通常配送無料 詳細
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
キラーストレス―心と体をどう守るか (NHK出版新... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

キラーストレス―心と体をどう守るか (NHK出版新書 503) 新書 – 2016/11/8

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 725

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • キラーストレス―心と体をどう守るか (NHK出版新書 503)
  • +
  • スタンフォード大学 マインドフルネス教室
  • +
  • ~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門
総額: ¥4,406
ポイントの合計: 115pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

そのストレスは、ある日突然、“死因"に変わる

NHKスペシャルシリーズ「キラーストレス」の出版化。知らないうちに、私たちの心と体をむしばむストレスを“キラーストレス"と名付け、そのメカニズムを最先端の知見で明らかにしていく。また、効果が実証されている「コーピング(ストレス対処)」や、世界で話題の「マインドフルネス」など、さまざまなストレス対策法を紹介する。ストレス大国ニッポンに生きる人々に警鐘を鳴らす一冊。


[内容]
第一章 これがキラーストレスの正体だ
第二章 脳を破壊するキラーストレス
第三章 体をむしばむストレスの暴走
第四章 対策I 脳を変化させる運動と病を防ぐ食生活
第五章 対策II ストレスを観察し対処するコーピング
第六章 対策III 世界の注目を浴びるマインドフルネス
終 章 ストレスから子どもを守る

いますぐあなたのストレス度が分かる ライフイベントストレスチェック付き!

内容(「BOOK」データベースより)

NHKスペシャルシリーズ「キラーストレス」の出版化。知らないうちに、私たちの心と体をむしばむストレスを“キラーストレス”と名付け、そのメカニズムを最先端の知見で明らかにしていく。また、効果が実証されている「コーピング(ストレス対処)」や、世界で話題の「マインドフルネス」など、さまざまなストレス対策法を紹介する。ストレス大国ニッポンに生きる人々に警鐘を鳴らす一冊。


登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: NHK出版 (2016/11/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140885033
  • ISBN-13: 978-4140885031
  • 発売日: 2016/11/8
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,296位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
NHKで放送したドキュメントを書籍した内容だそうです
現代はストレス社会です、なんていまさらって感じですが…新手のストレス解消法として”マインドフルネス”という欧米式のリラックス方法が新聞で紹介されていました。それに関連してこの本も紹介されていたので買ってみた次第です。
都会はストレスの温床で田舎住まいはその逆で…とか当たり前のことを改まって書いてあったりもするんですが、今自分自身がストレスに晒されていて疲れているんじゃないか??なんて状態を再確認する意味ではよかったです。ストレスを自覚して意識することは大事だと思いますし…

ネタばらしにはならない程度に内容に触れますが
ストレスの原因を避けること、家族や友人などサポートしてくれる仲間を持つこと、日常に笑いをもつこと、食事など生活習慣を見直し定期的な運動を続けること、瞑想すること…以上を組み合わせていけばストレス社会に潰されずに強く向き合えるんだそうです(当たり前といえば当たり前ですが…)。
面白いな~と思った点は、コーピングという言い回しの”気晴らし” が大事なんだそうです。例えるならば、買い物したり毎日の晩酌とかペットと遊んだり映画みたり楽器演奏したり、といった些細な”気晴らし”を指すことのようです。その数が多いほうが自由時間により解放感を得られて疲れやストレスを溜め
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 しょうゆ トップ1000レビュアー 投稿日 2016/11/21
形式: 新書
人間ストレスのバランスが大事です

多すぎても心と体が壊れちゃうし
全くなくっても人格壊れちゃうし

この本はそのキラーストレスを程よく緩和するための本でスラスラと読めて心地いいです
実際読んでみると「あれこれ、自分もやってる」というのが結構でてきますしやってないこともたくさんありますので
参考になると思います、キラーストレスとは?→実戦→解消なっていますのでわかりやすいのでおすすめです
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 クマ #1殿堂トップ10レビュアー 投稿日 2016/11/29
形式: 新書
「キラーストレス」とはただのストレスではない。幾つものストレスが複合的に重なり
合って体に作用を及ぼすもので、命にかかわる重大なものである。
「ライフイベント・ストレスチェック」というチェックリストでストレス度が得点表示されるが、
250点を超えると注意レベルとなり、300点を超えた段階で病気を誘発する状態になる
という。

ストレスとは環境の大きな変化によるものであるが、生きて行く上では必要なもので、
もし目の前に突然敵が現れた時、戦うか、逃げるかを決定するのが「ストレス反応」と
いうものらしい。これがないと人間の体は最大のパフォーマンスを発揮する生存メカ
ニズムが働かない。しかし、その原始的反応が現代人にとってはネガティブな要素と
なっている。

このストレスの中で特に「我慢するストレス」を慢性的に受けている場合が、仕事や
家族に起因するもので「マインド・ワンダリング」と呼ばれる悪い思考習慣に支配され、
増幅されていくものである。さらに、このストレスホルモンによって、ガンを発症し、
一年後の生存率についてもストレスの少ない人と比較した場合、半分ほどになるという。

この本では人への悪影響だけではなく、ストレスに対する最新の研究も紹介されている
ので、一度読んでみる価値はあると思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 なんちゃって、お遍路くん トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/11/16
形式: 新書
 NHKスペシャルでやっていましたね。
 見逃してしまったので、この本を読みました。

 総花的で、時間制限がある中でまとめ過ぎたのではないかと思うところはありますが...
最新の研究成果も示されていて、シンプルでわかりやすいと思います。

 「頑張るストレス」にはダウン系のコーピングを、「我慢するストレス」にはアップ系
のコーピングを、など。マインドフルネスの効果を「マインド・ワンダリング」を止めて、
扁桃体を休憩させると説明するところなどは、なるほどねと納得できます。

 2時間ほどで読めます。損はないかと思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック