この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

キューピッド&サイケ85

5つ星のうち 4.8 17件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の スクリッティ・ポリッティ ストア


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • CD (1996/7/24)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 60 分
  • ASIN: B00005GOAG
  • JAN: 4988006720893
  • 他のエディション: LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 278,337位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. ザ・ワード・ガール
  2. スモール・トーク
  3. アブソルート
  4. ア・リトル・ノリッジ
  5. ドント・ワーク・ザット・ハード
  6. パーフェクト・ウェイ
  7. ラヴァー・トゥ・フォール
  8. ウッド・ビーズ(アレサ・フランクリンに捧ぐ)
  9. ヒプノタイズ
  10. フレッシュ&ブラッド
  11. アブソルート(12インチ・ヴァージョン)
  12. ウッド・ビーズ(12インチ・ヴァージョン)
  13. ヒプタノタイズ(12インチ・ヴァージョン)

商品の説明

メディア掲載レビューほか

日本デビューとなったセカンド・アルバム。「ヒプノタイズ」「パーフェクト・ウェイ」「アブソルート」他、全13曲。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
若かった当時、LPをカセットテープに落として聴きまくったねー。一日3回、丸3年。
わが人生で空前絶後のへヴィー・ローテーション。
発売当時の英版・日本版の6.Perfect Wayの方が米版より好きです。
手厳しいピーター・バラカンの番組でスクリッティの曲はよくかけていた。
哲学的歌詞と、きらびやかだがしっかりとした音。
当時の和洋ポップスにどれだけの影響をもたらしたことか。
アリフ・マーディンの関わった曲もすばらしい。
「アレサ・フランクリンのように祈るんだ。」
「君の【無】はなんてステキなんだろう。」
これらの詞が後の「Philosophy Now」へつながることになる。
私の棺には是非入れてください。ダイオキシンの問題があれば墓前に。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
一番最初はたぶんオリジナル発売当時。坂本教授のFMの番組でHYPNOTIZEを聴いて一気にはまりました。
当時はまだCDなんてなかったけど、LPでも充分素晴らしかった音を、今こうしてCDで聴けるのは嬉しい限りです。
初めて聴いた頃を思い出すという意味では懐かしいんだけど、今聴いてもちっとも古くない。その辺の微妙な感覚がすっごく気持ちいいです!買って大満足♪
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
間違いなく80年代を代表するAlbumの1つでしょう。高音が気持ちいいのでWalkmanで外を歩くにはぴったりです。1stもMusician's favoriteとしてよくとりあげられますが、音の鮮明度で言えば、こちらのほうが分かりやすいしPopじゃないかな。根底に流れるSoul Musicへの尊敬の念みたいなのが単なるSynthesizer音楽とは一線を画しているのではないでしょうか。Greenは後にレゲエのMusicianともシングルを出したりしますが、その原点とも言える♪Word girlがここで聞けます。
お店で試聴するときは♪Woodbeezをまず聞いてみてね
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
シンセの音色。グリーンの歌声。80年代なメロディ。一見口当たりの良いポップスだが、その裏には緻密な音作りへの執念も感じられる。オブセッション。そうレゲエのリズムとエレピの音色。実は21世紀に聞くべき未来型ポップスかもしれない
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
間違いなく80年代を代表するAlbumの1つでしょう。高音が気持ちいいのでMP3プレーヤで外を歩くにはぴったりです。1stもMusician's favoriteとしてよくとりあげられますが、音の鮮明度で言えば、こちらのほうが分かりやすいしPopじゃないかな。根底に流れるSoul Musicへの尊敬の念みたいなのが単なるSynthesizer音楽とは一線を画しているのではないでしょうか。Greenは後にレゲエのMusicianともシングルを出したりしますが、その原点とも言える♪Word girlがここで聞けます。
お店で試聴するときは♪Woodbeezをまず聞いてみて下さい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
発売された当時まだまだ電子楽器は発展途上の時代でした。この頃のいわゆるテクノロジーの面では最新機材を使い今まで聞いた事のない音が満載でかなり衝撃的なアルバムだった様に思います。またグリーンの甲高い声との相性もよかったです。また歌詞やメロディも一筋縄ではない作り。グリーンのルックスでヤオイ系のファンにも注目されていたなぁ。私自身このアルバム聞いた以降音楽の聞き方が変わったのは言うまでもありません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
やっぱりこのアルバムはすごい。
20年前、坂本龍一が紹介したのだったか、なぜこのバンドをチェックしたのかを想い出せないのだけど、確か当時業界関係者で一大ブームが起きているとかで、初めて聴いたときの衝撃は忘れられない。
買ってみて、やっぱりこのアルバムのすごさを感じました。
エレクトロポップの教科書のような、ある意味金字塔のようなアルバムだったんだなぁと思いますね。
もちろん、懐かしむだけじゃなく、今聴いても楽しい音作りですよ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
20年以上も経っているのにこのセンスの良さ。以前も好きでしたが、今でもやはりこのアルバムはベストです。グリーンの感性に☆5つ
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ここに収められている「Perfect way」を初めて聴いた時、当時の楽曲の中では斬新なリズムアレンジとコンピューターサウンドの音使いのセンスで、さらに黒っぽくてクールなフレーズなのに歌ってるのは白人のそれも女性みたいなボーカルでとても衝撃的な出会いだったと思います。それ以来あまり触れる機会がありませんでしたが、ある店で流れてきたのが誰かがカバーしたこのナンバーで、その時はどこかで聞いたことある曲なんだけど思い出せずで、しばらく時は流れ・・ある日VTRの整理中、昔やってたSONY MTVのVTRを見ていた時、突然流れてきて「おおっ!これだ!」と言うことで最近入手しました。アルバムを通して聴くのは初めてでしたがさすが今聴いても斬新な作品だなと感じました。少しシンセサウンドが20年以上前の古臭さはありますが、聴いて損はないと私は思います。リズムアレンジは絶品。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー