通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
キッチンの歴史: 料理道具が変えた人類の食文化 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 いけま書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■ご覧頂きありがとうございます。使用感はありますがカバー、中身ともにきれいな状態です。クリーニング済みです。帯び付き。検品には万全を期していますが、不備がありましたら、即対応させて頂きます。 ご不明な点などございましたら、遠慮なくご質問くださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

キッチンの歴史: 料理道具が変えた人類の食文化 単行本 – 2014/1/15

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2014/1/15
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 2,397

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • キッチンの歴史: 料理道具が変えた人類の食文化
  • +
  • 図解 食の歴史 (F-Files)
総額: ¥4,428
ポイントの合計: 134pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

美味しい料理は道具で進化した! 食の歴史はテクノロジーの歴史だ。古今東西の調理道具の歴史をたどりながら、それらが人々の暮らしや文化にどのような影響を与えてきたのかを読み解く。

道具の進化によって、料理は使用人ではなく自らが行なうものとなり、また楽しむものとなった。
ローマ人はフライパンで揚げ物をつくり、20世紀に入るまではオーブンの温度は
手の痛みや紙の焦げ具合で測定し、フォークは17世紀にイタリアから広まった……。
キッチンに並ぶスプーンや包丁、鍋釜、計量器具、泡立て器、コンロ、
フードプロセッサー、電子レンジ、冷蔵庫といった料理道具の数々は、
どのように発明され、改良されてきたのか?
こうした新たなテクノロジーが、食材の調理方法や人類の味覚や嗜好、
さらには食習慣や食文化を、どのように変化させてきたのかを読み解く、
誰も書かなかった料理道具の歴史!

【目次】第1章 鍋釜類
・コラム「炊飯器」

第2章 ナイフ
・コラム「メッツァルーナ」

第3章 火
・コラム「トースター」

第4章 計量する
・コラム「エッグタイマー」

第5章 挽く
・コラム「ナツメグおろし」

第6章 食べる
・コラム「トング」

第7章 冷やす
・コラム「モールド(型)」

第8章 キッチン
・コラム「コーヒー」

謝辞
訳者あとがき
参考文献
資料文献

内容(「BOOK」データベースより)

食の歴史はテクノロジーの歴史だ!スプーンや包丁、鍋、電子レンジ、冷蔵庫など、古今東西の料理道具、調理器具の歴史をたどりながら、それらが人々の食習慣や食文化をどのように変えてきたのかを読み解くユニークな書!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 368ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2014/1/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 430902260X
  • ISBN-13: 978-4309022604
  • 発売日: 2014/1/15
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.5 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 278,960位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
はっきり言って、決して安い本ではなく、一回居酒屋に行けるくらいの値段がしますが、この本を買って読めば、一生酒の席での話のネタに困らんぐらいの情報量。
作者はまだ39歳の女性で、情報も新しく、話の展開が非常に分かりやすい。
キッチンの歴史と表題がついてるが、料理道具を通じた文化人類学と言ってもいいと思う。
まだ途中までしか読んでませんが、これは流し読みではなくじっくりと読んでいきたいと思わせるだけの面白さを備えてます。
料理や関連のネタや情報、薀蓄について興味のある人は是非読んでみるべきだと思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
前作の「食品偽造の歴史」は非常にいい本でしたが、今回は私たちの日常生活に欠かせない食の道具や調理に関するの本です。鍋釜、ナイフ、火、計量、挽く、食べる、冷やす、キッチンの全8章から構成されていて、どの章をよんでもさまざまな国の道具の使い方や調理方法の歴史が書かれていて、各章の終わりにはコラムもあり楽しくかつところどころ「なるほどね。」と感じさせる内容になっています。
雑学やおいしい食事の時に会話するときには良い本ですね。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
英国生まれで子を持つ母としてキッチンに立つ、政治思想史で博士号を持つフードライターの著者が書いた、キッチンにまつわる道具の歴史の数々。数百万年前の旧人類の食事状況から、石器・土器・青銅・製鉄とつながる技術革新で、どう移り変わってきたか様々な引用で楽しく軽妙にその流れを教えてくれる。

各章ごとに興味あるところから読んでいける。翻訳書にありがちな読みにくさもなく、軽快に300頁超も読み進んでしまった。翻訳者にも感謝したい。40歳というまだ若い著者の原文もテンポがいいのだろうとも思わせる。

「キッチンの歴史」と銘打っているが、調理に関心の薄い人でも面白く読める。なぜなら、誰でも「食事」をするからである。猿が葉っぱをつかって食料をかき集めたり石を使って取り出す話から、古代人の食風景、また戦後の家庭までキッチンを主体にしてさまざまなことを知り、考えることで得るものは多いと思う。硬い話ばかり並んでいるのではなく、時折挿入される著者や知人の日常話が、またありそうだと思わせて楽しむことができた。

キッチンには様々な道具が入り乱れている。中には紀元前からそう変わっていないスプーンやすり鉢・すりこ木類、またフードプロセッサーなどの最新機器。古来からのものでも今現在、キッチンの引き出しに入っている。そして新しいものが生まれては消えてゆく。
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す