この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

キング・ビスケット・タイム

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 2,880より 中古品の出品:3¥ 1,000より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の サニー・ボーイ・ウィリアムスン ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (2001/12/25)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: Pヴァインレコード
  • 収録時間: 56 分
  • ASIN: B00005S715
  • JAN: 4995879241172
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 542,875位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
2:31
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
2
30
2:45
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
3
30
2:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
4
30
2:56
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
5
30
3:04
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
6
30
2:50
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
7
30
2:45
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
8
30
3:02
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
9
30
2:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
10
30
2:59
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
11
30
2:32
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
12
30
2:44
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
13
30
2:31
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
14
30
2:37
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
15
30
2:42
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
16
30
2:35
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
17
30
13:08
アルバムのみ
18
30
2:44
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
生々しさではチェス時代のライス・ミラーよりも遥かに上位。この生々しさこそが、今は無きマックスウェル・ストリートでの多数のミュージシャンの演奏とも繋がる。
エンディングなども流れで終る。まさにセッションである。最後のDust My Broomはエルモア・ジェームズである。凄いセッションである。
キング・ビスケット・タイムという名前の番組は、どうやら今でもあるらしい。ブルースを流す番組で、ロバート・ロックウッドの演奏がテーマ曲になっているようだ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アロン 投稿日 2012/10/27
形式: CD
こっちのサニー・ボーイはライス・ミラーの方です。

よく言われているように、サニー・ボーイは1940年代から「キング・ビスケット・タイム」というラジオ番組でブルーズの生演奏を電波に乗せていて、アーカンソー州やミシシッピ州一帯で、この番組を知らない黒人はモグリという位、有名な番組だった。(今も放送してるのかな?)
そんな深南部の大スターのレコーディング・キャリア初期(1951年〜)にあたる、トランペット・レコードへの録音集。
シカゴ進出後の完璧なシカゴ・ブルーズ・バンド・アンサンブルを聴かせる、「ダウン・アンド・アウト・ブルーズ」(チェッカー)も最高だけど、この、荒っぽく、武骨なサザン・ブルーズ集も最高です。
因みに内容はラジオ番組のエアチェック集という訳ではありませんが、17は番組のエアチェックらしいです。
ラストの18は言わずと知れたエルモア・ジェイムズの代名詞と言える曲(初録音。サニー・ボーイのハーモニカ付き)にして、トランペット・レコード最大のヒット曲です。 必聴です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
サニーボーイの初期録音(たぶん初吹き込み)。とはいえこの時点ですでにキャリアの後半を迎えてるため、後期のチェス録音に劣らぬサニーボーイ節が楽しめる。リアル・フォーク~のようなバリエーション豊かなサニーボーイではないが、その分ムキ出しのサニーボーイだ。
これに加えて収録されてる晩年のライブ録音では時折血を吐きながら演奏したといわれてるが、キャラなのか何なのか悲壮感がカケラもないのがすごい。
ちなみにラストに収録されてるのはサニーボーイ参加によるエルモア・ジェイムス名義の曲で、別にサニーボーイ・バージョンというわけではありません。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 Sonny Boy Williamson II は、メンフィスのラジオ番組で演奏していた。その放送のいわば「実況録音盤」がこれである。タイトルはその番組のタイトルそのものである。さすがに音は貧弱だが、かえって雰囲気が伝わる。
 The Band のドラマー Levon Helm はこのラジオ番組を聴いて、また、ラジオ局で見学して、そのブルース魂を育んだ。南部音楽の原点がここにある。ブルース好きにはたまらない貴重な一枚。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
Sonny Boy Williamson は同じ名前同じハープ奏者が二人おり、Ⅰ、Ⅱで区別しています。このCDはⅡの方です。John Mayall の曲で "Sonny Boy Blow " がありますが、この人のことです。
彼がイギルスで公演を行った時、バックを務めたのが、Yardbirds で、ギターを弾いていたのが、E・Clapton でした。その時のアルバムがSonny Boy Williamson with The Yardbirs で日本盤も発売していますので、ぜひ、聞いてください。E・Clapton の初レコーディングです。
ただ、後でSonny Boy Williamson は演奏が最悪とまで言われてしまいました。彼のアルバムは、Down And Blues が名作と言われていますが、このアルバムも名作です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す