• ポイント: 26pt (3%)
通常配送無料 詳細
残り17点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
キラキラネームの大研究 (新潮新書) がカートに入りました
+ ¥ 352 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 TKS's Shop
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■中古本のため使用感はございますが、紙面は良好でございます。■Amazon専用在庫につきキャンセルはありません。 ■全品簡易クリーニング済み。 ■通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。 ■付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ■シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。 ■Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ■不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

キラキラネームの大研究 (新潮新書) 新書 – 2015/5/16

5つ星のうち 4.2 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 842
¥ 842 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで日用品等が30%OFF 1 件


booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「7813」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売、発送する【A】対象の日用品等 と【B】ドラッグストア、ビューティー、食品、飲料、お酒、ベビー&マタニティ、ペット、ホーム、キッチン、おもちゃ、書籍、スポーツ、家電・オフィス用品 をまとめて購入すると、注文確定時に【A】が30%OFF。2018/10/10(水)から2018/10/30(火)まで。詳しくはキャンペーンページをご確認下さい。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • キラキラネームの大研究 (新潮新書)
  • +
  • 子供の名前が危ない (ベスト新書)
総額: ¥1,583
ポイントの合計: 50pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

苺苺苺と書いて「まりなる」、愛夜姫で「あげは」、心で「ぴゅあ」。珍奇な難読名、いわゆる「キラキラネーム」の暴走が日本を席巻しつつある。バカ親の所業と一言で片づけてはいけない。ルーツを辿っていくと、見えてきたのは日本語の本質だった。それは漢字を取り入れた瞬間に背負った宿命の落とし穴、本居宣長も頭を悩ませていた問題だったのだ。豊富な実例で思い込みの〝常識〟を覆す、驚きと発見に満ちた日本語論。

序 章 「キラキラネーム」という名のミステリー 9

第一章 なんでもありの「キラキラ界」 22

第二章 なぜ読みにくい命名をするのか 49

第三章 無理読みは伝統だった 79

第四章 言霊がつくったややこしい状況 108

第五章 「読めない名前」の近代史 138

第六章 明治期のエリートはなぜ珍名を好んだのか 166

第七章 ついに「断層」が見えてきた 200

終 章 「感字」、侮るべからず 235

【コラム】
1 伝統の角界にも出現した「キラキラ四股名」 48
2 キラキラ人、わが大学に集まれ!?  78
3 タカラジェンヌはキラキラネームの元祖? 107
4 中国の驚きのキラキラネーム「@」 137
5 英語圏のDQNネーム事情 165
6 ああ、絶滅危惧ネーム「木綿子」 199
7 ラノベ作家はカルさが命!?  234

内容(「BOOK」データベースより)

苺苺苺と書いて「まりなる」、愛夜姫で「あげは」、心で「ぴゅあ」。珍奇な難読名、いわゆる「キラキラネーム」の暴走が日本を席巻しつつある。バカ親の所業と一言で片づけてはいけない。ルーツを辿っていくと、見えてきたのは日本語の本質だった。それは漢字を取り入れた瞬間に背負った宿命の落とし穴、本居宣長も頭を悩ませていた問題だったのだ。豊富な実例で思い込みの“常識”を覆す、驚きと発見に満ちた日本語論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 256ページ
  • 出版社: 新潮社 (2015/5/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 9784106106187
  • ISBN-13: 978-4106106187
  • ASIN: 4106106183
  • 発売日: 2015/5/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 11.3 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,245位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2016年9月18日
形式: 新書Amazonで購入
2016年11月17日
形式: Kindle版Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年11月28日
形式: 新書Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2016年3月23日
形式: 新書
57人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年5月31日
形式: 新書Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年9月3日
形式: 新書Amazonで購入
2016年8月31日
形式: 新書
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2015年8月10日
形式: 新書
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告

最近のカスタマーレビュー