日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

キングコング:髑髏島の巨神(字幕版)

 (1,511)
6.61時間58分2017PG12
神話の中にだけ存在するとされた謎の島、髑髏島(ドクロトウ)。未知の生物を求め調査遠征隊が潜入するが、島に着くやいなや、状況は一変する。島の至るところに骸骨が散らばり、そして岩壁には血塗られた巨大な手跡。そこは人が決して足を踏み入れてはいけない場所だった・・・。そして遂にその姿を現す、巨大なる王キングコング。次々と現れる正体不明の巨大モンスターたちに、人間は為す術もなく逃げ惑うのみ。髑髏島の秘密とは-。果たしてコングは人類にとって悪魔なのか、神なる存在なのか-。人類は生きて、この島から脱出できるのか-。 Rating PG12 (C) 2017 Warner Bros. Entertainment Inc., Legendary Pictures Productions, LLC and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All Rights Reserved.
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
Prime Video視聴でBOSE製品が10%OFF

キャンペーン期間中Prime Videoを視聴すると、BOSE対象商品で使用可能な10%OFFクーポンの特典が受けられます。詳細はこちら

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
ブリー・ラーソンジョン・C・ライリー
提供
WarnerBros.
レーティング
PG12対象
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.1

1511件のグローバルレーティング

  1. 47%のレビュー結果:星5つ
  2. 27%のレビュー結果:星4つ
  3. 18%のレビュー結果:星3つ
  4. 5%のレビュー結果:星2つ
  5. 3%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

マッキー2018/08/12に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
声優で映画が死ぬ!
確認済みの購入
Gakuto、佐々木希の吹き替えで映画が死ぬ!ちょっと人気があるからってこういう人達を声優に使うのはもう本当にやめて!!!
映画自体は字幕で見たらとても面白い。映画の一番最後で続編の予告シーンがあるが、すでにトレーラーも完成して流されている。もちろん、ゴジラ、ラドン、モスラ、キングギドラ登場でスッゲー!で、コングは・・・?
121人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Web372017/07/26に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
字幕で見る事をおススメします
確認済みの購入
要するに古き良き怪獣映画
この監督、その古き良き怪獣映画が大好きなんだろう
ちょっと前のキングコングやハリウッド版ゴジラ2作へのアンチがそこはかとなく漂う
「バッ・・・チョ・・そこ!怪獣ってそんなんじゃねぇよ 怪獣ってのはこういう事だよ!!」
みたいな
人がどうこうとか難しいことは一切考えてなく、ただナワバリを守るため
立ち向かおうとする者は一切の情もなく叩き潰す。

いいねぇ

途中途中ややマノビした所はあるものの見どころはテンコ盛り
登場シーン
対ヘリ戦
戦い終わりの「ふぅ。。やれやれ」感満載の表情
敵を見つけた時の表情
映画史上に残る、壮絶な無駄死にシーン

そして何よりクレジット後
ここ大事!
本作の一番のキモじゃなかろうか。

まぁしかし
はじめ字幕版を購入したのだが
アクション映画だろうから字幕追うのもめんどかろうと思い
キャンセルして吹き替え版に
これが大失敗
意外と佐々木希さんは合ってた(舌足らず感はあったが、かなりの熱演で好感がもてる)
ただ。。。ガクトはいただけない。。。
顔と声が全然合ってない
感情がこもってない
熱意がない
かっこいいだろぉ感満載のいつものガクト
別にガクトアンチではないが
このキャラそんなキャラじゃなかろう?
しかも人間側の中心人物だもんで(主人公はコングだからね)
よくしゃべる
しゃべるたびにモヤモヤして結局最後まで
「しゃべんなや。。」って言い続けてた

