¥ 3,024
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
キーボード配列QWERTYの謎 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

キーボード配列QWERTYの謎 単行本 – 2008/3/1

5つ星のうち 3.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 1,543

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

コンピュータのキーボードは、どうしてあんな不思議な順番に並んでいるのだろう。左上からQ・W・E・R・T・Yと並んでいるアレだ。
「タイプライターのキーボードがQWERTYだったから、コンピュータのキーボードもそれをまねたんだよ」
オーケー、確かにその回答は正しい。でもそれは、答の一部にしか過ぎない。それならば、タイプライターのキーボードがQWERTY配列だったのは、どうしてなんだろう。
「タイプライターのキーボードは、元々はABC順に並んでたんだ。でも、タイピストのスピードが上がるにつれて、タイプライターの性能がついていけなくなり、印字をおこなうアーム同士が絡まるトラブルが増えていった。そこで、アームの衝突を防ぐために、タイピストがなるべく打ちにくいようなキー配列をデザインしたんだ。それがQWERTY配列だよ」
これと似た回答を、読者も一度くらいは耳にしたことがあるだろう。でも、この回答は嘘だ。全くのガセネタだ。
タイプライターのキー配列が現在と同じQWERTYになったのは、1882年8月のことだが、その時代のタイプライターにアームなんていう機構はない。アームを有するフロントストライク式タイプライターが発明されたのは、9年後の1891年6月で、実際に普及するのは20世紀に入ってからだ。1880年代に存在していないはずのアームの衝突を防ぐために、タイプライターのキー配列をQWERTYにした、なんてのは全くナンセンスだ。
では、タイプライターのQWERTY配列は、本当はどのようにして決まったのだろう。それはどのように普及していって、そしてどのような形でコンピュータのキーボードに採り入れられたのだろう。あるいは、「タイピストがなるべく打ちにくいようなキー配列」なんていうガセネタを最初に流したのは誰で、このガセネタはどう広まっていったのだろう。本書では、これらを明らかにすべく、1840年代から1980年代まで、約140年間の歴史を旅することにしよう。
(「まえがき」より)

確かにこの本には、キー配列に関して、かなりショッキングな事柄が、かなりセンセーショナルに書かれています。これまで「タイピストがなるべく打ちにくいようなキー配列」なんていう、いわば「アンチQWERTY説」を信じ込んできて、それをバラマキ続けてきた人にとっては、絶対信じたくない内容です。信じたくない人にとっては、この本に書かれているのは、絶対に目にしたくない事実でしょう。その結果、この本を「読ませたくない」という拒否反応を示す人がいても、それはそれで仕方のないことです。
ですが、新聞やメディア、あるいはインターネットサイトで、都市伝説ともいえる「アンチQWERTY説」が発信され続けるのは、技術史の研究者である私にとっては耐えがたい。ですから私たちは、この本を書いたのです。読むか読まないかは自由ですが、たとえ読まないにしても、QWERTY配列に関する「ガセネタ」を、今後、紙面やインターネットに載せるのはやめていただきたい。
(京大記者クラブでの著者スピーチより)

内容(「BOOK」データベースより)

タイプライターの父、クリストファー・レイサム・ショールズによる発明から、私たちが毎日触れるコンピュータのキーボードに至るまで、図版124点余、開発時のエピソード満載で、キー配列140年の謎を解明する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 211ページ
  • 出版社: NTT出版 (2008/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757141769
  • ISBN-13: 978-4757141766
  • 発売日: 2008/3/1
  • 梱包サイズ: 21.4 x 15.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 587,343位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
未だかつてないほどの圧倒的な信ぴょう性を持ったキーボードの歴史書です。495件もの参考文献があり、しかもそのうちのほとんどが特許資料や関係者本人が直接書いた記事などの一時ソース。今後キーボードについて研究する人は必ず読むべき本と言えるでしょう。

