通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
キャラクターズ (河出文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と木曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

キャラクターズ (河出文庫) 文庫 – 2012/7/5

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 208
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 713
¥ 713 ¥ 34

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • キャラクターズ (河出文庫)
  • +
  • クォンタム・ファミリーズ (河出文庫)
  • +
  • ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2 (講談社現代新書)
総額: ¥2,398
ポイントの合計: 176pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「文学は魔法も使えないの。不便ねえ」批評家・東浩紀とライトノベル作家・桜坂洋は、東浩紀を主人公に小説の共作を始めるが、主人公・東は分裂し、暴走し……衝撃の問題作、待望の文庫化。解説:中森明夫

内容(「BOOK」データベースより)

「文学は魔法も使えないの。不便ねえ」時代遅れの批評家・東浩紀とやぶれかぶれのライトノベル作家・桜坂洋は、起死回生に小説の共作を決意した。発表媒体は文芸誌。主人公はキャラクターとしての東浩紀。しかし主人公・東浩紀は分裂し、暴走を開始する…日本文学界に大いなる異議申し立てをする大問題作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 197ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2012/7/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309411614
  • ISBN-13: 978-4309411613
  • 発売日: 2012/7/5
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 537,174位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
読むのに4時間かかった。

この本は東浩紀と桜坂洋の共作だ。

各パートごとに作者が交代しているのだろう。

各章ごとのキャラクター性や物語の展開が連続性を帯びていない。

だがそれは可能世界に生きているキャラクターだからできるのである。

主人公東浩紀はキャラクター化されていて、偶然世界つまり一つの人生を生きている現実の東浩紀ではないから許されるのである。

この本はキャラクター私小説だ。

小説の随所に思想用語や批評、論壇批判はちりばめられている東浩紀の小説だ。

しかし、扱いにくい東浩紀という人物を上手く描き出している桜坂洋は凄い。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
批評家と作家の二人の小説ということで、読む側としては少し構えて読んでしまいますが、第一印象としては単純に面白く読める物語でした。

また、読んでいて二人の著者のどちらがここを書いているのだろうというある種単純でありながらいままでなかった(と思われる)宙づり作戦が読者に対して展開されますので、どちらが書いているのだろうと予想しながら読むのも面白いと思います(実際どちらが書いているのかということに関しては東氏自らどこかの対談で特に隠し立てすることなく披露していましたが、まぁ作者を読みたいわけではないのでどっちでもいい話です)

言論界で活発な発言をしている著者ですから、それなりの思惑があって書かれているのかもしれませんが、私としては単純におもしろく、読んだ後、舞台になった新聞社をぶらぶら見に行きたいなぁと、思わせるぐらいの魅力はありました。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
端的には、「問題意識に制約され過ぎるがあまり、小説としての愉快さを失った作品」と言えます。
著者らにしてみれば、「その単調さこそ、(メインストリームを歩く)日本文学の反復」と反論するかもしれません。
確かに、戦略的には、「私小説的に著者ら周辺のゴシップネタを散りばめ、世俗的関心を引き、同時にそれらゴシップネタの引き受け先を、現実の著者本人ではなく、キャラクター(小説内の登場実物としての著者)することで、下品さを回避する」というのは、おもしろいと思います。
しかし、著者らの文章がいかに読みやすいとはいえ、いかにも「これは、小説だ!」と強調しすぎるあまり、どんな暴力や性的場面も、コミットメントできません。
ただ、東浩紀氏が指摘する、現代の「『人間』が描かけているのか描けていないのかばかりを気にする」日本文学の歪みは、その通りだと思います。氏には、同世代の問題意識を掬い上げる機能があるように思えました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ごく個人的な感想ですが、すごく愉快で面白いフィクション私小説でした。
東さんの難しさを面白おかしく読める気がします。個人的東さんの仕事で一番好きな作品です。小難しいことを考えず読めますし、東さんのキャラクターや背景を知っていればいるほど(私はそこまでわからないですが)面白く読めると思います。
こういうエンターテイメントの側面やアイデアマンとして才能ある東さんの実力を垣間見れる一冊だと思います。
本当に楽しまさせていただきました。
ありがとうございます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告