この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

キュッと曲がって90度! 関西オノマトペ用例集 単行本(ソフトカバー) – 2010/3/12

5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 980

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

著者について

ラジオでおなじみパーソナリティの豊島美雪と、天満スイッち編集室の真柴マキ&福信行、構成作家の尻谷よしひろ、妄想イラストレーターのハピネス☆ヒジオカによる「こそっと関西オノマトペ研究会」。どばーっと、ばしーんと、ガツーンと、関西人のオノマトペの使い方を楽しく解説します。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 64ページ
  • 出版社: 組立通信; 初版 (2010/3/12)
  • ISBN-10: 4903831035
  • ISBN-13: 978-4903831039
  • 発売日: 2010/3/12
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 215,537位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
関西の中でもちょっと違う使い方もあるんだ、おもしろいなと思います。
用例が結構参考になります。

本文の一部
えらい
通常はほめ称える、または疲労困憊を指す言葉として使われるが
関西では特にすごい、すごくの意として使用される。
さらに強調したい場合はえらいがえっらいとなる。
用例 子供の頃って、またえっらい昔の話やなぁ~
カツカツ
今の状態を辛うじて保っているさま。
限度いっぱいで余裕のないさま。ぎりぎり。
奈良時代以前に使われていた上代語の中の且つ且つ(かつがつ)が語源で
耐える・こらえるという意味のかつを重ねてできた言葉。
用例 給料少ないし、今月もカツカツやわ
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ゴールデンレトリバーと
ラブラドールレトリバーの違いを聞かれたとき、
「シュッとしてる方が、ラブラドール」と、
言って、分かってもらえなかったことがあった。
そのときの友達にプレゼントしたい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
最初から。「ふんふん」いつも私が発してる言葉がずらり!!   

同じ擬声語が。自然と大笑い。一読必見の価値、大あり。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「はなまるマーケット」か何かで取り上げられていて、
関西人の端くれとしては気になったので購入。
結論から言えば、なかなか面白い。
「どばっと」等、関西弁独特の数量(?)表現を
写真で具体的に表したり、イントネーションを
楽譜で表現しているところはよい着眼点だと思う。

ただ、ねらってやっているのだとは思うが
「用例集」と銘打っている割には
全般的に造りが雑誌っぽく、よく出来ている部分と
割とどうでもいい部分のギャップが激しく、
見た目ほどは読み応えがないのが残念。
イラストや漫画があちこちに散在していて、
関西人的に言えば「わちゃわちゃ」した印象がある。

買うなら、ネタ本と割り切ろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「うにうに」とか知らない言葉も紹介され、最新の話し言葉を知るのに役立つと思う。
オノマトペは簡単で明日から使えるので、なんちゃって関西弁の人の人には便利。
テレビから入ってくるのか、標準語だと思っていた言葉が実は関西弁だと知って驚いた。
関西弁も実は中身がいろいろ(河内弁や摂津弁など)だけど、そこの説明がなかったのが玉にキズ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック