¥ 669
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
キャッチャー・イン・ザ・トイレット! (双葉文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

キャッチャー・イン・ザ・トイレット! (双葉文庫) 文庫 – 2013/10/10

5つ星のうち 4.2 29件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 669
¥ 669 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • キャッチャー・イン・ザ・トイレット! (双葉文庫)
  • +
  • ラストメンヘラ―(1) (アクションコミックス(月刊アクション))
  • +
  • ラストメンヘラ―(2) (アクションコミックス(月刊アクション))
総額: ¥2,009
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

web上で絶賛を浴びた青春小説「オナニーマスター黒沢」が、大幅な加筆修正を経て蘇る。
中学二年生の黒沢には、絶対人に言えない秘密があった。
それは学校の女子トイレで同級生をオカズに自慰にふけること。
しかしクラスでイジメに遭っている少女に気づかれてしまい……あの頃のモヤモヤと切なさが胸に迫る傑作!

内容(「BOOK」データベースより)

放課後の女子トイレで毎日のように自慰もふける中学生・黒沢。しかし、その「日課」に同級生の女子が気づいてしまう。クラスで悲惨ないじめに遭っている彼女は、復讐のため黒沢に奇妙な「取引」を持ちかけてきたのだが―。web上で発表され絶賛を浴びた青春小説『オナニーマスター黒沢』、装いを変え待望の文庫化!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 328ページ
  • 出版社: 双葉社 (2013/10/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575516228
  • ISBN-13: 978-4575516227
  • 発売日: 2013/10/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 108,233位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
原題は「オナニーマスター黒沢」
そのタイトルの奇抜さから目を引き、
ネット上でも度々名前を目にしていましたが、
同様の理由から長い間書見を避けていました。

しかし実際に読んでみると舌を巻くような内容と展開に、
偏っていた先入観は根こそぎ吹き飛ばされてしまいました。

舞台はとある中学校。
アブノーマルな性癖を持ち、自分の檻の中で完結してしまっている主人公。
その主人公の「特殊な日課」を知ってしまった虐められっ子の少女。
両者の繋がりによって起こる事件。

思春期に起こりがちな人間関係への無関心や嫌悪感。
虐めに友情に恋愛、そして人と向き合う事。

エキセントリックなタイトルに偽り無し、
しかし内容思った以上に真面目な青春小説。

別に人と人が面と向かって生きていく事が絶対的に正しいとは思いませんし、
成長しても人付き合いが面倒という方は多いでしょう。
しかしそんな悟った事を言うには中学生では早すぎる!
自分の中高生時代を思い返して、そんな風に共感できました。

扉を開けて外の世界と向き合っていく主人公に胸が高鳴ります。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
前半 デスノートの主人公の様な捻れた少年が後半 とても信じられない様な変貌を遂げます。
本当に 読んで良かったと思えます。
虐めの辛さは筆舌尽くしがたいです。
あって居た者にしか分からない苦痛ですから。

お勧めします。 私は女ですが良かったと思ってます。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 dennoji 投稿日 2012/7/11
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
原題は、オナニーマスター黒沢という、一見ふざけたようなタイトルです。

使われていないトイレの一角で、女子をオカズにオナニーにふける変態が主人公です。
しかしその出始めやタイトルからは想像も付かないほど、純文学な流れになります。

恋愛やいじめ問題や人付き合い、中学生の心理をウンザリするほどリアルに描写していて、
ここまで感情移入出来る作品も珍しいのではないでしょうか?

元が無料のネット小説とは思えないほど高クオリティな小説です。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
おもしろい

WEBでダウンロードして読んだが
無料で公開されていたとは思えない

1300円ぐらい出しても損はない
読まないと後悔するぐらいの作品

ただ唯一、原作からタイトルが変わってしまったのが残念
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
私はニコニコ動画でこの作品を知った口なのですが、当初はただのネタものだとばかり思ってましたが

、読んで行くにしたがって非常に感動できる作品だと気づかされました。

そこにはなにかしら自分自身を主人公に投影したものがあったからだと思います。

私は実際学校が嫌いで、体に障害があるのがコンプレックスのも高じて高校中退、引きこもったことがあります。

その後なんとか精神状態を回復して引きこもり生活を終わらせることができましたが、未だに自分に自信が持てなかったり、人が怖かったりします。

そんな中で出会ったのがこの作品だったのですが、他人に心が開けなかったり、どうしようもなく弱い自分を肯定できない登場人物たちが

成長していった姿は、今の私にも深く心に突き刺さりました。

現実には自分が逆境やどうしようもない状況にたったとき、人は簡単には助けてはくれません。友達には罵倒され、他人には理解なんてしてもらえません。

でも心を開く。まず笑顔で言葉を返すことさえできればきっとなにか出会いはあると思います。助けてくれる人は少ないけど必ずいますから。

たくさん過ち犯したって、情けないことしたって、変われるんだよ。そんなことを教えてくれる作品でした。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
YouTubeで初めて知りました。最初はエロマンだと興奮気味に(おい)先入観に囚われながら読み始めました。すると…どんどんどんどん読み進めていって1日で読み終わりました。読んでる間、笑いと涙が止まりませんでした。僕も中3の頃クラス、いえ、自分の学年から忌み嫌われデマを流されたり友人に裏切られたりと極めて陰湿なイジメを受けてきました。自分を不幸に仕立てあげるつもりは金輪際ありませんがだとしてもとても辛く、今でもたまにほろっと涙が出てきて困ってます。 オナマスを読み終えてまず自分の中にある変化が訪れました。それは自分に対する自信です。周りを見渡せば、そこには沢山のかけがえのない存在が自分を待ってくれている…僕はなら何が必要か…それは間違いなく自分への誇りと自信です。黒沢も沢山の仲間と敵だったクラスメートとぶつかり合いながらも絆を深めて行き、いつしかとても自信に満ち溢れた顔になっていました。 今でもまだ間に合う…俺達は一人じゃない
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー