¥ 918
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
キネマ旬報 2017年5月下旬号 No.1746 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

キネマ旬報 2017年5月下旬号 No.1746 雑誌 – 2017/5/6

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2017/5/6
"もう一度試してください。"
¥ 918
¥ 918 ¥ 918
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • キネマ旬報 2017年5月下旬号 No.1746
  • +
  • 週刊朝日 2017年 5/19号【表紙:岡田准一】 [雑誌]
  • +
  • Marisol(マリソル) 2017年 06 月号 [雑誌]
総額: ¥2,158
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



表紙・巻頭 『忍びの国』 大野智
『シネマスクエア vol.93』予約開始 こちらチェック

商品の説明

内容紹介

巻頭特集:岡田准一主演 降旗康男監督「追憶」
表紙:岡田准一
降旗康男[監督]と木村大作[撮影]が9年ぶりにコンビを組み、岡田准一が主演する「追憶」を大特集。岡田准一が、降旗康男と木村大作という二人の映画人から受けた映画作りの"衝撃"をたっぷりと語るほか、撮影のエピソードを満載した舞台裏レポートなどから、映画「追憶」の核心に迫る。

この雑誌について

邦画、洋画の紹介、批評など映画の総合誌


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: キネマ旬報社; 月2回刊版 (2017/5/6)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06XT262GS
  • 発売日: 2017/5/6
  • 商品パッケージの寸法: 25.4 x 18 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

渡瀬恒彦さんへの追悼記事を読むために買いました。
どれも良かったのですが、ちょっと驚いたのは「そして誰もいなくなった」のオファーでのエピソード。

私は、プロデューサー側が初めから磐村兵庫をオファーしていたものと思っていたのですが、違ったのです。
当初は何の役をオファーしたかは書かれていませんが、準備稿を読んで渡瀬さんが磐村を演じることを望んだ、とのこと。
国の違いと時代の違いがあまりに大きな障害となって、演出的には厳しいドラマでしたが、渡瀬さんのあの演技が最後に残されました。
エピソードそのものは短いのですが、渡瀬さんの「覚悟」が見える気がしました。

また、12seasonが放映中の「警視庁捜査一課9係」ですが、これを読む限りでは本シーズン以降も続くような雰囲気です。
本文にもありましたが、特にテレ朝はそうなのでしょう。テレビドラマ界は、渡瀬恒彦の死によって、大事な「宝物」をあまりに早く失った
・・・と。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告