Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 500

¥ 55の割引 (10%)

(税込)
ポイント : 5pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[原泰久]のキングダム 27 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
Kindle App Ad

キングダム 27 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版

5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] キングダム(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)(1-30)の30の第27巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 500
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 555 ¥ 163

紙の本の長さ: 207ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

決戦初日の大一番。 悲しき怨念に囚われた趙軍の凶将・万極との一騎打ちで、自らの戦う意味を再確認する信。函谷関攻防戦は新たな将軍の登場でますます全面戦争が激化し…!?

内容説明

決戦初日の大一番。
悲しき怨念に囚われた趙軍の凶将・万極との一騎打ちで、自らの戦う意味を再確認する信。函谷関攻防戦は新たな将軍の登場でますます全面戦争が激化し…!?



登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 76105 KB
  • 出版社: 集英社 (2012/8/17)
  • 販売: 株式会社集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00BCY4W6G
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
やはり、作者の原さん、只者ではないと思った。

前2巻に続いて、秦最強の防壁函谷関を舞台に、
秦と他の国々の連合軍、いわゆる合従軍との大決戦である。

前巻では決戦初日の壮絶なぶつかり合いが描かれた。
だからてっきりこの巻でもたっぷり戦闘を描くものかと思っていた。
多少趣向を変えながらも、個々のエピソードの積み重ねていくのかと思っていたのだ。

だが違った。

もちろん激闘は続くが、意表を付くように、
最初の焦点は、いわば精神の対決である。

敵は、登場した時から全身に不気味さをまとっていた趙の将軍万極。
その不気味さの背景がここで明らかになる。
同時に浮かび上がるのは、
結局は互いの殺し合いである戦争が担う重い問題である。
そうした思いのぶつかり合いが、力と力の戦闘とは異質なものとして、
しかしその激しさでは劣らないものとして描かれる。

この辛い戦いを引き受けるのが、主人公信であるのも必然だろう。
戦い続ける以上、そして大将軍をめざす以上、
信もまた、この問題と向き合い、かつこれを乗り越える器を備えていなくてはならないからだ。

...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
私の中では、ナンバー1の中華戦国漫画です。
ヤンジャンを買ったら、まず読むのはキングダム!。
休載の週は別に買わなくてもいいぐらいに、キングのジャンキーになってます。

原先生は、この奥深いストーリーをよく考えつくと思います。

そしていつの日か、
このキングも完結を迎えると思いますけど、あっさり終わって欲しくない漫画ですね。

私は三度の飯よりキングダム。

超絶お勧めです。

                                                      いぐ
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
皆さんと同様に毎週のYJをかかさず読んでいます。そしてあのファンクラブ的なホームページも毎日読んでいます。単行本は11話で一冊のペースなので次の巻がここからここまでというのもわかります。つまりすべてわかった上での単行本読書になるわけですが、やはり一気に読むと迫力が、スピード感が増してきます。さて今巻は「万極」。信により呪縛を解かれ安らかに眠る事が出来た…。敵をここまで描く作者に拍手。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
戦いの華やかさ・迫力は、本作の大きな魅力の一つである。
しかし今巻は、その点では、少し物足りない。
その代り、戦いそのものの位置づけが、人間ドラマを盛り上げる方向に特化している。

   例えば、万極軍の後退を阻止する河了貂と、趙兵の後ろに隠れた万極にジャンプで切りつける信。
   これらは、フウ忌との戦い(12巻)を思い起こさせ、当時からのさまざまな“変化”を強調してくれる。
   成キョウとの舌戦(4巻)を思い起こさせる、万極との舌戦も、同様である。

それだけではない。
今巻では、過去の巻およびアニメ版を知っている方には、非常に驚かれるであろう展開になっている。

 <本当の見せ場(ネタバレあり)>
今巻の“本当の見せ場”は、一度読んだだけでは、まず見えてこないだろう。
なぜなら、“暗示”を使って描かれているからだ。

   大王・政の“剣”として戦うことを再確認、万極の“恨み”を断ち切った。

今巻の“見せ場”である、信のこの行動。
「政への友情」、そして「親友・漂への想い」が読み取れる。
では、この行動が“暗示”しているものとは、いったい何なのだろうか。
それは、今巻と過去の
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 宗秋 投稿日 2012/12/2
形式: コミック
最新刊のKindle版がすぐに出ないのは理解できるのですが、そろそろ27巻のKindle版は出してくれてもいいのでは?
2 コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
YJ本誌での第1話を読んだときまさかここまで続く、そしておもしろくなる漫画だとは正直思わなかった。
個人的には5,6巻あたりの魏との戦争勃発以降、毎週YJで読むのが楽しみでならない。

ここまで巻数が伸びると、どこかに中だるみがあってもおかしくないがキングダムにはそれがない。
おもしろさがノンストップでここまできているのだ。
これは本当にすごいことだと思う。

おもしろさが持続している要因の一つに、話の主軸を主人公信からブらしていないことがあると思う。
魅力的なキャラクターはわんさか出てくるのだが、それを決して描きすぎず、しかしワクワクするほどには描いているのだ。
この漫画の主人公は信なのだという作者の信念がひしひしと伝わってくる。

日本で一番売れている某漫画は主人公以外の人物を描きすぎて、話が何がなんやら分からなくなっているのとは好対照だ。
「そんな話どうでもいいんだよ!いいから話をさっさと進めろやボケー!!!!」
という日本一の某漫画に対する叫びを、キングダムにはする必要がないのだ。

この漫画をきっかけに春秋戦国時代に関心が出てきた人は多いはずだ。
中には自分で史記等を調べる人も多いだろう。
そして調べれば
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover