おすすめ商品の読み込み中

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
現時点では、おすすめはありません
ショッピングを続ける
購入するには、
サイズを選択してください

左のオプションから選択してください

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ 防災用 ランタン ライト 照明 CS オイルランタン 本体 【小/中/大】 交換品ホヤ 替え芯

5つ星のうち4.3 3,355個の評価

価格: ¥1,913 ¥5,535
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.
スタイル: ランタン本体
色: カーキ
カーキ
この選択に基づいて他のオプションを更新しました
サイズ: サイズを選択
サイズを選択
この選択に基づいて他のオプションを更新しました
材質 その他
ブランド キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
カーキ
スタイル ランタン本体
商品の重量 370 グラム

この商品について

  • 製品サイズ:(約)幅160×奥行120×高さ250mm(本体のみ)、製品重量:(約)370g
  • 適正容量:(約)200ml、使用燃料:白灯油、ランタン用パラフィンオイル
  • 芯の長さ:130mm、燃焼時間:(約)14時間※燃焼条件により異なります
  • 材質:本体/鉄(粉体塗装)、ホヤ/耐熱ガラス、原産国:中国
  • 注意:ホワイトガソリン使用禁止
もっと見る
最大5,000ポイント還元

商品の情報

詳細情報

登録情報


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
3,355 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト500レビュアー
2021年5月7日に日本でレビュー済み
スタイル: ランタン本体サイズ: 大色: ブロンズAmazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 構造を知って使えば良い光源です 大サイズは13ミリ幅の芯が良い
ユーザー名: tarosa、日付: 2021年5月7日
還暦過ぎの爺さんです。キャンプに行く予定も無いのに今は趣味でランタン集めをしています。
伝えたいことが多くて長文になってしまいました。
-----------------------------------------------------
(これより本文)
最初は頻繁に起きる災害時の明かり確保のために ハリケーンランタンを購入したいと思いました。 
ところが昨今のキャンプブームで本家のランタンはプレミアが付いていて倍の値段になっています。
別にブランドに拘る必要も無いので パチもんの格安中華製YOGOGOランタンのMサイズを2台購入しました。
到着後 芯の先を台形に切って 灯油を燃料にして 十分に染み込ませてから着火しました。

学生の頃 都会育ちの私がワンゲル部の友人に引っ張っていかれた登山で山小屋に泊まった時に 灯油ランタンを触っているので扱いは知っていました。
どうすれば煤が出ないようにして 炎が安定し なるべく明るくできるのか と言うことです。
先輩に「簡単なことだよ。芯の出しすぎに注意すれば良いよ。煤が出たり炎が揺れている時には出なくなるまで芯を引っ込めるんだ。最初安定していても暖まってくると炎が踊り出すから また少し引っ込めるんだ。」ただ これだけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
よく 燃料が漏れるとのレビューを見ますが それはハリケーンランタンの構造なので仕方ありません。
タンクは上下二重構造になっています。
一階は燃料専用の部屋。二階は常時空室です。
ガラスホヤ内で炎に暖められた空気がランタン頭部に集まり、両サイドのパイプを通って下にあるタンクの二階部分に回ります。
そこには炎直下の芯があり そこへ酸素供給と低温時の温度補給と熱暴走をしないように冷却をするのです。
しかし、その部屋に燃料が入ってくるとその機能が失われ芯の炎が暴走したり消えてしまう等 不安定になります。
そこで、入ってきた燃料を排出できるように小さな穴がタンク上部の両サイドに開けられていて、燃料を多く入れた場合や 大きくランタンを傾けた時などは二階部分に燃料が侵入してくるので 穴から出るのです。
(燃料は満タンは基より8割りでも多過ぎです 見た目の大きさの半分ぐらいまでに入れるのが無難です)
そして、芯送りの場所はただタンクの上に載せているのと一緒なのです。
このように隙間だらけの構造のランタンに無理をさせてはいけません。
また、燃料キャップもゴムパッキン(本家は紙パッキン)が付いていますが完全密閉は出来ません。こぼれない程度の物なのです。

ただし、Lサイズの場合 燃料を100ccしか入れていないのにタンク底の円周から漏れるのは ロー付け不良なので返品ですね。
点灯後30分もしないうちに 何をしても炎が大きく踊ったり 脈をうって消えるような熱暴走は 左右のパイプ部分か タンクの二階部分に不具合があると思われます。

また、芯が直ぐに燃え尽きると言うレビューも見ますが 燃料の染み込ませ方か芯の出し方の問題でしょう。
タンク内にある芯の一部分だけでなく ある程度の面積(長さ)に燃料が触れていないと 燃焼するスピードに毛細管現象が追いつかず 燃料が不足し芯自体が燃えてしまいます。
芯の出し過ぎも芯からの燃料を早く燃やすので同じように追い付かないと思います。それに煤と臭いが酷いです。
当然、タンク内の燃料を使い切ってしまえば 後は芯自体が燃えるだけですので 残量の問題も有ります。
初点灯時は燃料が十分に芯の先まで染み込んでいるのを確認してから着火です。灯油の場合は注入後30分~60分も置いておけば安心して着火出来ます。燃料の種類によって浸透速度が違いますので適時対応してください。
次回からは芯の先まで燃料が来ているのを確認するだけで大丈夫です。
この様に適正に使っていても どうしても芯は少しずつ燃えていくので徐々に短くなってしまいますが、直ぐに燃え尽きる事は有りません。

消火に付いてですが 芯を下げるだけで消えない時は着火時のようにホヤを上げて 吹き消して下さい。
消そうと芯を下げ過ぎるとタンクに落ちて対処がややこしくなるので気を付けて下さい。
これらの留意点と火を扱う事を理解した上で楽しみながら使って下さい。

この種のランタンは現在の明かりに慣れた私たちには暗いものと感じてしまいます。くれぐれも明るくしようと芯を上げてはいけません。そもそも読書など無理です。

この様なランプは いまだに世界中の電気の通っていない場所では貴重な光源となっています。
闇の中に 火をともすと言うだけの原始的な明かりが有るだけで人間は安心します。
ましてやハリケーンランタンは近代的な構造で安定した原始的な灯火なのです。
(以上の事を学生時代に山登りの猛者から教わりましたが 今では太陽光パネルとバッテリーでLED が使えますね)

お陰さまで届いたYOGOGO Mサイズ2台と後で購入した鹿番長のLサイズ1台は 上記の構造を留意して何事もなく長時間点いています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

我が家には石油ファンヒーターがあって 燃焼時の臭いには慣れていることもあり、車の無くなった換気扇の有る車庫で初点灯をすると家内がきて
「こんな暖かい日に何でストーブを点けたのかと思った。この炎は初めて見たけれど 懐かしい感じね。」と言っていました。

しかし、何度か点灯していると災害時には懐かしさよりも明るさが欲しいと思うようになり ランタンが大きくなれば明るくなるだろうと キャプテンスタッグのLサイズを追加購入しました。(ここで鹿番長が出てくる)

到着後 同じように芯の先を山形に切って 灯油を染み込ませてから点灯しました。
脇にYOGOGOのMサイズも一緒に点灯しました。

確かにLサイズはボディもホヤガラスも大きいのですが 炎の大きさに違いがありません。
明るさもボディの大きさほど違いがありません。いや、同じです。

当然ですね。鹿番長のLサイズもYOGOGO のMサイズも芯の幅が1センチ未満で一緒なのです。
やはり 芯の幅で炎の大きさと明るさが決まるようです。
そう言えば山小屋の明るいランプはもっと大きく 芯の幅も2センチ程有ったような気がします。

そこで幅13ミリの芯を購入。
Lサイズのランタンに 15センチの長さに切って付け替えました。ぴったりサイズで芯送りの穴を通ります。
穴の幅に余裕が無いので これ以上の幅は無理そうです。13ミリ幅の芯が最適でしょう。

着火すると 思った通り炎が大きくなりました。しかし、劇的と言うようなものでは有りませんので悪しからず。
手軽に明るさを求めるなら やはりLEDランタンなのでしょうが あの刺さるような眩しい人工的な光は苦手です。
(我が家の屋内照明は全てLEDなのですが)

以来、明るさの追求が始まり マントルを利用したガスランタンの大中小とフォールディングランタンやツーマントルランタンを集めました。
しかし、ガスランタンは連続点灯時間が短く寒さに弱い事に気が付き 今では加圧式ガソリンランタンと加圧式灯油ランタンへと進んでいます。
明るさと連続点灯時間や寒さの事を考えると加圧式ガソリンor加圧式灯油ランタンが最強ですが 点灯や消灯までの手順が多く点火時の炎上や小爆発が時たま起きるし 点検補修に必要な部品や道具も増えて 扱いが難しくなります。
そして、無音で優雅な炎のハリケーンランタンに比べて 加圧式ランタンは燃料を噴出気化する音がゴーっと大きく 孫は怖がります。(ガスランタンの噴出音よりも大きい)
こうなると災害時の明かり確保ではなくなってしまい ただの趣味ですね。
(私は機械いじりが好きなので この二種類の加圧式ランタンにはまっていますが)

簡単に着火でき、ある程度の明るさと風や寒さにも耐える灯火 そして原始的な懐かしい灯りは 燃料(灯油 パラフィンオイルやベビーオイルも)を平芯を使って灯すハリケーンランタンが最良でしょう。
明るさは小さくても山の少し薄い空気と寒さの中でも タンク容量次第で長時間灯り若干ですが暖かさも感じます。
ハリケーンランタンの平芯が正面から見て斜め45度にセットされているのも意味が有るらしいですが その意味を忘れてしまいました。(歳をとるとダメですね)
参考に加圧式灯油ランタンとLサイズハリケーンランタンの明るさを比べた写真も載せておきます。

鹿番長ハリケーンランタンは この価格で簡単に光を得ることが出来ます。
YOGOGO のランタンより各部の作りや塗装は良いです。
ただし、ハリケーンランタン自体が 今の感覚で見るとブリキのオモチャの様に思われますが、昔からこれで立派に役目を果たしてきました。
キャンプはもとより 災害時に役立つ安全性の高いアイテムです。
ただし、火を使っていますので扱いに注意が必要です。
後、Lサイズランタンは芯を13ミリ幅に交換するのが良いでしょう。
そして最後に 絶対に揮発性燃料(ガソリンやアルコール等)を使ってはいけません!!大炎上爆発します。

追記→
二つほど追加で。
芯を太くして炎を大きくすると言うことは それだけ燃料を使うと言うことになります。燃費が悪くなることを知っておいてください。
また、臭いや煤に関して燃料にはパラフィンオイルが良いと聞き 試しました。
正直 独特の燃焼臭も有り灯油の10倍以上の価格差ほどの効果は感じません。
私には先輩に教わった通り 芯の出しすぎにさえ気を付けていれば灯油で十分です。

おまけ→
災害時を想定して 車庫内に火を使うランタン(ハリケーンからガソリンまで)を吊るしてみたのですが ランタンに付いている取っ手の長さと熱量にもよりますが短時間で直上の天井が温かくなりはじめ 長時間点灯では心配になるほどの熱となります。
(車の排気ガスを排出するための大きな換気扇をつけていても)
そこで100均で購入したアルミの大皿を水平になるよう中間にぶら下げました。
アルミ皿は熱くなりますがランタンからの熱が分散して天井は心配するような熱さになりませんでした。
同じ様な状況であれば試して下さい。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
458人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年6月17日に日本でレビュー済み
スタイル: ランタン本体サイズ: 中色: ブラックAmazonで購入
335人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアーVINEメンバー
2020年3月14日に日本でレビュー済み
スタイル: ランタン本体サイズ: 中色: ブロンズVine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 初めてのハリケーンランタン
ユーザー名: 買い物太郎、日付: 2020年3月14日
今までガソリン、ガス、キャンドルランタンは使用した事が有りますが
初めてのハリケーンランタン(中・ブロンズ)となります。

パラフィンオイルと灯油(家庭暖房用)が使用可能ですが、
煤が出やすく燃焼臭がすると言われる灯油で試してみました。

灯油では燃焼の芯を出せば出すほど煤も臭いも大きくなりますが
芯を余り出ないようにツマミを回し調整してやると一定の位置から煤は出ず、
臭いも気にならないレベルになりました。その際の明るさも私が考えていた以上に明るく、
パラフィンオイルを試さずに灯油運用で良いんじゃないかと思っています。

初点火で炎の形が傾いていたので、ネットの情報を元に芯を山切りカットにした所、
美しい炎で燃焼してくれるようになり大満足しています。

このランタンは使う明かりとして選ぶと暗く期待ハズレになると思いますが
観る明かりとして選ぶと、暖か味の有る炎の揺らぎに癒され満足出来ると思います。
また、燃焼時に音が出ないのも良いです。

画像で芯の山切りカット前と、カット後の炎と、芯を交換する際に役立つように芯の幅(中ブロンズ)を載せて置きます。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
298人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年6月14日に日本でレビュー済み
スタイル: ランタン本体サイズ: 大色: ブロンズAmazonで購入
136人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年9月12日に日本でレビュー済み
スタイル: ランタン本体サイズ: 中色: ブロンズAmazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 吊り下げ用金具の付根
ユーザー名: 翔竜、日付: 2020年9月12日
私に届いた品は吊り下げ用金具が購入のままだと、動かした際にランタン側の付根に緩衝してスムーズに動かず、ランタン側の付根が変形。
このまま使うと取れてしまうと考えて簡単な加工をしました。
吊り下げ金具を本体から外し、間にリングを付けました。
手元に小さなリングしかなかったので片側2個使ってます。
吊り下げ金具の稼働は格段にスムーズになりました。
同じ悩みをお持ちの方はお試しください。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
64人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年7月12日に日本でレビュー済み
スタイル: ランタン本体サイズ: 大色: ブロンズAmazonで購入
74人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年5月15日に日本でレビュー済み
スタイル: ランタン本体サイズ: 小色: ブロンズAmazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 価格、安すぎ
ユーザー名: Amazon カスタマー、日付: 2020年5月15日
初めてのオイルランタンでしたが、
超軽量、明るさはそれなりですが十分使えます。価格も安く キャプスタのファンになりました。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
45人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年8月15日に日本でレビュー済み
スタイル: ランタン本体サイズ: 小色: ブロンズAmazonで購入
37人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告