通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
キノの旅 (17) the Beautiful W... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫) 文庫 – 2013/10/10

5つ星のうち 4.6 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 95

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)
  • +
  • キノの旅 (18) the Beautiful World (電撃文庫)
  • +
  • キノの旅 (19) the Beautiful World (電撃文庫)
総額: ¥1,846
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

エルメスが強奪された―。『新しいあなたになりませんか?新しいあなたになれます!私達と!―“人生の真実を見つけるホウデンの会”』。エルメスを奪った者たちは、怪しげなテレビCMを放送する宗教団体のメンバーだった。しかし、その国には彼らのような宗教団体を手厚く保護する法律があって…(「神のいない国」)。その他、2013年4月より新聞紙上でウィークリー連載された話題の小説&イラストも完全収録!書き下ろし8話を含む全18話という、シリーズ史上最大のボリュームでお贈りする「キノの旅」17巻。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

時雨沢/恵一
1972年生まれ。2000年に電撃文庫でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 382ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2013/10/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048660217
  • ISBN-13: 978-4048660211
  • 発売日: 2013/10/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 104,511位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
最近、キノの旅もぬるくなったなぁ。最初の方の世の中への皮肉や揶揄が溢れていた、作者の暗黒面がドロドロ溢れているキノの旅が好きだったのになぁ。

と思っていた人には朗報。溢れてます。毒が。

こんなあからさまに世を皮肉った作品を新聞で連載したというのだから、作者の病み加減も相当だな、と思った。

もっとも、あまりにもあからさま過ぎて興が冷める面もあった。モチーフが分かってしまうというか、あえて分かりやすくしたのかもしれないが、生々し過ぎて読んでいて我に返ってしまう場面があった。本来の作者の描き方はもう少し巧妙に自分の考えというか物語のテーマを韜晦して読者を煙に巻く感じだと思う。らしくない。

その意味では今後もこういうあからさまな描き方をするのか、それともいつもの飄々としたキノの旅に戻るのかは気になるところである。あまりにも生々しい描き方だと、こういう物語は説教臭くなってつまらなくなると思う。

いずれにせよ、今巻はギリギリの線で面白かった。初の新聞連載で気合も入っていたのか、描写も良かったし、キノもエルメスも活き活きとしていた。

今後も期待である。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
内容に関しては久しぶりのキノの旅を読めて良かったです。
ただ少しばかりキノの口調が女の子よりが強い印象がありました。

本当は☆を5にしたかったけど、表紙を全巻新たに描き直しているとのことで今回の巻もその新しいバージョンのようなのですが……。
☆を4にしてしまったのは、この表紙が理由でした。
黒星紅白先生の絵が嫌だという話ではなくて、最近のラノベの萌えを前面に押し出す出版社の意向が出ていて、昔からのファンからすればあまりにもキノが女の子過ぎる絵になっているのが残念に。
初めてキノの旅を読んだ時、表紙を見た時も私はキノが女の子だとは思いもせず、途中で明らかになり驚きつつも嬉しかった思い出があります。
それが今回の表紙は電撃が萌えを混ぜたせいで、せっかくのキノが女の子か男の子か解りづらい容姿という設定も若干壊されてしまった印象を受けてしまいショックでした。

内容はいつも通り深く、また黒い面もある人間の心理を描いており、楽しめました。
挿絵に関しても今までと変わらず良かったです。

ただ、カラー関係が出版社が無理を言って実現させたように見えてしまい、☆を4にさせて頂きました。

それでも面白いので、是非ともお勧めします。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazonのお客様 VINE メンバー 投稿日 2014/11/2
形式: Kindle版 Amazonで購入
kindle版の仕様に大きな問題点が。
カラーページの画質が荒く、特に最初のカラーページは文字の多くが潰れていて、読むのに一苦労です。

他のレビューと同じく、いつもの様に面白い話ばかりで、作品としては☆5つですが、仕様としては☆1つです。改善を求めます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 キノとしゃべる二輪車エルメスが旅をして色々な国を訪ねる物語の17冊目です。
 色々な文化程度の、それぞれの風習がある城壁に囲まれた国々が点在する世界。
 この巻では、地方新聞に週間連載された10話と書き下ろし8話が掲載されています。

 行き倒れになった年老いた旅人とキノの会話、「旅人達の話」、
 ジャングルのただ中で石造りの住居が立ち並ぶ素晴らしい国をたずねる「自然破壊の国」、
 国民がみな腕時計をしているのに、時間を訪ねると不思議そうにされる「時計の国」、
 最近は隣国からも誰も訪ねていない国を訪ねたキノ達が、奇妙な法律で阻まれる「左利きの国」、
 廃墟に成り果てた国の城壁側で、キノ達が他国の調査団に会い、廃墟になった国の内戦のきっかけを教えてもらう「割れた国」
などが、載っています。
 とくに、さすらいの覆面料理人と間違われたキノが、デタラメ料理を披露する「料理の国」のキノの得意げな様子と国民のあわてぶり、
 「鉄道の国」の思わぬ真相と、それを知った後の国民達の行動が面白かったです。
「神のいない国」の狙撃の描写や顛末は残虐なのに乾いていて、キノの旅らしいお話で読み応えがありました。

 ひねりを効かせてある寓話の短編集。
 
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー