おすすめ商品の読み込み中

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
現時点では、おすすめはありません
ショッピングを続ける
現在在庫切れです。
この商品の再入荷予定は立っておりません。

キャリーカート キャリーワゴン フルスペック CAMPING BUDDY 地球家

5つ星のうち4.5 8個の評価

現在在庫切れです。
在庫状況について
この商品の再入荷予定は立っておりません。
ブランド CAMPING BUDDY
ネイビー
材質 ポリウレタン
商品の重量 13 Kg

この商品について

  • サイズ(約):使用時/収納時:長さ115×幅60×高さ96cm/縦77×横60×幅16cm
  • ・荷台のサイズ (約):長さ85×幅46×高さ30cm ・後部収納のサイズ (約):長さ46×幅20×高さ20cm
  • 重量(約):13kg 耐荷重:120kg
  • 素材:本体フレーム:本体フレーム:プラスチック、鉄・カバー/本体生地:ポリエステル・タイヤ:PU発泡ホイール ※ゴムではありません
  • カラー:商品タイトルに記載のカラーとなります。
もっと見る

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

商品の情報

詳細情報

登録情報


商品の説明

キャリーカート キャリーワゴン フルスペック CAMPING BUDDY 地球家

フルスペックキャリーワゴンとは!?

・ハンドル固定
・ルーフ
・後部収納ポケット
・幅広タイヤ
・収納ポケット(外)
・収納ポケット(内)



タイヤロック機能が付き!


タイヤがでかい!

CAMPING BUDDYのキャリーワゴンはタイヤがでかいので、オフロード・砂道・ガタガタ道でも問題なく走行可能

耐荷重120キロの設計

・しっかりしたフレーム構造
思い荷物が運べるようにフレームの強度を上げるため鉄の重さを1.3mmにし、軽い段差などの動きに耐えられるよう側面・底部の骨組みもしっかりとしたフレーム構造となっています。

・クッション性の高い底板を使用
底部のしっかりとした骨組みに加え、10mmの割れにくい樹脂製の板と、クッション性の高いEVAを使用することで荷物へのショックをやわらげ、運ぶことを可能にしました。

キャリーワゴンの組み立て方

1.カバーを外します。
2.赤いフックを外します。
3.本体の両端を広げ、中央部がしっかり止まるまで広げる。
4.本体の中央を下に押します。
5.ハンドルをロックします。
6.後ろタイヤを両端に広げます。
7.完成

脱着可能ルーフ

ルーフがカバーにもなる。
雨の日や荷物の目隠しに!

ルーフ取り付け方

1.両端についている棒を上まで伸ばします。
2.4本すべて同じ高さまで伸ばしてください。
3.ルーフを片端に被せます。
4.最後に反対側に被せて完成です。

折りたたみ式なので、ココまでコンパクトに!

カラーラインナップ

・グリーン
・ネイビー
・迷彩

【仕様】

サイズ(約):
・使用時:長さ115×幅60×高さ96cm
・収納時:縦77×幅16cm
・タイヤサイズ:幅:約10cm 直径:約17cm
本体重量:13kg
材質:
・本体フレーム:プラスチック、鉄
・カバー、本体生地:ポリエステル
・タイヤ:PU発泡ホイール(ゴムではありません)
耐荷重:120kg
カラー:グリーン、ネイビー、迷彩

★荷物を積む際の参考に
・荷台のサイズ(約):長さ85×幅46×高さ30cm
・後部収納のサイズ(約):長さ46×幅20×高さ20cm

【保証期間】

商品到着後、半年間


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
8 件のグローバル評価
星5つ
50%
星4つ
50%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年8月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 みんなと同じが嫌な人には是非。
ユーザー名: Amazon カスタマー、日付: 2020年8月13日
タイトルにある通り、コールマンのキャリーカートが被るのが嫌な方にはオススメですね。

使ってみていくつかのメリット・デメリットがあるので是非参考にしてみて下さい。

メリット

1.カートの中が広いので荷物が沢山入る。

2.屋根付きなので子供が入ったら喜びます。

3.タイヤが大きく荷物を沢山乗せても安定性があり楽に引く事ができます。(写真は3歳の長男が引いてます)

4.まず被らない

デメリット
1.キャリーカートが13キロあり重い。

2.屋根付きですが、四隅のポールを伸ばして被せてるだけなので強風で飛ばされそうになる。

3.折り畳む際、カートの中央にあるヒモを上に引っ張って畳みますがカートの引き手の部分が地面に当たり引き手の部分が地面に当たり削れる。

ざっくりですが、まぁだいたいこんな感じです。

耐荷重は120キロなのでガンガン使ってます笑
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
2017年8月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 流石!フルスペックキャリーワゴン!
ユーザー名: ふぅ、日付: 2017年8月28日
キャンプで重い荷物をいっきに運ぶためにいろいろなキャリーワゴンを比較して検討しましたがこのキャリーワゴンに決定!
値段は他のキャリーワゴンんより少し高いですが、砂浜でも使用するので太いタイヤ・荷物が沢山積める・後ろにも荷物入れが付いてる・ルーフ付きと言う最高な条件が揃っています!
ルーフ無しタイプもあるようですがルーフ付きのほうがいいと思います。
ルーフがあれば急な雨でも荷物が濡れることもなくルーフを低くして荷物が見えないようにして使用することもできそうです。
ルーフの棒を伸ばしておけば長い荷物を積んでも横から落ちません!
使用時後ろのタイヤを広げ収納時後ろのタイヤを中央によせると言う作業が必要になりますがその機能があるお陰で太いタイヤが邪魔にならずコンパクトに収納できとてもいいです。(YouTubeに動画があり参考になりました)
収納時自立するためにハンドル部分が支えになるため地面にこすれ持つ部分に傷が付いてしまいますがアウトドアで使う道具なので傷は付くものだと思います。
メールの質問にも丁寧に対応してもらい休み前に届くようにすぐ発送して頂き助かりました!
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年1月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2019年11月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2018年11月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入