っていうわけで
映画自体は90点だが
ガクトで-20点
ただ吹き替えを選んだのは自分の過失なんで
☆5
字幕での視聴を強く勧めます

佐々木希の熱演は一聴の価値ありかな
103人のお客様がこれが役に立ったと考えています
sarasara2018/02/20に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
字幕で見ましょう。
確認済みの購入
吹き替えでの評価は、☆1個。話になりません。
CGは素晴らしく、50型でも物足りない。ただ、劇場へ足を運ぶほどの脚本ではなかったので、Blu-ray購入は正解だったかな。
そしてゴ〇〇だけでなく、モ〇〇やキ〇〇〇〇〇もハリウッドデビューがある?
70人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ゆう22018/03/04に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
吹き替えが絶望的
確認済みの購入
吹き替え以外文句はありません。とっても面白いです。
早く続編が観たい!
56人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ゆうくん2018/08/05に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
意外な佳作、シビれる男と男のプライドの衝突
確認済みの購入
B級感満点のジャケットを敬遠して随分遅くなったが、予想を上回る実にエキサイティングな作品で早く観なかったことを後悔した。
私の中での本作のクライマックスは、巨大猛獣同士の格闘もさることながら、サミュエル・L・ジャクソンのキングコング討伐への執念深さだ。
此れまでのキングコング映画では、登場人物はコングに対して畏怖、敬愛、商業利用の3つの立場に分かれていたが、今回は第4の“討伐者”が現れた。それがベトナム戦争の英雄、海兵隊大佐のジャクソンで、彼は部下の前では復讐の鬼を演じながら、真意では男の闘争本能を剥き出しにしてコングに向かう。
この両者のプライドを賭けた睨み合いに正直ゾクッとした。本当に怖いのは、進化の歪みが産み落とした巨体を操る怪物か、それとも戦争の狂気が生んだ兵器を駆使する現代の怪物か? 結果は観てのお楽しみに譲るが、熱く見応えのあるシーンだった。
映画は全体的によく作られていて、ストーリーは単純な様で起伏があり、動静のメリハリやCGの完成度も素晴らしい。また冒頭シーンの伏線が意外に長く強くシナリオに効いてくる展開にも好感を覚える等、買って損はない作品。
最後に、特典映像にある戦後長年に亘り米国が嫌われてきたベトナムでの撮影の意義と労苦には素直に賛辞を送りたい。
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
たこ地蔵2021/04/20に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
孤島のサバイバルに絞ったのが勝因
確認済みの購入
1972年、ベトナム撤退の年から物語が始まる。
衛星カメラが捕えた謎の島に軍人と科学者の混成チームが派遣された。
怒れるコングや他の怪獣によって、続々と犠牲者が出る。
ベトナム撤退の不名誉を挽回したい大佐は、部下の仇討ちのためコング抹殺にこだわる。

設定が自然だ。アメリカ人のトラウマであるベトナム戦が背景にあるところもいい。
コングが種族の異なる人間の女に惚れるという意味不明な展開を排した。大都会で暴れるくだりも無し。島の上だけで話が完結するので、すっきりしたサバイバル・脱出サスペンスとして高度な娯楽作に仕上がっている。怪獣たちの戦いは歴代ナンバー1の迫力だ。
大佐と他のメンバーの確執がドラマを盛り上げる。本作のキャラ立ては終盤に向ってのストーリーに不可欠である。怪獣映画の芝居は、こうでなくてはならない。
このコングはゴジコンと同一個体なんだろう。またゴジコン見たくなったな。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
やさしいゴリラ2018/06/17に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
最高!
確認済みの購入
初めてキングコングを観たんですが、面白い!
でも、「島に住むみなさん、ごめんなさい」って気持ちになりました…。
いきなり島に上陸して爆破。
怪獣が住んでるとはいえ、人間も怪獣もみんな普通に暮らしてたのに…。
コングの優しさも、人間の怖さ・醜さもうまく描かれていたと思います。
怪獣映画に恋愛はいらないとおもってるので、恋愛要素がないのも高評価のポイントです。

コングが木を投げたりするシーンですが、コントロールの良さに感動しました(笑)
すごくないですか?
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
あんこ~♪2020/02/12に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
キングコング作品としては凡作(モンスターバース2作目)
確認済みの購入
『GODZILLA ゴジラ(2014年版)』に続く2作目のモンスターバースシリーズで、次作が『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年)』となっています。
その後も『ゴジラVSキングコング』と続くようですので、そういった世界観の上で成り立つ断片的作品としては有りなのでしょうが、『キングコング』作品として見ると、どうしても凡作にしか感じられないです。
ただ、スカルクローラーのデザインは個人的に大好きです…デカいのを部屋に飾っておきたい程です♪

シリーズ化前提のハリウッド作品では、伏線は次回以降の作品で回収するので今回はおしまい的な流れなので、一作における完成度を下げているように感じます。
鑑賞しやすい尺に、ほど良く飽きさせないバトル展開などは、手軽に見る娯楽作品として良いのでしょうが、エンドクレジット後に、次回作の伏線を張りまくるのはいかなものかと。

「あー、キングコングを観終わった―!!」と完全燃焼したいのならば、1933年版や1976年版、そして現代の方の目で見ても一番馴染みやすい2006年版などをお勧めします。
懐古主義的なお勧めではなく、ホントにこちらの方がスッキリして面白いですよ…ただし手軽に鑑賞するには少々尺が長いんですよね~。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示