内容は米国の歴史にも深く言及しており、米国史に興味のない人には読み辛いかもしれません。私は元々米国の歴史に興味があり、いくらか背景を知っていたのですんなり読めましたが、そうでない人にとっては少々ハードルが高いでしょう。

タイプライターでQWERTYが普及したあとに、コンピューターへと受け継がれていくわけですが、その間にテレタイプの時代があり、QWERTY配列にとってこれが大きな要の一つだったというのは全くの驚きでした。

UNIXとC言語を生んだことで有名なベル研の設立目的の1つがテレタイプの交換機を研究することだったということも驚きです。またJIS配列の記号が米国のキーボードの記号と異なる理由が明らかになったところも面白いところです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 「QWERTY配列がどのようにして市場を占有するようになったか?」については分かりますが、「なぜQWERTY配列になったか?」についての解説はありません。
 確かに、キー配列の変遷は図で示されていますが、そう変遷した理由についての詳説はありません。ですので、「QWERTY配列の謎」というタイトルで想像するであろう後者の疑問は一切解消しませんので、タイトルと中身が乖離していると言われてもしかたがないような。
 前書きやあとがきで示されている様なアンチQWERTY配列説はでたらめであることは詳しく分かりますが、「じゃあなんでQWERTY配列は生まれたのよ」という疑問は置き去りです。
1 コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
キーボードの歴史について非常に詳しい本ではあるが、かなり問題がある。

【1】縦書き
まるで小説か何かのように右開きの縦書きになっているが、なぜタイプライターとキーボードについての本なのに横書きにしなかったのだろう?
本書のほとんどはタイプライターの歴史に費やされている。
資料も舞台も大部分がアメリカである。
本文中で人名や企業名など英語も多い。
解かると思うが英語を縦書きにすると本の右側が上に、左側が下になり非常に読み難い。
参考文献やタイプライターの図などもほとんど全てがが英語である。
第一、キーボード自体が横向きなのだ。
一体なぜ本書を読み難い縦書き記述なんかにしたのか常識を疑う。

【2】文章が色々とおかしい
カタカナで書かれた人名の後に括弧書きで英語の人名が書かれるのだが、妙にくどかったりして理由が分からない。
特にクリストファー・レイサム・ショームズの名前が繰り返し英名表記されるのは何なのだろうか?

何か文学的な効果でも狙ったのか、書き方が勿体ぶっているかと思うと唐突に週刊誌的な下世話な記述もあって文章に一貫性が無い。
こういった歴史書の文中に「アヤシゲな説」などという妙なカタカナがあるのは普通ではな
...続きを読む ›
3 コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 日本語入力でもよく使われる「Qwerty」論理配列が、どういった経緯でアルファベット順配列から今の姿へと変わっていき、そして普及していったのか……というところの過程を、当時の文献を元に追いかけていった書籍です。
 筆者が資料から読み取った事象と、筆者が考察した主観とがきちんと切り分けて表現されているので、著者とは違う考察を試みたい人にとっても読みやすく、Qwertyについて調査するための取っ掛かりとしてよくできた内容になっています。
 また、一つ一つの原典だけをピンポイントで眺めていては「(原典を製作した人の意図や主観に引きずられて)だまされてしまう恐れがある」ということを指摘していたり、Dvorak関連の話について「おかしなところだけをピンポイントで批判」するなどしていて、単純な「Dvorak非難本」という内容には陥らなかったところが面白いですね。
 過去のけん盤配列関連本というと「○○配列最高!他はみんな駄目だ」みたいな論調があって心底うんざりさせられていたのですが、本書はそういう方向性に引きずられることなく、筆者なりの世界観で「Qwertyの謎」を解き明かそうとしています。
 綺麗なタイプライタの模写があったかと思えば、字間もベースラインもがたがたなタイプ出力物があったり、個々の理想に基づくいろいろな入力法が提案されていたことを示して
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告