通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始ま... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■【通常24時間以内に発送】■コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包し、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書) 新書 – 2011/2/9

5つ星のうち 3.5 79件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)
  • +
  • キュレーション 収集し、選別し、編集し、共有する技術
  • +
  • キュレーション 知と感性を揺さぶる力 (集英社新書)
総額: ¥3,737
ポイントの合計: 230pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

情報の常識はすべて変わった!
テレビ、新聞、出版、広告――。マスコミが亡び、情報の常識は決定的に変わった。ツイッター、フェイスブック、フォースクエアなど、人と人の「つながり」を介して情報をやりとりする時代が来たのだ。そこには人を軸にした、新しい情報圏が生まれている。いまやだれもが自ら情報を選んで、意味づけし、みんなと共有する「一億総キュレーション」の時代なのである。シェア、ソーシャル、チェックインなどの新現象を読み解きながら、大変化の本質をえぐる、渾身の情報社会論。

キュレーション【curation】
無数の情報の海の中から、自分の価値観や世界観に基づいて情報を拾い上げ、そこに新たな意味を与え、そして多くの人と共有すること。

内容(「BOOK」データベースより)

テレビ、新聞、出版、広告―。マスコミが亡び、情報の常識は決定的に変わった。ツイッター、フェイスブック、フォースクエアなど、人と人の「つながり」を介して情報をやりとりする時代が来たのだ。そこには人を軸にした、新しい情報圏が生まれている。いまやだれもが自ら情報を選んで、意味づけし、みんなと共有する「一億総キュレーション」の時代なのである。シェア、ソーシャル、チェックインなどの新現象を読み解きながら、大変化の本質をえぐる、渾身の情報社会論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

プロローグ ジョゼフ・ヨアキムの物語を読む [PDF]
  • 新書: 314ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2011/2/9)
  • ISBN-10: 4480065911
  • ISBN-13: 978-4480065919
  • 発売日: 2011/2/9
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 79件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 39,746位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
確かに著者には私たちの多くが未だ見えぬ世界を、
広大な未来のネット社会が見えているのかもしれない。

しかしお洒落っぽいエピソードの羅列、それらは
ひとつひとつ極めて興味深いお話なのだが
果たしてそれらが本当に来るべき世界像なのか
単なる衒学に彩られた芸術家気取りのネタなのだか、
正直すっきりとしない。

新しい時代を現すのであろうカタカナ語の羅列も
よく読むと新しい概念というよりも、
既存の概念を少し言い換えただけのものも散見。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
歴史を遡り古今東西の様々な事例をもってきて無理矢理自らの結論を導き出そうとしている。
そこには著者の実力を超えたものを書こうとした無理があるように感じる。
言い方を代えれば、文章量を無理矢理増やし、一冊の本に早急に仕上げる為にそうした事例を集めているように感じる。
専門をもたないライターが落ちろ易い本造りの典型的な過ちのように感じる。
1冊の本を仕上げる前の、雑記帳、資料集のようだ。
内容の不必要な箇所を本書の3分の2程度削って仕上げればそれなりの良書ができたのでは。
要はもっとしっかりキュレーションをしてから最終原稿にしてほしかった。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
■概略
「グーグルGoogle - 既存のビジネスを破壊する」や「電子書籍の衝撃」などの著作を持ち様々なジャンルをてがけるジャーナリスト・佐々木俊尚氏が、マス・マーケティングの変容やフォースクエアの画期性などを題材に、情報過多の時代を生きる術を紹介している。「キュレーション」とは、「無数の情報の海の中から、自分の価値観や世界観に基づいて情報を拾い上げ、そこに新たな意味を与え、そして多くの人と共有すること」(本文より抜粋)。

■感想
まず最初に断っておきたいが、僕個人は佐々木氏の著作をいくつか読んだことがあり、かつツイッターでもフォローさせてもらっていていつも有益な情報を頂いて、その情報収集能力にいつも驚かされている。はっきり言ってすごい人だと思う。そして今回の作品も題材はとてもリアルタイムな話で面白く、そこここに色々と考えさせられる部分があり佐々木氏は本当に素晴らしい洞察の持ち主だと感心させられる。

が、全体的にみると、残念ながら本書は佐々木氏特有の「情報全部出し」の書き方のせいで相当読みにくい出来になっていると感じた。僕がそう感じた原因は3つある。

まず、難しい単語が多い。どうやら佐々木氏はその業界で使われている専門用語をそのまま引用するというスタイルのようだが、 タイトルにもなっている「キュレ
...続きを読む ›
コメント 148人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 san74 投稿日 2011/4/23
形式: 新書
話題の著者で、最近の著作は読んできたが
残念なことに、これが一番不出来だったと思う。

内容が散漫で読みにくい上に、借り物の議論が多い。

自分(だけ)が興味があるものを、つなぎ合わせて
これが「キュレーション」という。

主張の仕方も、主張の中身も「牽強付会」だった。
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「ツイッター、フェイスブック、フォースクエアなど、人と人の「つながり」を介して情報をやりとりする時代が来た」
「だれもが自ら情報を選んで、意味づけし、みんなと共有する「一億総キュレーション」の時代」

えーっと、これは言い換えますと、「(自分で一から考えることなく)ネットで情報を拾ってきて使えばいいのです」ってことのようです。
というのも著者の佐々木氏、先日ツイッター上でパクリロゴデザイナーの佐野研二郎氏を擁護して、以下のように発言されたんです。

「既存のイメージをデザイナーがコピーするのは、これはデザイン業界のみならず音楽やアートの世界では文化として慣習的に行われてきたことであり、それは否定されるべきではない」

えーっ? あちこちからパクってきてアレンジして使うのがデザイナーの仕事であり慣習だというのなら、そんなものに大金払う必要はないのでは!? せいぜい「アレンジ料」として1件5000円くらい受け取れば十分でしょう?

まあきっと佐々木氏も、特にこれと言った専門も無いライターなので、あちこちで既出の議論を拾ってきてつなぎ合わせて著作を生みだしてきたのでしょうね。そんな著書を高い金出して買う必要はありません。
1 コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す