等、鍵盤を弾く人にも大変分かりやすいと思います。

録音された実際のレッスン風景をもとに文章を起こしているとのことで、会話調の文章が非情に親しみやすく、分かりやすいです。
レッスンの和やかさと楽しさが伝わってきます。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とてもよいと思います。
・ギターは弾けるけれど、形、耳から入り、ペンタ一発、速弾きはできるけれど手癖、しばらく弾いていないと忘れて弾けないなどの状況で足踏みしていましたが、音名が解らなくても弾けてしまうギターの特性から抜け出し鍵盤のように「確信」を持って弾けるような意識に変わりました。

・ギターを弾ける上級者に尋ねても解説してもらえないことなど「なるほど」がわかります。
メジャースケール〜メジャーペンタ〜マイナースケール〜オルタードなどを「覚えさせて」くれるのではなく「音列の違いから納得」させてもらえます。

今ではチャーチモードのキャラクターノートを自覚して3フレット辺りから15フレット辺りまで「鳴らしたい音」として跳べるようになりました。

アドリブを「ちゃんと」弾きたい方には(頭に浮かんだメロディーを指板で分類してストックする引き出しのしまい方を知りたい方)にはよいと思います。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
大人になってから音楽を始めた自分にとって、音楽理論の本は敷居が高くて、他の本もたくさん読んだけど、スケールの話ぐらいでついて行けなくなっていた。
この本は、そんな落ちこぼれの私にも非常にわかりやすい言葉で書かれている。正直、他の音楽理論の本がこんな風に書いてくれていないのが不思議な気がする程、頭にすっと入ってくれた。
勿論、向き不向きもあるだろうし、本当の基礎的なところしか書かれていないんだけど、少なくとも何回も「目から鱗が落ちる」感覚を味わうことができました。
このレビューは、著者への御礼も込めて書かせていただきました。またギターを教えてください、という気持ちです。
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私は小学校時代に少しピアノを習っていて、楽譜はもともと読めていました。
でも、コードとかスケールは分かっているようないないような……
ギターやっててもタブ譜通りに弾くだけで、コードの構成音?気にしてない!みたいな状態でした。

音楽理論の本を今までもいくつか読んだのですが、理解度はいまいち。
しかしこの本はバッチリ!
「?」と思うことが少なくて、すっと頭に入ってきました。
おそらく
・ギタリストのための本(つまづきやすい部分をよく分かっていて解説している)
・鍵盤との違いやそれぞれ理論の由来を丁寧に述べていること
・話し言葉で書かれていること
などが大きいのではないかと思います。

まったく楽譜が読めないという人はどうか分かりませんが、
少なくとも楽譜でドレミくらい読める、という人には大いにお勧めしたい本です。
著者の宮脇さんの他の本も読んでみたくなりました。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー