この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

キャンディ [DVD]

5つ星のうち 4.3 15件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 14,800より 中古品の出品:11¥ 4,279より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジェフリー・ラッシュ, ヒース・レジャー, トニー・マーティンノニ・ハズルハースト, アビー・コーニッシュ
  • 監督: ニール・アームフィールド
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2008/02/22
  • 時間: 108 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 15件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0011DPC0I
  • JAN: 4988102472832
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 130,415位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

ドラッグに溺れながらも究極の愛を目指す二人。2006年ベルリン国際映画祭を賛否の渦に巻き込んだ愛の問題作、いよいよリリース!

互いに愛し合いながらもドラッグに溺れて転落していく男女が辿る真実の愛への長い道のりを、赤裸々かつ繊細に描いたドラマ。主演は「ブロークバック・マウンテン」のヒース・レジャーとオーストラリア期待の新星アビー・コーニッシュ。原作は詩人でもあるルーク・デイヴィスの同名小説。監督は舞台演出家として世界的な実績を持つニール・アームフィールド。 詩人志望の青年ダンは、画家を夢見る美女キャンディと出会い恋に落ちる。ダンがヘロイン常用者だったことから、ほどなくキャンディもドラッグの世界にハマっていく。やがてキャンディは、ドラッグを手に入れるため街頭に立ち身体を売り始める。そんな彼女の決意を、ダンは黙って受け入れることしかできない。ドラッグとセックスの刹那的な生活を送りながらも、確かな愛を疑わない2人だったが…。

◆2006年ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品
◆2006年オーストラリア映画批評家サークル賞最優秀主演女優賞受賞/最優秀助演男優賞受賞
◆2006年オーストラリア映画協会賞最優秀脚色賞受賞
◆2006年オーストラリア脚本化協会賞最優秀脚色賞受賞
◆2007年6月日比谷シャンテ・シネ、渋谷シネアミューズ他全国劇場にて公開


〈スタッフ〉
監督・脚本:ニール・アームフィールド/原作・脚本:ルーク・デイヴィス/撮影:ギャリー・フィリップス(『ポエトリー/セックス』)/プロダクションデザイン:ロバート・カズンズ/衣装デザイン:ジョディ・フリード/編集:ダニー・クーパー/音楽:ポール・チャーリアー


〈キャスト〉
ヒース・レジャー(『ブロークバック・マウンテン』)/アビー・コーニッシュ(『プロヴァンスの贈り物』『エリザベス ゴールデン・エイジ』)/ジェフリー・ラッシュ(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ)/トニー・マーティンノニ・ハズルハースト

Amazonレビュー

家族から見放された孤独な詩人ダンと画家志望のキャンディは愛し合うカップルだったが、ふたりともドラッグ依存症だった。薬でハイになっている日々は、楽園のようだったが、やがてお金が底をつき、キャンディは娼婦として働き始める。そんなふたりが結婚、妊娠…。ふたりは子供を授かったことで麻薬をやめる決心をするが、その後、禁断症状に苦しめられ、そして悲しい現実に直面する…。
『ブロークバック・マウンテン』の名演で一世を風靡したヒース・レジャー主演作。詩人と画家のカップルはドラッグに溺れることがとてもロマンティックなことだと考えているが、映画はそんなふたりの社会性のなさ、幼さ、その行為がどんなに人間をおとしめる行為かというのを、厳しく捉えている。甘えた幼い愛から、ふたりが大人になってゆくプロセスは壮絶だが、ラストはふたりの再出発を予感させ、希望の光に満ちていて、切なくも美しい。ヒースはもちろん、キャンディ役のアビー・コーニッシュほかジェフリー・ラッシュなど俳優たちの名演も一見の価値ありだ。監督は舞台の芸術監督出身のニール・アームフィールド。(斎藤香)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

ドラッグにおぼれていく2人。そこから何度も抜け出そうとするが辛い現実に負けてしまう。安いアパートで家賃を滞納、盗みをして金に換金したり、時には身体を売ったり…。悲惨な人生を描いています。俳優たちの演技がリアルで、苦しい現実を生々しく描いていました。

ドラッグの危険性、そこから這い上がろうとする2人の男女の苦悩、それを心配する両親との人間関係。とてもシリアスな内容です。観ながら自分自身怖くなってしまうほどでした。

あとヒースレジャーの死が残念でならないです。今まであまり好きな俳優ではなかったけれども、この映画ではシリアスで難しい役どころをとてもうまく演技していました。死んだことを知った時はあまり関心が湧かなかったけれども、この映画を観て非常にもったいないと残念でならないです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
麻薬で人生を変えられた若者の物語 映像の美しさと自虐的な物語そして音楽三拍子揃った
傑作 一度嵌ったら抜け出せなくなる麻薬の恐怖・麻薬と必死に戦うが徐々に追い詰められていく
ジェフリーラッシュの迫真の演技が見事で痛々しくて悲しいストーリーで画面から目が離せません
正に詩の世界で 口紅で家に大量の文字を書くところなど衝撃的です
最後のエンディングでキャンディのナレーションが静かに入ってくるところも実に良いです
これぞ愛の物語 感動です
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 まず、この映画は詩であって芸術であって、それを堕落的だ破滅的だと社会的正論で眺めるのは損をするし本質から遠ざかる。
 ドラッグと合わせて恋に依存する二人には快楽と愛への没入が全てであって、その前では売春もあらゆる社会的規範も錯視されその重みを失う。
 こういう理性を失った刹那的生活は永遠の憧憬であり、だからこそ美しく輝く。
 へなちょこヒース(映画界の宝)の愛が本物なのかどうかは、ラストではっきりとわかります。

 あんまり僕は劇中のセリフとかは覚えないのだけれど、二人が結ばれてとにもかくにも幸せムード満点のときに、マックで交わす二人の会話、最高にカッコよくて可愛くて美しい、キャンディのセリフが忘れられない。
 
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Junkie同士の切ないLove Storyだと言えば、聞こえは良いけれど、万引きするは、盗んだ財布のCash Cardから金引き出すは、売春するは、反社会行動しかしない社会のクズのような男女のLove Storyだから、
全編不快感極まりない物語である。
でも鑑賞後の感想はなんとなく清々しいのは何故なんだろう。
と言う事で、ちょっと不思議な作品ではあります。

禁断症状のSceneは二人とも「フレンチコネクション2」のジーン・ハックマン顔負けの鬼気迫る演技で、Drugのえげつなさは十分伝わりますし、
Candyの両親の苦悩も病院の帰りダンへ父親が言い放つ言葉で痛いほど伝わってくるので、作品そのものの出来は上々だと思う。
唯、冒頭に記述した通り、この二人の行いに対しては全く共感は持てません。

ジェフリー・ラッシュとヒース・レジャーがJunkie仲間の繋がりであのように親しくなったのか、
そのあたりの説明も全く不足しているので、ヒースが父親のように慕っている点も、
なーんか不可思議ではありましたね。

どちらにせよ、我が家の娘には絶対に観せたくない作品の一本です!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ヒース・レジャーが演じるジャンキーのダンは、
優し気だけど争い事が嫌いなだけのヘナチョコロクデナシ。
美しい恋人キャンデイが売春で稼いだお金をヘロインに使う最低のヒモ男ですし…。
なのに…なぜかこの2人に感情移入してしまう。

プールで泳ぐ二人は、まるで空を泳ぐように気持ち良さそう。
2人の抑揚のある声に包み込まれるように流れる切ない詩のナレーション。
ドラッグにおぼれる最低の2人だと思いつつ見放す事が出来ない可愛げがある。

儚い天国を夢見ながら、地獄に落ちて行く2人。
しっかり地獄も見せるのに、自分の感覚で見てしまう部分が多かったような気がする。

そして、怒らず騒がず相手を引き立てる難しい役を難なく演じ、
それでも魅力的になってしまうヒースってやっぱり凄い。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー