通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
キリングバイツ(7) (ヒーローズコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

キリングバイツ(7) (ヒーローズコミックス) コミック – 2017/3/4

5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 605
¥ 605 ¥ 294
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • キリングバイツ(7) (ヒーローズコミックス)
  • +
  • キャタピラー(9) (ヤングガンガンコミックス)
総額: ¥1,232
ポイントの合計: 26pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



マンガ読みが選ぶ2016年の一推!
「マンガ大賞2017」ノミネート13作品決定!東村アキコ氏『東京タラレバ娘』など 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

新章突入! 少女は新たな世界へ飛び込む!!

獣獄刹(デストロイヤル)の衝撃の決着から2年。
獣化手術は合法化され、「牙闘(キリングバイツ)」は
人々の熱狂する一大イベントへと発展していた。
そんな「牙闘(キリングバイツ)」の王者を目指す一人の少女――。
今、新たな野望と闘いの幕が上がる!!


登録情報

  • コミック: 194ページ
  • 出版社: 小学館クリエイティブ (2017/3/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4864684936
  • ISBN-13: 978-4864684934
  • 発売日: 2017/3/4
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
 前の戦いから2年、財閥主催の闇イベントだった「牙闘」は合法化され、獣化手術を受けた獣人
たちがスポットライトを浴びて戦う夢の舞台に。その頂点を目指して上京したビーグル犬の少女・
戌井純(ぴゅあ)を主人公にして第二部スタート。出自はやや不幸なものの別の世界にいたら
スクールアイドル始めそうなポジティブ元気娘(笑)。相棒(?)になる血の気の多いタスマニア
デビルっ娘・黒居佑(たすく)とのコントラストが面白く、純が騙されてローションマッサージされる
ちょいエロシーンもあるなど前よりもだいぶ明るい(ゆるい)出だし。
 とはいえ新シリーズではなくあくまでも前の続き、ラーテルも登場。「彼」が生きていたことも
あって波乱は確実、巻き込まれる新主人公の今後が心配で楽しみです。
 
 獣人になれる因子を持つのは10万人に1人、1億の人口があっても1000人。しかもDNA
絡みである以上たぶんベースの動物もそんなに選べない(選べたら虎や狼だらけになりそうw)
だろうから、「牙闘」に出れる人間はかなり少なそう。戦えば死ぬのも珍しくないし、興行の
維持は結構大変ではなかろうか。獣闘士のオーディションにはインコの鳥人みたいなのも
並んでいたけど…(笑)。
 
 巻末おまけマンガのオシエちゃんも健在、今回もオチでラーテルに殴られるかわいそうな
眼鏡っ娘。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前回、相当酷い終わり方だったので購入するか迷った末に購入。

前回から二年後、新たなヒロイン戌井純(ピュア)が登場。
僅か一歳で育児放棄により捨てられた彼女には獣化特性が。
幼なじみ?と同じ、ビーグルに獣化手術され、キリングバイツのチャンピオンになるべく闘いを始める。

そして、意外な人物も登場し!
最初の相手は牙魔猫(タスマニアデビル)の黒居佑嬢。→純いわく不良!
でも色々あって...

学校では熱血獣化教師が...
意外に強いビーグル。
そして、最後に現れたのは!

心配していたが、意外に面白かった。
意外な事もいくつか起きたし。
今後も期待できそう。

でも、オシエちゃん、あの扱いは可哀想...
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 PON 投稿日 2017/3/23
形式: コミック
作者のあらゆる作品に共通する感性が今回も発揮されていると思う

まず、サイコパスレベルのゲスキャラが活躍する
胸が悪くなるようなゲスで、目的のない戦闘で人を殺すが
なぜか周りはそれを賞賛し肯定する。

一見して全キャラクターゲスかモブなのだが
たまにゲスの中にいても精神が侵されない
「いい子」が現れる。

殴られても根に持たない
裏切られても許す
友情がなくても相手がいい人と錯覚して受け入れる

そして精神的に成長しない。

サイコパスレベルのゲスはリアルに存在していれば嫌われるのが当然だ。
しかし、サイコパスでも受け入れられるようなキャラクターがいることで
ゲスにとって生きやすい、心地よい空間が描かれている。

精神的な成長がないのも、天真爛漫さが失われるとゲスキャラにとって都合が悪いからではないか。
誰にも想われず、ただただ相手を肯定するだけの「いい子」が存在することに痛々しさすら覚える。

「ゲスであることを肯定したい」

だから「ゲスを受け入れてくれるキャラクターを生み出す」
しかし、結果としてサイコパスレベルの振る舞
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告