Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 500

¥ 234の割引 (32%)

(税込)
ポイント : 52pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ちばあきお]のキャプテン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
Kindle App Ad

キャプテン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版

5つ星のうち 4.7 33件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] キャプテン(ジャンプコミックスDIGITAL)の15の第1巻

その他(6)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 500
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 128
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 734 ¥ 1
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1

紙の本の長さ: 319ページ

集英社春マンキャンペーン2017
週替わりで人気コミック無料配信中!見逃せないタイトルから新しいジャンルとの出会いまで。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

【ページ数が多いビッグボリューム版!】まったく無名の墨谷二中の野球部に、野球の名門・青葉学院から一人の転校生が入部した。谷口タカオ、二年生。だが実は、谷口は青葉では二軍の補欠だったのだ。大きすぎる期待と実力とのギャップに悩む谷口は…!?

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 66574 KB
  • 出版社: 集英社 (1995/8/18)
  • 販売: 株式会社集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00BQ9V1OI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
野球漫画と呼ばれる作品のなかでも一見地味だが、実は異色の名作である。美少女との恋愛もなければ、悪球打ちや魔球もなく、プロ野球選手だった父親もいない。監督もマネージャーもいないどこにでもある中学校の野球部員達とキャプテンが、ひたすら努力を続けていくという話である。必ずしもリアリズムに基づく作品ではないにも関わらず、その努力の描写からは他の作品には無い何とも言えないリアリティを感じさせられる。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
さんざん迷った末に、結局買ってしまいました。
谷口キャプテン編だけです、きっと、たぶん。
丸井キャプテン編はあまりに痛々しくて
涙なしでは読めないだろうし・・・。
読み切りのときも、連載になったときも
リアルタイムで読んでいたはずだし
単行本は コミックスも、豪華版も、文庫版も持っていたような気がするけれど
(もちろん、同じ年頃だった谷口キャプテン編・丸井編キャプテン編だけ)
現代の技術を使ってカラーページのトビラ絵も完全に復刻されたと聞けば
やはり買っちゃうよね。

トビラ絵にある当時のままのキャッチコピーが
時代を感じさせてこれまた良い味出しているのだ。

「学校で家庭で会社ですべての人が読んでいるNOWな漫画」
(連載第9話のオールカラートビラ絵より)

2巻の青葉学院戦の初戦なんてホントにスゴイぞ!
青葉との再試合が載っているはずの3巻(近日発売予定)なんて読んだら
いったいどうなっちゃうんだろう(笑)
きっと、号泣必至ですね。

「がんばらなくっちゃ」・・・

志半ばで早逝された作者のちばあきおさんの分までがんばろう!!
そんな気にさせてくれる昭和の野球漫画の傑作。
ホントにホント、名作です。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ちばあきおのキャプテンは野球漫画の枠を越えてその感動がある。
青葉から転校してきた谷口の、その影の努力により成長していく
姿に読む人は色々と考えさせられる。何かにつまずいた時必ず励
まし、そして思った以上の感動を与えてくれる漫画です。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本を読むたびに努力する事のすばらしさ、謙虚にひたむきに何かに打ち込んで生きていく事の素晴らしさを強く感じる。主人公である谷口君が実に素晴らしい。こんなキャプテンの下にいたらきっと、その後の人生は豊かなものになるだろう。
この漫画はアニメ化もされておりそちらもお勧めである。特に主題歌が私は好きである。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
1巻最後のシーン 泣けるなぁ
ネタばれですが 境内で親父と大怪我しそうな練習をしている
谷口キャプテンをみて みんなが家まで走るといいだし
退部届を準備した丸井は
泣きながら 退部届を破り捨てる
ここに リーダーの理想像が集約されているのではないでしょうか?
私は このシーンで何度も泣いてしまいます
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
とにかく泥臭い野球漫画。
主人公も登場人物もとことん地味で、魔球だの特別な才能だのはまったく出てきません。
なのにひどく胸を打つストーリー。何故なのか。
それは当初の主人公・谷口をはじめとする少年たちの「ひたむきさ」に他なりません!!
彼らはとにかく努力する。
泥まみれになり、傷だらけになり、ひたすら、ひたすら努力する。
カッコ悪くて、ダサくて、汚れて、バカにされて、それでも頑張る、頑張る。
勝てないとわかっていても「やれるだけやってやろう」と、ほとんど無謀とも言える戦いに挑む彼らは最高にかっこいい。
今、何かに負けそうになっているあなたにこそ読んで欲しい!
谷口から、丸井から、イガラシから、その他名も無き少年たちから何かを感じて欲しい!!!

おまけ
谷口の父ちゃんがいかにも昭和的で、昔ながらの不器用てケンカっぱやいけど息子思いの父親という感じでステキです。
この父ちゃんのキャラが本当に最高です!!
ぜひ一読あれ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
B級野球漫画にありがちな現実じゃ絶対にありえない魔球だのトリッキーなユニフォームだの高校名などの萎える要素が一切なく、純粋に「野球」をしている漫画。絵柄を見ても非常にシンプル。なのにも関わらず、恐ろしいまでの個性が濃いキャラ。どのキャラが何代目キャプテンだ、とかは全て覚えてるという人も多いかと思います。ギャグも静かに体の底から「プッ」と来るものが多い。見ていると吸い込まれそうな漫画です。気がつけば時計をまったく見ずに10巻ぶっ通しで見ていたなんてこともあったぐらいです。とにかく、野球好きはもちろん、ルールをよく知らない人でもお勧めできる超王道の名作野球漫画です。一度は読んでも損はありません。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover