通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
キングダム 46 (ヤングジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

キングダム 46 (ヤングジャンプコミックス) コミックス – 2017/4/19

5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 555
¥ 555 ¥ 480
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • キングダム 46 (ヤングジャンプコミックス)
  • +
  • ヴィンランド・サガ(19) (アフタヌーンKC)
  • +
  • 進撃の巨人(22) (講談社コミックス)
総額: ¥1,655
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

宿敵・趙と存亡を懸けた大戦へ!!
新兵募集にて出会った若き兄弟。弓の腕に覚えがあると言うふたりの実力は、飛信隊覚醒の鍵となる!? 中華統一の為に趙との大戦を画策する秦国。しかし、趙宰相・李牧の実力を前に打つ手が見出せない。一大決戦を前に勝利の絵図は導き出せるのか…!?



登録情報

  • コミック: 210ページ
  • 出版社: 集英社 (2017/4/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088906225
  • ISBN-13: 978-4088906225
  • 発売日: 2017/4/19
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
前巻終盤の、隊の底上げからの続きです。
飛信隊に弓という強力な新戦力に加え、信がとうとうアノ武器を使います。信が成長した証に、受け取ったときはただ重かったその重さが今は将として不可欠な重みだと感じます。
そういう成長の度合いを丁寧に、カタルシスを交えて描写するあたりはすごいです。正直、中華統一に向かう王騎を見たかったですが、信のこの成長は王騎の死だからこそ出来たものだと、王騎の死に納得させられます。
さらに中華統一の先駆けに趙との大戦向かいます。王センを総大将に桓騎・楊端和を両翼に、飛信隊ら若手を遊撃とし、李牧を出し抜くための奇策を開始します。そのときの李牧の「正気か秦(おまえら)は」という言い回しがすごく好きです。
李牧という傑物を出し抜き、さらに中華統一という荒業を行うのにまともではなし得ない、統一への邁進のためなら喜んで狂ってやるという秦の覚悟を李牧を使って表現したと勝手に感じました。最高です。
さらに統一後の構想にも触れています。そう儒教です。始皇帝の「悪行」の一つの伏線ですね。
ただ歴史は勝者がつくるもの。始皇帝の後の事を考えれば始皇帝が悪という流れは致し方ありません。そこのところをキングダムでは興味深く「ファンタジー真実」を描いてくれるでしょう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
趙の最後の賢人といわれて史実でも最強名将だった李牧に、いよいよ秦の大軍が決戦を挑むプロローグ部分が本巻です。ヤマ場、注目点目白押しです!!!ネタバレは避けますがまず秦国内では。。。
1.中華統一ののちに「法治国家」として全土をおさめようとする始皇帝のブレーンとなった「法の番人」が牢獄から復活!その法の番人とは???
2.趙・討伐軍の将軍にえらばれた意外なラインナップ!とくに総大将とは???大注目です!
3.その趙をほろぼすべく、秦がねりにねった秘策中の秘策とは???

後半、趙のほうでは。。。趙王の登場です!前巻ででてきた”立派な斉王”とは雰囲気がぜーんぜんちがう!
自分なにかで読んだのですが、史実で李牧が趙を滅亡の道から何とか救おうとして大奔走したのに、その李牧を常に誅殺しようとしつづけたというヤバイ王様。その注目の趙の王様の様子がいかにも「キングダムの世界」らしく描かれていて、「お~出た~これか~!やっぱこりゃ相当なもんだな~」という感じです。自分個人的にキングダムでは李牧のファンですので、この趙王がでてきたってことはここから。。。李牧は秦だけでなく国内のそれも王が敵では、ここからイバラの道なのだな~ととても気の毒におもえます。。。

さて本巻は大戦への「準備段階」の章。けど実際の大戦となる次回以降
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
前巻で、秦王の前で秦の中華統一思想を真っ向から否定し、秦王たちの前で決して負けないと宣言した李牧。
その李牧との対決の時が迫ります。

合従軍に苦しめられた時と同様に、秦の頭脳を集め、趙攻略の手立てを懸命に探りますが、問題は山積状態。
果たして秦軍総司令・昌平君たちは趙・李牧を攻略する糸口を見つけることができるのでしょうか?

来るべき趙攻略に向け、飛信隊は隊員を募りましたが、思うような新兵を集めることができたのでしょうか?
そして、中華統一後、人民の支配のため必要不可欠なものを補うため、昌文君が向かった先には…!?

中華統一のために避けては通ることのできない趙・李牧との国家の存亡をかけた一戦に向け、物語は加速します。
果たして秦は趙・李牧を攻略し、中華統一の大願を叶えるため、第一歩を踏み出すことができるのでしょうか?

共に5千将となり将軍まであと一歩と迫った信、王賁、蒙恬らの活躍にも、すべての登場人物の活躍にも期待が膨らむ展開です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
<ネタバレ含みません>
前巻で黒羊攻略戦が終わり、新兵募集で驚異的な弓矢の腕前を持つ2人と出会った飛信隊、
その後、力をたくわえいよいよ天下統一の道が開かれる。

かと思いきや、立ちはだかる壁はとてつもなく強大だった。
史実でも秦に勝ち続けた守りの名将、李牧の存在が行く手を阻む。

秦国、総司令の昌平君をもってしても、その攻略は難しい。
そこで考えられた尋常ならざる作戦に、諸将は『ありえない!』『自殺行為だ!』と激しく反対するが、
昌平君は自信があった。

飛信隊は、李牧を討つことを決意し、出陣するが、飛信隊の配下の部下たちは信の持つ武器に驚愕する。

李牧の裏をかく作戦に、詳細を知らされていない兵士たち。
その作戦はうまくいくのか?

息をつかせぬ戦闘の展開が、合従軍以来の興奮を覚えます。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー