中古品:
¥ 955
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 VALUE BOOKS
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 付属品は全て揃っています。中古品のため商品によっては多少の汚れやキズがある場合がございます。プロダクトコード、DLコード、帯、応募ハガキ等は付属しません。管理ラベルは簡単に取れます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

キズナイーバー 1(イベントチケット優先販売申し込み券付)(完全生産限定版) [Blu-ray]

5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:9¥ 4,899より 中古品の出品:11¥ 581より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【ANIPLEXストア】 TVアニメ「物語シリーズ」、『内村さまぁ~ず』ほか、新着タイトルや人気ランキング、ANIPLEXのアニメやバラエティなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 梶裕貴, 山村響, 寺崎裕香, 前野智昭, 島崎信長
  • 監督: 小林寛
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: アニプレックス
  • 発売日 2016/06/08
  • 時間: 48 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01E9RG9M2
  • JAN: 4534530092403
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 61,256位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

★イントロダクション
『キルラキル』を制作したTRIGGERのオリジナルTVアニメーションが始動!
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』など
数多くの青春劇を手がけた岡田麿里が脚本を手掛け、キャラクター原案に漫画家・三輪士郎を、そして『キルラキル』『神撃のバハムート GENESIS』などで絵コンテ・演出を手掛けた若手実力派・小林寛を初監督に迎えて動き出した新プロジェクト。
キズでつながるキズナの物語―。少年少女たちの「痛み」を分け合う青春群像劇がいま、始まる! !

★アウトライン
舞台は、埋立地に作られた街・洲籠市。
かつては未来型都市として栄えたこの街に住む高校生・阿形勝平は、なぜか痛みを感じない不思議な身体を持っていた。
夏休み目前となったある日、勝平は謎の少女・園崎法子の手引きにより、痛みを共有する仲間「キズナイーバー」の一人に選ばれてしまう。
そして、同様に「キズナイーバー」として繋がれたクラスメイトたち。
しかし、彼らは本来なら仲良くなることのない別々のグループに属していた。
園崎は言う「これは、争いに満ちた世界を平和に導くための実験なのです。」
その言葉とともに数々の試練が彼らに降りかかる。
互いの傷を背負うことになった、少年少女たちのひと夏の物語がここから始まる!


★2話収録
第1話「一目あったその日から、絆の花咲くこともある」
第2話「こんな異常事態カンタンに飲みこめんなら、バリウムなんざバケツ二杯は軽く余裕だっつーの」

【完全生産限定版特典】
本編DISC+特典DISC 2枚組
・映像特典
01.キズナイーバー放送直前スペシャル「キズナビ」ディレクターズカット版
02.TV未放映次回予告
・岡田麿里書き下ろしドラマCD「その頃、キズナイーバー/その頃、日染芳春」
・キャラクターデザイン・米山舞描き下ろし三方背ケース
・キャラクター原案・三輪士郎描き下ろしデジジャケット
・キズナビ BOOK 01キャラクターコンプリートガイド
・特製ブックレット
・スペシャルイベント「キズナフェス~オレたちのキズナは終わらない! 弁当持って学校に集合! ~」チケット優先販売申込券
(開催日:2016年9月18日(日)/会場:都内近郊/出演:梶 裕貴、山村 響、寺崎裕香、前野智昭、島﨑信長、佐藤利奈、久野美咲、西山宏太朗)


※商品の仕様は予告なく変更になる場合がございます。
※完全生産限定版は数に限りがございます。

★放送情報
2016年4月よりTOKYO MX、ABC朝日放送、BS11ほかにて放送開始
・TOKYO MX 4月9日より 毎週土曜 23:30~
・BS11 4月9日より 毎週土曜 23:30~
・群馬テレビ 4月9日より 毎週土曜 23:30~
・とちぎテレビ 4月9日より 毎週土曜 23:30~
・ABC朝日放送 4月9日より 毎週土曜 26:15~
・テレビ愛知 4月12日より 毎週火曜 26:05~
※放送開始日・放送日時は編成の都合等により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

★キャスト
・阿形勝平 : 梶 裕貴
・園崎法子 : 山村 響
・高城千鳥 : 寺崎裕香
・天河 一 : 前野智昭
・由多次人 : 島﨑信長
・牧穂乃香 : 佐藤利奈
・新山仁子 : 久野美咲
・日染芳春 : 西山宏太朗
・山田一直 : 諏訪部順一
・漆原 睦 : 園崎未恵

★スタッフ
・原作 : TRIGGER・岡田麿里
・監督 : 小林 寛
・キャラクター原案 : 三輪士郎
・キャラクターデザイン : 米山 舞
・美術監督 : 野村正信
・色彩設計 : 三笠 修
・撮影監督 : 田村 仁・山本弥芳(グラフィニカ)
・編集 : 奥田浩史
・音楽 : 林ゆうき
・音響監督 : 亀山俊樹
・音響効果 : 倉橋裕宗
・アニメーション制作 : TRIGGER

★オープニングテーマ
BOOM BOOM SATELLITES 『LAY YOUR HANDS ON ME』
★エンディングテーマ
三月のパンタシア 『はじまりの速度』


≪Copy Right≫
(C) TRIGGER・岡田麿里/キズナイーバー製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の岡田麿里脚本による青春群像劇第1巻。痛みを共有する仲間“キズナイーバー”として繋がれた少年少女たちのひと夏の物語を描く。第1話と第2話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
今の処どう進んで行くのか、さっぱり分からない。
ただ、ヲタ心をくすぐるTRIGGER節が効いている。
主人公が階段から突き落とされ落ちていく時に、この高さから落ちてどうなるかより突き落とした相手のパンティーの柄が何柄なのかが、最重要事項!!
ハチャメチャのドタバタ劇など、「毎回、毎回、ほんとしょうがねぇ奴らだな。」と思うんだけど、そこが堪らなく好きで、しょうがない。
キャラ原案は、三輪士郎さん。
なかなかハードルの高い画ですが、3話終了時点では作画クォリティー、かなり高いです。
BOOMBOOM SATELLITESの曲と、PVのようなOPも良い出来です。

キズナビ BOOK 01キャラクターコンプリートガイドは、思ったよりページ数が多くキャラの設定画と表情集も収録されています。
三輪さんの原案も少々。原案時の勝平は、もっと表情豊かで、かなり感じが違います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
数人の高校生が痛みを共有する手術を受け、
課せられたミッションに苦労していく話。

性格の異なる仲間同士の関係は
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を連想させる。

誰かが感じた痛みを他の全員も共有するという設定は
単純ながらも面白く、誰がどういう事情で
痛みを感じたのか推測する楽しみがある。
ただ、最終的な目的がハッキリせず、
なにを目指して話が進むのかがわからないのでつかみどころがない。

キャラクターそれぞれの魅力を理解しないまま後半になってしまい、
話の筋道をさらに見失ってしまって面白く感じなくなった。
いつの間に仲間同士の友情が強くなったのかもわからず、
どうにも展開に納得できなかったのが残念。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 センチネル トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/6/9
トラウマ暴露大会とエゴむき出しの内輪揉めという何時もの岡田脚本だが、かなり面白い作品。
オサレ系OPと演出、何をしたいんだか良くわからない設定とお話、感情移入しにくいキャラ達と序盤で脱落してしまった視聴者も多そうだけど啀み合っていた登場人物たちが結束していく中盤からの展開は痛快で楽しい。

謎の組織の策略で「痛み」を共有する「キズナイーバー」システムに組み込まれてしまった男女が諍いながらも絆を深めていくお話だが、「親しくなってキャッキャウフフ」とはならず距離が近づくと今度は色恋沙汰が原因で盛大な取っ組み合いが始まるあたり相変わらずの岡田節で安心。
個人的にグチャグチャドロドロ展開は大好物デス。

コミュ症の主人公、おせっかい幼馴染少女、性格の悪いハンサム、知的で無愛想な眼鏡少女、体力バカ、娘を失って頭がおかしくなっている母親と本作の人物構成は「あの花」とまんま同じ。
岡田氏による「あの花」のセルフリメイクというか鬱要素増量型「あの花」裏バージョンにも見える。
めんまの役割は策略の仕掛け人である「謎のお嬢様」が担っているのだろうか。
9話まで見た時点では彼女の真意はまだ不明のままだけど。

本作のキャラで特に印象深いのは眼鏡少女の牧穂乃香。
色気全開かつ女性の暗黒面
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まず、絵が魅力的で、傷で繋がるってどういう事だろう?と期待したんですが、要は、痛覚の共有でした。1話で最初に説明あるから、ネタばれってほどでもない事。で、それによって、いろいろあるんですが、まあ、よくあるビターで甘酸っぱい青春群像劇です。

キャラの個性が立ってるから、そういう点は楽しめたんですが、大筋はありきたりな物なんで、途中からちょっと引いて、見てました。

そもそも、複数の人間の痛覚を繋ごうと計画した人間の気が知れない。「エヴァ」の人類補完計画かよ?て感じ。人間は一人一人違うもの。一つにするとか痛みを分け合うとかお伽話かよと考えるんで、感情移入し難くて。

絵は、三輪士郎氏の絵をかなり忠実に再現してて素晴らしいですが、話はもうベッタベタのネタです。ベタベタドロドロの青春群像劇が好きな人なら良いんでしょうが、私にとっては、白ける展開でした。ラストもご都合主義っぽくて。

はぁ〜…絵は好きなんだけどなぁ〜…( ̄△ ̄;)てな訳で、絵は5、話は☆2.5で、トータルで☆3.8にしました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す