通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
キミとは致命的なズレがある (ガガガ文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

キミとは致命的なズレがある (ガガガ文庫) 文庫 – 2011/5/18

5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • キミとは致命的なズレがある (ガガガ文庫)
  • +
  • こうして彼は屋上を燃やすことにした (ガガガ文庫)
  • +
  • 雨の日のアイリス (電撃文庫)
総額: ¥1,911
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

第5回小学館ライトノベル大賞・優秀賞!!

海里克也(うみさと・かつや)は保健室で目を覚ました。
なぜここにいるのか?
保険医の鏡(かがみ)によると、階段で転んで気を失っていたらしい。
……覚えていない。
十歳のとき、大きな事故で両親と記憶を失ってしまった克也には、ここ数年の記憶しかない。
それはいいのだが……。

「見えないモノが見えてない?」
そんな鏡の問い掛けにドキリとする。

――自販機の陰に倒れている少女の身体――靴箱や鞄に入れられた不幸の手紙――。
思い当たる節はある。
これは幻覚? それとも、もう一人の自分が……いる?

少女の死の映像と指の感触、克也の過去に怯える担任教師、克也を殺人鬼と呼ぶ赤鬼のような形相の男。
追い詰められた克也は、唯一の心の支えである幼なじみの宮崎ひなた(みやざき・ひなた)のもとへ向かう。そして彼女が、幻覚に見る少女だと気づく……。

真実は目に映る――?


『Kanon』『AIR』『CLANNAD』『リトルバスターズ!』『Angel Beats!』など、ヒット作を生み出し続ける、Key(株式会社ビジュアルアーツ)の麻枝准氏もその筆力を賞賛! 「第5回小学館ライトノベル大賞」にて優秀賞を受賞した問題作、ついに登場!

内容(「BOOK」データベースより)

海里克也は保健室で目を覚ました。なぜここにいるのか?保健医の鏡司によると、階段で転んで気を失っていたらしい。…覚えていない。十歳のとき、大きな事故で両親と記憶を失ってしまった克也には、ここ数年の記憶しかない。また記憶が消えてしまったのだろうか。「見えないモノが見えてないか?」そんな司の問い掛けにドキリとする。―自販機の陰から伸びる少女の姿態―突如現れ克也を責める不幸の手紙―少女の死の映像と命を狩る指の感触。これは幻覚?それとも―?第5回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 296ページ
  • 出版社: 小学館 (2011/5/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094512691
  • ISBN-13: 978-4094512694
  • 発売日: 2011/5/18
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 236,530位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 評判がよかったので購入してみたが、期待はずれな部分もあった。全体として粗が多く雑然とした印象。
以下に評価の観点と評価理由を示してみる。

■まず作風。本作はミステリではなくサスペンスだ。謎とされていた多くの要素は、作者独自の精神分析学的
理論によって説明されるため、物理的なトリックや純粋な謎解きを期待すると痛い目に合う。そしてその説明も、
「そうなのか」とうなずくしかない、やや現実味や説得力に欠けるものであったように思う。

 ミステリっぽくミスリードを狙っているような節もあるのだが、少しあからさまで看破しやすい(その弊害か、
回収されていない伏線もある。あのカレッジノートとか)。

「ミステリを書きたかったがサイコサスペンスに逃げたのでは」、というのが個人的な印象。

■次に登場人物。最後まで読んでも真犯人の行動原理がわからなかった。いちおう最後には犯罪心理学の用語に
託して説明されているものの、衒学的に濁しているような気が。なぜ真犯人は主人公と接触し続けてきたのか、
○○をなぜ最後になって殺そうとしたのかなど、もう少し説明してくれてもよかったのでは。

 また、登場させるだけさせておいて、物語を盛り上げるためのコマと
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ミステリというより猟奇サスペンスな感じの作品でした。
場面にっては結構グロイシーンもあるので、苦手な人はご注意を。
叙述に仕掛けが施されていますが、ヒントも結構だしてくれるので
前の章と行きつ戻りつ読みすすめました。

一切の躊躇なく人を殺せる犯人は、致命的にズレていて好きです。
そんなキチガイの心を覗いてみたかったのですが、そこまでは
語られていないのが残念でした。

こんなのもアリかなって思える作品ですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本作は第5回小説大賞優秀賞を受賞した、著者のデビュー作である。ジャンルとしてはサイコサスペンスというのが適切だろうか。
舞台はある進学校。タイトルにある"ズレ"とは一体何なのか。真相はあるテーマにカモフラージュされながら、さり気なく伏線が張られてゆく。そして、後半に進むにしたがってそれらはゆっくりと歯車があってゆく。
やや回りくどい言い回しと登場人物が口調によってキャラ付けされているのが最初は若干とっつきづらいが、後半はそれも気にならないくらいの引き込まれる筆力がある。よく作りこまれていて楽しく読めた一作だった。
一つ言うならば、どうして各登場人物がそのような行動を取っていたか、という心情のより詳しい描写があればもっといい作品になったのではないかと思う。

今までライトノベルというジャンルをほとんど読んだことがなく、二冊目に本作を選んだが、普段ミステリやサスペンスを読む人であれば比較的楽しく読める作品であると思う。
読後感は、「葉桜の季節に君を想うということ」「イニシエーション・ラブ」にやや近い。二作ほどの作り込み、インパクトはないが、叙述トリックの好きな人にはおすすめしたい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
今更の投稿ですが、面白かったです。
最初のうちはサイコ(オカルト)ミステリーかな、と思いながら読んでいましたが
後半、主人公の過去が明らかになるにつれてだんだんと「ズレ」がはっきりしていく過程がよかったです。
最後のどんでん返しまで楽しめました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
面白いです、そしてそれ以上に上手いなーという感想
著者はこれがデビュー作のようですが文章表現も巧く丁寧で、構成その他非常に練りこまれている印象
ラノベというよりは、どちらかといえば一般小説に近い性格のものです

記憶や認識、価値観といった『ズレ』を物語の根底に横たわるテーマとして
楽しげな日常が徐々に沈んでゆくような序盤、中盤の上手い具合に誘導されてゆく仕掛け
そこから読者を裏切る終盤の展開と、サスペンスに必要な要素がきっちりと一冊に盛り込まれている

どこかおかしいのに、静かで自然な描写がされている序盤〜中盤にかけてが特によかったかな
終盤は急な展開なだけに、(『ズレ』と言われたらそれまでとはいえ)少し引っかかったり説得力が弱い部分もあったので。
エピローグで物語の真相が端的に説明されているのも良いですね、答え合わせのようで

キャラ萌えものじゃないけど、ひなたちゃん可愛いっすなあ
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック