Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 400
(税込)
ポイント : 5pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[高橋陽一]のキャプテン翼 ワールドユース編 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
Kindle App Ad

キャプテン翼 ワールドユース編 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版

5つ星のうち 3.3 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 400
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1

紙の本の長さ: 192ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

【新章開幕!! 翼を目標にする少年】葵新伍は日本をワールドカップに出場させるという夢を持ち、単身イタリアにやってきた。しかし、新伍がイタリアに着くと、お世話になるはずだった親戚が亡くなっていた。ACミランやインテルには入団を断られ、途方に暮れる新伍だが…。日本のサッカーチームが世界に挑む、ワールドユース編開幕!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 56040 KB
  • 紙の本の長さ: 194 ページ
  • 出版社: 集英社 (1994/12/2)
  • 販売: 株式会社集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MUE716W
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
「キャプテン翼 ワールドユース編」は週刊少年ジャンプに1994年から連載された高橋陽一氏のサッカー漫画です。サッカー大好きな青年、大空翼を主人公として、日向小次郎、若林源三、岬太郎などの魅力的な仲間達と世界を目指していくサッカー漫画でテレビアニメ、ゲーム、映画と様々なメディアで大人気となりました。ジュニアユース編で一度終わったかと見えてその後ゲーム先行となりましたが短編ブラジル編、ワールドユース編、Road To Flance編と止まることを知りません。日本のサッカー人気に寄与した功績は大です。非現実的ですが、それが当時の子供をわくわくさせてくれました。そんな「キャプテン翼 ワールドユース編」の本巻では日本をワールドカップにつれていく…その夢にむかって、大空翼がブラジルへ旅立ちます。それから1年、翼にあこがれる葵新伍は、翼と同じ想いを胸に欧州のサッカー王国・イタリアへ渡るが…
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
キャプテン翼もそんな大した作品とは思いませんでしたが、このシリーズは酷すぎです。
日本が強すぎで不自然な展開ばかり・・・・1点差ゲームがやたら多いとか全く負けないし・・・とかは前作にも当たる「小・中・高校生編」でも見られたことですが、このシリーズのくだらなさの原因は「アホな新キャラ」の登場に尽きます。

「いいデータを持ってる」から「井出保」とか、「なんだな!」なんて言ってる場合じゃないだろうに。
さらに世界各国のライバルチームの監督もスウェーデンチームの監督が隻眼のアイパッチをした海賊もどきだし、ウルグアイチームは戦前の軍国主義丸出しみたいなオヤジだし・・・・。まさか「お国柄を反映させたんです」なんて言い出す気ではないだろうな???。何か高橋先生の頭のネジが2・3本飛んだような錯覚にすら陥ります。しかも日本に「悪い気が集まっている」とか言い出す変な占い師の婆さんまで登場して日向の母親が倒れたりとか災いがチームを襲うとか・・・話の本筋に全く関係ないじゃないか。
さらにライバルである「ドイツ」や「アルゼンチン」の扱いが酷すぎ。試合結果だけになり、ほとんど出番なしって・・・・・おい、Jr.ユースで日本をあれだけ苦しめたシュナイダーやディアスがそんなにあっさりと負けるわけないだろう。ドイツのキーパー・ミューラーが五失点もするか!新登場のブ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この作品は 「無印や元祖と俗に言われる『キャプテン翼』」 の続編です。
翼たちが ワールドユース大会の日本代表で 戦っていきます。
この巻では 新キャラ『葵しんご』が 活躍する姿を描きます。
翼がブラジルに発つ直前 空港で翼と『再会』した葵は
翼から あるものを受け取り サッカーへの決意を新たにする。
そして 単身イタリアに乗り込むが 
頼りにしてた親戚には(交通事故ではなく 寿命で)死なれ 有り金全部を盗まれて
まさに 前途多難な状況だが……
このシリーズ自体で このキャラは『よくも悪くも』重要な位置付けです。
というわけで このキャラを一巻分見て 嫌悪感や違和感を覚えた方は 
後々の巻を買わないことを お勧めします。
というのも 後々の巻で、このキャラの存在の為に
出番を削られ『ヘタレ化』(弱体化)した日本キャラ
存在意義そのものを奪われてしまった日本キャラ 多数です。
私は 最初は好きだったのに 後の活躍ぶり(?)を見て 引いてしまいました。
最初から嫌いになったら 後々 もうどうしようもなくなります。
はっきりいってこの巻は 『まだ』問題ありませんが
シリーズ全体を通して 考えると1つ星ですね
意地張らないで テクモのゲーム通りに続編書いた方が 売れただろうに……
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「キャプテン翼・WY編」は、中学生編までの世界にあまりにも深く惹きつけられてしまってそこから抜け出しきれない、一部のファンの人達にとっては、どうも受け容れ難いものがあるようです。
しかし、旧作とWY編ではストーリーコンセプションが違います。ここから始まる物語を新しいものとして捉えれば、WY編は非常に魅力に満ちたものです。
WY編で、翼達黄金世代は「世界」への本格的な挑戦を始めます。それと共に、物語にも世界への視点が随所に見られるようになります。
また、WY編にはキャラクターのエピソードが多く、それも大きな魅力のひとつです。
WY編の第1巻は、新キャラクター、葵新伍の物語から始まります。
この時点ではまだ誰にも認められていなかった葵は、大空翼とその活躍に力づけられ、単身イタリアに渡って自力で夢への道を切り開いていきます。
新キャラクター・葵の活躍は、翼たち黄金世代の影響によってこの物語の中での日本サッカー界が進化していく、その世界の広がりを表しています。
またこの第1巻では、葵の物語を通して、海外へ出ていくということ、異国の社会の中で頑張っていくことについても描かれています。それも興味深いところです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover