中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

キラー・リーディング 「仕事脳」が劇的に回り出す最強の読書法 (JBシリーズ) 単行本 – 2007/9/19

5つ星のうち 4.0 25件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 500 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人気ブログ『通勤快読』を主宰する「年間3000冊読破の毒書王」が教える、誰にでもできる読書法。従来の速読法や「てこの原理(レバレッジ)」の読書法とは一線を画す著者独自の読書法で、「速読」「多読」「省読」の三位一体リーディングで、「仕事脳」が劇的に回り出す。仕事脳つまり、1思考力、2判断力、3企画力、4説明力、5問題解決力がオールラウンドにフル回転する…その秘密を、実例と実際の書物をとり上げて、やさしく解説。あわせて、読書法を強力にサポートする道具術も紹介する。

内容(「BOOK」データベースより)

人気ブログ『通勤快読』を主宰する「年間3000冊読破の毒書王」が教える誰にでもできる読書法とは。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 実業之日本社 (2007/9/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4408107107
  • ISBN-13: 978-4408107103
  • 発売日: 2007/9/19
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 458,819位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 この本、本当に買って良かった。実は、本屋で手にとって帯の裏をみたとき、リーディング・スキルが15個も載っていて、しかもほぼすべてが英語の命名。わかりにくいしこんなにスキルを習得しないとダメなのかと棚に戻しかけたが、何となく滑り込みで残った。
 実際に読み始めたら面白くてとまらなかった。
 やはり年間3000冊というのは半端でない。いや、天文学的数字である。毎日休まずに8冊読んでも達成しない数字である。
 でもその疑問には正直に答えている。うち2割の600冊は、目次に目を通しただけでブック・オフ行きらしい。逆に「当たり!」の本も600冊しかないと言っている。「これら600冊がすべてインテリジェンスたっぷりの本ならいいけれども、現実は1冊のなかでもほんの数ページ、いや、数行、数文字しかないことがほとんどなのである。わたしの経験でいちばん多かった本でも10ヵ所もあればいいほうだと思う」とのこと。
 数あるリーディング・スキルの中で核となるのは、1の「キラー・ワード×キラー・フレーズ」の法則と、2の「速読×多読×省読」の法則の2つ。
 「速読」は時間当たりのスピードを速めること。「多読」は数量を求めること。偏食せずに何でも読む、あるいは特定分野を集中的に読むこと。「省読」は「キラー・ワード、キラー・フレーズにポイントを絞りながらトレースし
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
年間3000冊の本を読み、コンサルティング活動や映画プロデューサー業をする傍ら、現在まで170冊もの著作を持つ、超人的な著者が「知的生産としての読書法」を紹介する本。

この「キラー・リーディング」とは、「速読」、「多読」、「省読」(ポイントを絞って読む方法)を組み合わせ大量の本を読み込んでいく方法である。単に本の読み方に留まらず、「読書によって得た知識を、知恵に、そしてアウトプットにつなげるためのノウハウ」について、文献を例示しながら、具体的に言及されているところが読んでいて非常にタメになる。本書を読めば、本を読むスピード上昇が図れるだけでなく、今後の知的生産活動に貢献してくれるだろう。

個人的には、「読書の偏食をしない」というフレーズが、偏りがちな読書をしている自分にとって、自らの読書を見直すきっかけになった。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読書を完全に「アウトプットのため」と意識している結果が、
「年間3000冊」という「フロー」になるのだと感じた。
これを単に「読書」という「インプット」ありき、で始めてしまうのが
「普通の人」なのだろう。
目的を持たずに読んでいては、こんなに数はこなせないということか。
同じビジネス書を読んでいながら、「趣味」で満足している自分が
ちょっと恥ずかしかった。

また、著者の目にかなった本と、それらの本に含まれる
「キラー・フレーズ」の数々も必読。
自分もそこにあった本を何冊か注文して、同じ部分がヒットするか
確認するつもり。
今後は、自分の読書も「知的消費」から「知的生産」へと変えていきたい。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 三水 VINE メンバー 投稿日 2008/6/6
形式: 単行本
読書術について多くのヒントが書かれていることは間違いないので、星三つ。しかし、読書術関連の本を何冊か読んだ人にとっては、目新しいことはほとんどない。例えば、目次を見ること、80:20の法則、問題意識の重要性などは、大抵の読書術本には書かれている。アウトプットの方法も、カードの利用など周知の方法が多い。しいて新しいことといえば、デジタル機器による情報整理にページをさいていることだろうか。
それよりも問題なのは、内容に寄り道、雑談が多いこと。特に著者自身について語る部分が多すぎ、「方法論」よりも個人のブログに近い印象がある。本文中に「一冊の本の中で読むに足る部分は良くて数ページ、せいぜいは数行」というフレーズがあるのは、著者の開き直りを示しているのかもしれない。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
1冊の本を丁寧に読むよりもざっと読み、8割を抑えるだけで十分という筆者の見解は画期的なものであった。そのプロセスや読み方により、1ヶ月の本を読む量も事実倍増した。

ただ、速読と違い読み飛ばしていく方法なので、ビジネス書には有効であるが、小説、難解な本には使えない。そして、何より筆者のように膨大な数をこなしていない私にとっては、大事な部分の見極めが難しく感じた。従って、ビジネス本の読む量は増えたが、それ以外の本は以前として読む早さは変わらないことに注意したい。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー