中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

キャット・シッターの君に。 (角川文庫) 文庫 – 2010/8/25

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

1匹の茶トラが、キャット・シッターの芹と新しい依頼主、カメラマンの一郎を出会わせてくれた……。猫によってゆっくりと癒され、結びついていく孤独な人々の心をハートウォーミングに描く、静かな救済の物語――。

内容(「BOOK」データベースより)

中川芹、湘南育ちの33歳。5年前からマリーナでバイトするかたわら、キャット・シッターで生計を立てている。依頼主の留守中に猫の世話をするという仕事がら、依頼主の人生模様をかいま見ては、一喜一憂する日々。苦い過去を持つ芹は、恋愛には臆病だったが、新しい依頼人であるカメラマン・一郎と出会い、お互いの心の傷を知るにつれ、次第に心を開きはじめる…。猫によって癒され、結びついていく人々の姿を描く珠玉の物語。喪失のいたみを知る大人たちに贈る、ハート・ウォーミング・ストーリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 263ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/8/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041646480
  • ISBN-13: 978-4041646489
  • 発売日: 2010/8/25
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 569,457位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
主人公は中川芹(せり)。33歳の独身女性で、湘南で一人暮らし。ヨットハーバーでのアルバイトとキャットシッターで生計を立てている。ヨット選手としての活躍を続けられなかった経験と、恋愛で深く傷ついた過去をかかえている。そんな芹の前に現れたのはタマの飼い主であるカメラマンの一郎。仕事以外でも会うようになっていくが、彼も挫折を乗り越えようとしているようだ・・・。二人の仲がどうなっていくのか、また、キャットシッターの客として登場してくる人たちの人生模様も気になり、興味をつなぐのだが、本作には不満な点がいくつかある。

まず、文章に味わいが希薄であるということ。時々こまぎれの文を羅列している箇所もある。「・・・。わたしは言った。電話を切った。自分のクルマに乗る。マリーナを出た。」といった調子なのだが、こういうのはスピーディーとは言わないと思う。パサパサした印象で最後まで慣れることができなかった。

場面の描写でも腑に落ちないところがある。たとえば、芹が一郎の部屋を訪ねて、彼の土産であるマグロを調理し、二人で食べながら長い話をするところ。猫のタマがいるはずなのだが、まるで触れられていない。魚をねだりにもこないし、二人もタマにおすそ分けする気はないらしい。場面の最後で部屋のすみにいたタマにキャットフードを与えている。そんなことがあるだろうか。芹は猫好きという
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読みやすいですが、単行本で出すほどの内容ではないような気がします。

コミックを読む感覚ですらすら〜と読めます。

なのでこの値段は高い。後になにか残るものもないし。

文庫本だったら、星4つなんですけどね。

気になったことは、車を運転しているのにもかかわらず、アルコール(ビール,ワイン)を

飲んでいること。

はっきりと、飲んだ後に車を運転している描写はないのですけどね。

このご時勢にどうかと思うのですが。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
短編かと思って読み始めたら実はそうでなし。

人がペットを飼う理由はさまざまだけど

言えない気持ちや想いの代償だったりすると思います

主人公と近い年齢でもあり、かなり感銘受けました

30代 多くの人が夢破れ現実に妥協しながら

家族や自分の為に歩んでいる所と思います。

そんな気持ちに折り合いがついた人 つかない人

一度読んだら、元気をもらえると思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック