通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ギタリストのためのCubase Pro 8/Art... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに少しスレ・少しヨレ、角にヨレあり。それ以外は、カバー・本文ともに良好です。帯なし。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ギタリストのためのCubase Pro 8/Artist 8入門 〜ギターの録音からミックスまで・Cubase Elements 7 / AI 7 / LE 7にも対応 単行本(ソフトカバー) – 2015/4/16

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2015/4/16
"もう一度試してください。"
¥ 2,808
¥ 2,808 ¥ 2,091

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ギタリストのためのCubase Pro 8/Artist 8入門 〜ギターの録音からミックスまで・Cubase Elements 7 / AI 7 / LE 7にも対応
  • +
  • Cubase Pro 8で始めるDTM&曲作り ビギナーが中級者になるまで使える操作ガイド+楽曲制作テクニック(4曲分のプロジェクト・ファイルをフリー・ダウンロード)
  • +
  • Cubase8 Series 徹底操作ガイド (THE BEST REFERENCE BOOKS EXTREME)
総額: ¥9,504
ポイントの合計: 287pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

パソコンで音楽を作るためのDAWソフト(DTMソフト)ではダントツの人気を誇る、Cubase(キューベース)の最新版、バージョン8の実用的なガイドブック。ユーザーの中でも特に多い、ギタリストの方のために特化したガイドとなっている。ギタリストが通常よく使う機能に焦点を絞り、特に詳しく解説した。また、解説の手順もギタリストならではの手順に沿って解説している。VOCALOID4 Editor For Cubaseを使った制作方法も解説。ギタリストがCubaseを使うにあたって必要なことを網羅している。この本は、Cubase Pro 8及びCubase Artist 8ユーザーを対象として書かれているが、Cubase Elements 7や、無料版のCubase AI 7、Cubase LE 7ユーザーの人も活用できるように工夫されている。ギタリストならではの疑問点に答えるQ&Aも充実。ギタリストの方の使い方や疑問点はもちろん、それ以外のユーザーにも十分に参考になるので、ギタリストに限らず活用できるガイドブックだ。

出版社からのコメント

音楽制作ソフト(DAWソフト、DTMソフト)の中でもダントツの人気を維持しているのがCubaseシリーズです。この本は、その最新バージョン8に対応したガイドブックです。 Cubase利用者の中でも、特に多いのがギタリストの方だそうです。そこで、ギタリスト向けに特化した内容のガイドブックを作りました。ギタリストは、他の分野の方とは少し違った手順で制作を進めたり、特定のエフェクトやプラグインを使うことが多いそうで、そうした面を重点的に詳しく解説したガイドが欲しいとのご希望がありました。そこで、このバージョンではユーザー層向けにガイドブックを作ることにしました。その第一弾が本書、ギタリストの方向けのガイドです。 歌声を入れたいこともあるので、ボーカル録音の基本では、マイクのセッティングも説明。スタジオでも活用できます。また、ボカロで歌声を入れたいケースを考えて、最新のVOCALOID4 Editor For Cubaseを使って制作を進める方法についても詳しく解説。歌声データの作り方や、リアルタイム入力したメロディを歌わせる方法など、実用的に解説しています。 決して派手な作りの本ではありませんが、実際にプロミュージシャンとして作品制作に使っている環境で作られた実践的なガイドブックです。「もう二度と同じようには弾けないでもちょっと直したい」「バランスよく聞こえるようにしたい」といった現場で遭遇しそうな状況への対処をわかりやすく解説しています。Q&Aも、「ギターの壁を作りたい」「コードに合わせて勝手にハーモニーを付けて欲しい」「そんなに本格的じゃなくていいから、バンドで録音してみたい」「音が遅れて弾きにくい」といった音楽作りをする上ですぐに出会うような事柄が並んでいます。 ギタリストのために作られた本書ですが、実際には、ギタリストの方でなくても十分に参考となる内容になっています。特に、目新しい機能を追うのではなく、昔からある機能でも十分に活用する姿勢で書かれているので、旧バージョンをご利用の方や、他の用途でご利用の方にも基本からしっかり学べるガイドブックとしてお勧めできます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: スタイルノート; A5版 (2015/4/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4799801341
  • ISBN-13: 978-4799801345
  • 発売日: 2015/4/16
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 29,194位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

レビューの中に「AI7 / LE7主体の解説、Pro8 / Artist8ではグレードが違うのでまったく同じというわけではない」旨の記載があり、愕然としました。」

などと書かれているものがありますが、実際には…

「AI7とLE7というグレード”でも”楽曲製作ができるように解説してみました。Pro 8やArtist 8とはグレードが違うのでさすがにまったく
同じようにというわけにはいきませんが、かなりのことが出来ると思います。」(本文抜粋)
と書かれています。

要は「これは8の解説だけど7でもまぁまぁ対応できるよ。」ということです。
どう読んだら7主体などと解釈できるのか…。

内容の方はDAWの設定から始まり録音方法、音の編集、ミックス、書き出しなど一通りの流れを詳しく説明してくれてるので
非常にわかりやすいです。これから始める方にはピッタリの一冊だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
カセット4トラック以来、25年以上ぶりに宅録に復帰。
cubase8 elementsを購入し、これだけ読んで録音開始。
当時を上回る音の再現ができました。
バンドサウンドならほぼこの本でデモ録音までこなせそうです。
上級者の方には不満なのでしょうが初心者には十分ですね。
用語など新しく覚えることも多く、この本を片手に作業するのが賢明です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 すでに「Cubase Pro8 攻略BOOK」を持っていましたが、やりたいことの流れになっていないので探しにくかったため、タイトルに惹かれて購入しました。しかしページを開いて愕然、全ページ白黒でキャプチャー画面も見づらくて仕方がない。内容以前の問題では?

 こういうソフトの解説書は、多少値段が高くなっても見やすさが大切。今どき画面のキャプチャーは、「カラー」表示が当たり前の時代だと思いますよ。紙質もやや黄色っぽくて安い印象。到着早々、使う気がなくなってしまいました…他紙を見習ってほしいものです。

 #「まえがき」部の記載に違和感があり紛らわしい旨を当初コメントしていましたが、誤解していると指摘がありました。よくよく読み返すと「ああ、そういう意味だったのね」と早とちりを納得、該当の記載は削除しました。
1 コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック