この商品は現在お取り扱いできません。

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト [VOLT300 KIT] USBクレードル&カートリッジバッテリー付属 ボルト300 HL-EL460RC

5つ星のうち 4.5 171件のカスタマーレビュー
| 5人が質問に回答しました

この商品は現在お取り扱いできません。 在庫状況について
  • 原産国:中国
  • サイズ:111.5×31×38mm
  • 重量:120g(本体+カートリッジバッテリーのみ)
  • 光源:高輝度白色LED1灯
  • 電源:リチウムイオン充電池BA-2.2(Li-on3.6v 2200mAH)/標準充電時間約6時間/急速充電器使用時約3時間
  • 使用時間:ハイ/約3時間、ノーマル/約8時間、ロー/約18時間、ハイパーコンスタント/約11時間、点滅/約60時間
  • 取り付け対応径:φ22mmからφ32mm
表示件数を増やす


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


商品の情報

詳細情報
カラー
ブランドCAT EYE(キャットアイ)
ギフトパッケージについて予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意
  
登録情報
ASINB00FIZGD2Q
おすすめ度 5つ星のうち 4.5 171件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング スポーツ&アウトドア - 30,724位 (ベストセラーを見る)
発送重量322 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2013/8/30
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

OPTICUBテクノロジーの丸型配光により、視認性も抜群です。
またモードメモリー機能も備えますので、
前回使用時のモードですぐに使用再開ができるので通勤通学時には便利です。
バッテリー部はカートリッジ式で、
セットに含まれるスペアのカートリッジバッテリーを使用すれば出先での交換も簡単に行え、
ナイトランなどでは電池切れの不安も軽減します。
充電はUSB式で、コネクターは本体にmicroUSBを採用。
本体にはバッテリーインジケーターも装備していますので、ひと目で電池残量が確認できます。
急速充電クレードルを使用すれば、約3時間で充電が完了します。
使い方に合わせてチョイスすることが可能です。※ライト本体と無線式メーターが近い位置に設置しますと
計測に影響を与える場合があります。設置の際にはご注意ください。
※ご使用の前には必ず取り扱い説明書をお読み下さい。



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

露出を揃えているので差は正確です。
配光はフィールドで使った時に最適になるようにレンズでコントロールされています。
壁など平面に向けると中心が明るく周辺が暗くなりますが、実際に道で使うと近くから遠くまで均一の明るさで照らしてくれ微妙な路面状態の変化も確認しやすいです(1枚目)。

4枚目からは正面から見た商品画像と純正アプリを使った比較画像です。VOLT400ではコストダウンのためかレンズが省略されています。配光はVOLT200とよく似ていて、近くはVOLT400の方が広い範囲を照らしますが、中距離以上の照射能力はVOLT300の方が優れ、明るさの均一性もレンズで配光をコントロールしているVOLT300の方が高いようです。

点滅モード/ダブルクリックで切り替わります。明るさが数分の1になるため眩しさは一般的なフラッシングライトとそれほど変わりません。消費電力も少なく60時間使えます。
ハイパーコンスタント/300ルーメン→50ルーメンの繰り返し。「滅」の瞬間はなく一台で前照灯とフラッシングライトを実現した画期的なアイデア。ただ300ルーメンでチカチカさせるのはためらわれるので100ルーメン→50ルーメンにして欲しかった。

バッテリーの残量が少なくなるとインジケーターが点き、50ルーメンに切り替えればそこから2時間使えるので日常的な用途ならバッテリー切れの心配はあまりありません。
コメント 189人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
エコノムフォース・リチャージャブル(HL-EL540RC)からの買い替えで購入。
専用バッテリーを採用した事で、エコノムなどの乾電池型充電バッテリータイプより圧倒的にコンパクトになったのが良い。点灯持続時間はHL-EL540RCと比べると劣るが(点灯モード・ハイで比較)、この製品の特長でもある「カートリッジバッテリー」の予備を携行すればよいので特に不便は感じない。

ただし、一点だけ不満をあげると、
実はマニュアルにも記載されているのだがライト本体と無線式サイコンの位置が近いと計測に影響を及ぼすのである。(私のケースでは、正確に言うと計測不能に陥ってしまった)
もともとサイコン(CC-RD400DW=ストラーダの旧モデル)をステムに取り付けていたのだが、実測してみたところ10〜12センチ以上は離さないとダメなようだ。ライトをハンドルバーに取り付けたかったので、距離を確保するためサイコンをトップチューブ上に移設して問題は解決したが、HL-EL540RCではこんな事はなかったので少々残念な印象である。

さらに(試しついでに)他の車体で使用しているCC-TR310TW V3nで同様のテストをしたところ、こちらはライトとの距離が10センチ以下でも全くトラブルが起きなかったので、どうやら通信方式が関係しているようだ。
...続きを読む ›
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
キャットアイの最新機種ということで購入しました。明るさについて説明すると、順番としては625>620≧460>>>540>530といった感じです。しかし620と殆んど差がないのには驚きました。強いて言うなら違いは全体に安定した明かりで照射範囲が広いのは620の方が若干上という事くらいです。460は620の照射範囲を一回りほど減らした感じの照射範囲になります。ただ530のように中心部が明るく周りが暗い、という事はなく全体的に明るいです。540のエコノムフォースよりも機能も明るさも充実しているので460があれば他の機種が必要ないくらい使い勝手が良いです。明るさを三段階調節出来るのも便利がいいです。
他の機種で購入を悩んでるなら460を断然オススメします!
急速充電にバッテリーが外せる点で非常に良い商品です。従来の製品のような心配がないので、その点でも評価は高いです。
この文章はキャットアイ製品同士を比較した文章なので、他のメーカーのライトとの比較文章ではありません。
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ささお 投稿日 2015/6/26
Amazonで購入
これまでライト無しでしたが、日没後に走る事が増えるようになり、こちらの商品を購入しました
電池式と迷いましたが、決め手は予備バッテリー付きで充電式になりました
明るい割にコンパクト、本体もプラスチックではなく、しっかりとした作りなので所有欲は高いと思います

ただ、いくら明るいと言っても、高速で走る事が多い方は上位機種をオススメします
他のレビューにもありますが、30キロを超えるか超えないかぎ目安になると思います
私はノンビリ派なので、こちらで満足です
予備バッテリーにはキャップが付くので携帯にも問題ありません
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー