キングダム/見えざる敵 [Blu-ray] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

キングダム/見えざる敵 [Blu-ray]

5つ星のうち 3.9 68件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,037
価格: ¥ 1,373 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 664 (33%)
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 687より 中古品の出品:3¥ 1,069より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でキングダム (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルブルーレイ】 - ブルーレイ2枚 3090円などのセール情報や、初ブルーレイ化作品・新作など、NBCユニバーサルのブルーレイ情報はこちら

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • キングダム/見えざる敵 [Blu-ray]
  • +
  • ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
総額: ¥2,764
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: ジェイミー・フォックス, クリス・クーパー, ジェニファー・ガーナー, ジェイソン・ベイトマン, アシュラフ・バルフム
  • 監督: ピーター・バーグ
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日 2012/04/13
  • 時間: 110 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 68件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B006QJT4DS
  • JAN: 4988102055967
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 32,942位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

あの感動との再会を
新たな感動との出会いを

ユニバーサル 100周年
ユニバーサル シネマ・コレクション ブルーレイ


タイムリミットは5日間、命がけの捜査が始まった。怒涛のノンストップ・アクション超大作!

【キャスト】
ジェイミー・フォックス/クリス・クーパー/ジェニファー・ガーナー/ジェイソン・ベイトマン/アシュラフ・バルフム

【スタッフ】
監督:ピーター・バーグ

制作年:2007年

(C) 2007 Universal Studios and MDBF Zweite Filmgesellschaft mbH & Co. KG. All Rights Reserved.

※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『パブリック・エネミーズ』のマイケル・マン製作、ジェイミー・フォックス主演によるサスペンスアクション。FBI捜査官たちは自爆テロが発生したサウジアラビアへ乗り込むが…。“ユニバーサル・シネマ・コレクション”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
結局報復は終わらない。
「憎しみは憎しみしか生まないのよ」と
お母さんが子供に話してあげれるような簡単な話を、
現代の対テロ戦争を舞台に再確認する映画です。

エンタメ映画として評価すれば、
迫力のあるテロシーンの恐ろしさを始め、
国内PRで「ラスト〇分、あなたは戦場のど真ん中に」と言っていた
銃撃戦を含め、戦争アクションとしては及第点です。
とにかくドンパチが見たい人にもそれなりにおすすめです。

全てがわかるラストシーンは、シンプルだけど強烈です。
つまりは戦争がなくならないない理由はシンプルで、
お母さんでも説明出来る簡単な話なんですが、
こうして"確かめ算"のように
色んな作品が存在することには意義を感じました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 金森雄高 投稿日 2013/12/26
形式: DVD Amazonで購入
抱き続けた疑問が、最後のセリフで「だろうね」とリセットされて終わりました。

基本、アメリカ映画はアメリカで好評を得る目的で筋立てされるでしょう。アメリカ人の好みに合うように。そのアメリカの「好み」からスタートします(爆破事件に子供の「悪い人がやったの?」の問いかけに単純に「そうだょ」と答え)。その悪い人たち探しが最後のセリフの前まで続きました。やっぱり銃が好きなのか最後の30分は銃撃戦。

まるでファンタスティック・フォーの様。サウジ人は幾ら死んでもいい様にゲームみたいに亡くなって行く。そして疲労と目論見以上の業績(つまり殺して)を持って派遣捜査官たちはアメリカに帰ります。

「まだアメリカはこれをヒーローと呼ぶのかな?、そのアメリカ人に殺された数十のサウジ人家族は一生恨みに思うのに」との私の懸念は、最後にクリアになりますが、それをやっとこのアメリカ映画がアメリカ人にその事を伝えた画期的な作品なのかもと思いました。

同時に、アメリカ国民も薄々そう思っている世論がこの映画を作らせたのかも知れない。だから、「好評」を得られる試算が立ったのかも。時代が作らせた映画でしょうか。

しかし、彼ら捜査官は「帰る」場所がある。帰る場所がそのリアドであるサウジ人こそは、まだ渦中であり続けます。ま
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
冒頭、サウジアラビアはリャドの外国人居留地区での、民間人をターゲットにした自爆テロのシーンは、生々しい。民間人を避難させておいて、自爆!救急車などが集まり人命救助が始まったところで、なんとこんどは救急車が自爆!!300人の人命が失われたとの設定だが、中東ではさもありなん。FBIのエージェントもその犠牲になる。
ジェイミー・フォックス扮するFBI特別捜査官フルーリーは、テロを解明するために仲間3人と共に禁断の土地サウジへ。事件を国内問題にしておきたいサウジと、火に油を注ぎたくないアメリカの政治判断の狭間で、担当の現地警察官と次第に心を通わせていく、フルーリー。
前半は、アラブ社会独特の価値観と西側との葛藤がよく描かれ、捜査は遅々として進まない。文化のギャップは根深いのである、と実感。
後半は、ある手がかりを機に一気にスピードアップしていく。高速道路でのカーアクションの、すさまじさはどうだ!いきなりアドレナリンがわき出る展開だ!そして、リャド市内のカーチェイスから、テロリストのアジトでの銃撃戦のすさまじさ!!BDの映像で、5.1CHサラウンドシステムを大音量にして、クラッシュの音や銃声を是非堪能して欲しい。
すさまじいシーンの連続に感動していると、なんと、名作「ヒート」で伝説のロス市内大銃撃戦を演出したマイケル・マンが、プロデュースしているではな
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
高画質で色彩も渋い!
内容も、制作者側のこだわりがあって
好きです!

カーアクションも
ベスト3に入ります!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
フィクションというのはわかるし、アメリカの映画だからあんなすざまじい銃撃戦の中でもFBIの人間は一人も死なずに、死んだのは現地のテロリストと警官?だけというのもわかる。それを差し引いても、迫力満点でストーリーもびっくりするくらい最初から最後まで引きつけられた。
このタイプの映画では珍しく興奮してしまった。特に一番最初の爆破シーンは一瞬何が起こったのか…と自分でもわれを忘れるくらいインパクトがあった。
家庭のテレビで見てあの迫力だと、映画館では実際にテロが起こったと勘違いするのではないか?と思えるくらいすごかった。

アメリカとサウジアラビアは国として表面上はうまく行っているように装っているが、やはり宗教上の対立は根強く、国の事情より個人や所属する派の影響を優先させてしまう。

一番最後のセリフは尾を引きます。たぶんあのような言葉が日常茶飯事に口にされていて、なおかつそれを実行しようという人たちが日夜別の意味で努力をしているのだろうと思うと、ぞっとする。

しかしアメリカはやはりいらん事をしすぎではなかろうか。文化の違いなどは認めてあげて、世界全部をアメリカにするというようないらないおせっかいはやめた方がいいように思う。すべての根幹がそこにある気がするのだが。(戦争しないと国の産業がやっていけないという事情もあるのかもしれないが…)

久々に「映画だ〜」という感じの映画でした。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー