通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
キーポイント偏微分方程式 (理工系数学のキーポイン... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーにスレキズヨレは見られますが、ページ部分は使用感少なく、きれいな状態を保っています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

キーポイント偏微分方程式 (理工系数学のキーポイント 10) 単行本 – 1997/1/24

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 1,350

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • キーポイント偏微分方程式 (理工系数学のキーポイント 10)
  • +
  • キーポイント微分方程式 (理工系数学のキーポイント 5)
  • +
  • キーポイント多変数の微分積分 (理工系数学のキーポイント (7))
総額: ¥8,208
ポイントの合計: 214pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

理工系の大学の2・3年生を対象とした偏微分方程式の参考書。広く理工学の分野において中心的な重要性をもっている偏微分方程式を、ポイントごとに段階をおって理解できるようにしてある。


登録情報

  • 単行本: 197ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1997/1/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4000078704
  • ISBN-13: 978-4000078702
  • 発売日: 1997/1/24
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 242,753位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
このシリーズは、厳密性や一般性にこだわらず、とにもかくにも解けるようになることが意識されていて、具体的には、何のためにという動機付けがはっきりしている、図が使われていて、直感的な理解がしやすい、式変形も割と丁寧に記述されている、といった特徴があります。また、厳密性にはこだわっていないので、ルベーグ積分やフーリエ解析といった知識がなくても読むことが可能です。初心者や、応用を意識した読者、他の本を読んだがよくわからなかった人にいいと思います。唯一の難点として、練習問題がないことが挙げられます。しっかりと身に付けるためには、例題を、ただ読むのではなく、自分の手で書きながら追っていくとよいでしょう。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
位置が運動エネルギーに比例する−−。

そんなときに役立つ式が偏微分方程式。例えば、車両の進行や熱の拡散(温度の伝播)など、
身近にいろいろありますが、本書はそうしたことを前提に、計算方法を微分方程式に因んで紹介しています。
ある関数zが最小2変数で記述されるとして、それらをxとyとすると、z=z(x、y)とかけるので、
比例定数をαとすれば、dz/dy=α(dz/dx)となります。z=f(x)g(y)とおくことによって、
f(x)とg(y)が求まれば、zも求まるしくみです。

また、位置が運動量に比例する場合などは、指数や三角関数として、曲線をなすでしょう。
仮に、エネルギーzを(電気量)[2]に比例するとすると、
この偏微分方程式との連立から、パラメータx、y、zを任意に決めると、
装置などの固有定数が1つ求まります。
そんなときも念頭に、本書にあたってみると、結構役立つ式であることが頷けました。
また、量子力学系で3次元を扱う場合にも必要と考えられるので、おすすめしておきます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック