通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
キングダム 31 (ヤングジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

キングダム 31 (ヤングジャンプコミックス) コミック – 2013/7/19

5つ星のうち 4.8 32件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 555
¥ 555 ¥ 284
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • キングダム 31 (ヤングジャンプコミックス)
  • +
  • キングダム 32 (ヤングジャンプコミックス)
  • +
  • キングダム 33 (ヤングジャンプコミックス)
総額: ¥1,665
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

再会と共闘。
精根尽きかけた状態でサイにたどり着いた信たちを出迎えた秦王・エイ政。李牧率いる軍勢に対し、民間人ばかりのサイの民を抱えた秦軍に勝機はあるのか!?



登録情報

  • コミック: 208ページ
  • 出版社: 集英社 (2013/7/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088796098
  • ISBN-13: 978-4088796093
  • 発売日: 2013/7/19
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
こんなに続きが気になる漫画は他にないですね!!

電子書籍で30巻まで一気に集めて読みましたが残念なことに電子書籍は一巻遅れ・・・

我慢できずに31巻買っちゃいましたよ。そしてすぐに読みましたが期待通りの面白さで買って良かった。

集英社さん、電子書籍も同日発売でお願いします。こんなに面白い漫画を一巻遅れで読まされる読者の気持ちも少しは考えて下さい
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 karua 投稿日 2013/7/21
形式: コミック
序盤の政の檄には込み上げてくるものがありました。
そして今回の味方はほとんど民兵、対する相手は三大天の李牧とホウケン。
圧倒的不利の中本当に勝てるんだろうかとハラハラします。
新しいキャラも出てきて中ダレしません。
毎巻圧倒的面白さですばらしい!
単行本の発売の早さもすばらしい!
今1番熱い青年漫画です。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kingking 投稿日 2013/8/1
形式: コミック Amazonで購入
期待を裏切らない面白さの連続であります。
ただ言えるのは、次巻が待ち通しいのみ‥
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
秦の滅亡を目前にして2人の漢の価値が試されている。
修羅場で、戦場で、死地で、追い詰められた時に見せる本性が滲み出て
周囲の心に光や陰の印象を与え始める。政と呂不偉の対比が見事。

呂不偉は平時は大きく鷹揚で上に抱くに足る人物の様に見える。
そして奇貨居くべしと、政の父である子楚を王にする為に巨額を賭けている。
優れた事績はあれど飽くまで自分の為に賭けをしただけ。戦ってこなかった。
だから窮地に自分の利益や要望だけを平然と出して当然と考える。

政は平時において警戒をされない様、無知無能を装っている必要があった。
しかし窮状にあって、あえて死地に向かい戦う意志を見せる。
戦うとは敵を殺す事だけにあらず、一つの目的に全員が一丸となってあたる事でもある。
一人で出来る事など高が知れている。だが一人が全員の心を支え夢を与える事がある。
王の肩書きではなく、王の重荷を背負い己の命を晒して全員を兵と化す。
王の資質を全力で発揮し始める。

死地にあって傲慢強欲は奇貨をあがなうに能わず。ただ身命あるのみ。
趙の大衆に一人抗っていた過去を思えば、経験不足とはいえ三万の民兵と細やかな援軍
そして昌文君とテンと信、命を支え
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
政の演説のシーンは鳥肌が立ちますね。
人の士気の昂る場面の描き方がぱねぇです。
呂不韋の静かながら恐ろしい迫力の場面もいい。
数ページ読むだけで引き込まれる描写はやはり圧巻です。

おそらく秦にとって最大のピンチである現状をどの様に信達が切り抜けていくのか、今後も楽しみです。

あと、やはり原先生も化け物ですね。間違いなく傑物。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
面白い。

つい最近キングダムの存在を知り、二巻まで読みあまりの面白さに30巻まで大人買い。

2日で読破した後は、この31巻の発売が楽しみでならなかった。

そして、31巻読了後の今。。。

改めて、キングダム面白い。

過去最高に面白い漫画といって過言ではない。

あえて内容には触れませんが、ここまでなぜ絶賛されているのか、読めば、分かります。はまります。胸が熱くなります。

とにかく、おすすめ!
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
恥ずかしながら某番組でケンコバが絶賛していたので全巻そろえましたw

市民の前に出るだけで説得力のある人物はこの日本にもほしいとこですねw

1巻1巻おもしろいので惰性で買うなんてことは絶対にない作品です
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 山科のうし トップ1000レビュアー 投稿日 2013/8/3
形式: コミック Amazonで購入
函谷関の決戦の隙をついて、秦の首都咸陽を狙う李牧。
気がついて追ったヒョウコウは突如現れたホウケンに倒され
失意の信らは咸陽をめざすも、秦は絶体絶命の危機。
そこへついに秦王政みずからが立ち上がる。

これが前巻の内容だった。

これに続くこの巻では
合流した政と信とが咸陽手前の小さな城で合従軍別働隊を迎え撃つ。
これまでとは趣きを変えて、
城をめぐる攻防である。

迫力という点では、それこそド迫力だったここ数巻よりはやや落ちるだろう。
しかし今回は今回でまた違った味わいがある。
巧みにメリハリをつける作者原さんの職人芸である。

一般の人々をも動かす政の檄の言葉の力。
それはもちろん政の熱いハートの力でもあるが、
こうして言葉で人を大きく動かして歴史を刻んでいくというのは
中国歴史物語では定番ともいえる名場面だ。

そして限られた兵力で圧倒的な敵と戦うわけだし、
敵は何しろあの智将李朴だから
当然のように頭脳戦でもある。

しかしこの巻にきわだつのは、なんといっても若い力の存在だろう。
主だったビッグネームは函谷関に張り付い
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック