中古品の出品:7¥ 3,000より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

キカ <ヘア無修正版> [DVD]

5つ星のうち 3.8 14件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:7¥ 3,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ベロニカ・フォルケ, ピーター・コヨーテ, ビクトリア・アブリル, アレックス・カサノヴァス
  • 監督: ペドロ・アルモドバル
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: スペイン語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: コムストック・グループ
  • 発売日 2001/11/22
  • 時間: 114 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 14件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005QYPQ
  • JAN: 4988102668815
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 54,080位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

キカはメイクアップ・アーティスト、気立てよく行動的。年下のカメラマン、ラモンと付き合っている。自殺したラモンの母親の謎を巡って様々な人間模様が交錯し倒錯したドラマが繰り広げられてゆく。

レビュー

製作総指揮: アウグスティン・アルモドヴァル 監督・脚本: ペドロ・アルモドヴァル 撮影: アルフレッド・メイヨ 音楽: ペレス・プラド 出演: ヴェロニカ・フォルケ/ピーター・コヨーテ/ヴィクトリア・アブリル/アレックス・カサノヴァス/ロッシ・デ・パルマ/サンティアゴ・ラフスティシア
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 yukkie_cerveza #1殿堂トップ500レビュアー 投稿日 2003/6/8
形式: DVD
△この映画の率直な印象を一言でいうならば、「人の道にははずれているけれどそれぞれの理屈にはかなった行動をとる人々の群像劇」というところでしょうか。
 自殺という形で妻を失った夫ニコラス。母の自殺の原因を義父にあると疑う息子ラモン。その父と息子の両方と関係を持つメーキャップ・アーティストのキカ。センセーショナルな事件専門の番組司会者アンドレア。ポルノ男優で脱獄囚のポール。その脱獄を手助けする同性愛者の姉フアナ。
 縦軸は愛憎うずまくミステリー・サスペンス劇なのですが、奇行に満ちた登場人物たちが横軸を彩っていきます。この映画は倫理観の強い人の眼には首肯しかねる作品と映るでしょう。しかし彼らの姿はどこかカラリと乾いた明るさと滑稽さを伴っているので、観る者を打ちのめすような絶望的な物語にはなっていません。
 ビクトリア・アブリル演じる番組司会者が身にまとう衣装の数々は、デザインが実にお見事です。ことにパパラッチ的取材に出かけるときに身につける「撮影スーツ」は、アンドロギュヌス的な<精悍さ>、コミカルなまでの<けれんみ>、そして映像メディアの<暴力的な眼差し>をあわせ持っていて、映画史に残るデザインといえます。
 つきぬけたような人物造形。まぶしいほどの赤を基調とした色彩感覚。特異で奇怪でありながら不快ではない衣装。ダリ、ミロ、ピカソを生んだ国とはこう
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 ペドロ・アドモドバル監督の作品は大好きで、特に1999年の「オール・アバウト・マイ・マザー」、2002年の「トーク・トゥー・ハー」、2011年「私が生きる肌」などでは、その脚本の素晴らしさにも驚かされました。
 本作は、1993年の作品で、まだ上記のようなすばらしく洗練された脚本に驚かされるということはありませんが、ブラックなユーモアや演出力は顔を見せており、やはりアドモドバル監督らしい作品と言えるでしょう。
 特にジャン=ポール・ゴルチエがデザインしたビクトリア・アブリルの衣装には驚かされます。
 ゴルチエは1997年にはリュック・ベッソン監督の「フィフス・エレメント」でも衣装デザインをまかされており、そちらの作品でもミラ・ジョボヴィッチのエロティックな衣装に驚愕したものです。
 本作でもエロティックな衣装あり、思わず大笑いしてしまった衣装ありと、目を楽しませてくれます。
 テレビレポーター演じるビクトリア・アブリルのほか、主人公キカを演じるヴェロニカ・フォルテやメイド役のロッシ・デパルマなど個性的な女優が大活躍します。
 アドモドバル監督は、やはり女性の見せ方がうまいですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
赤、黄色、オレンジといった原色に彩られたインテリア。
モラルを軽く無視し、それぞれに嘘を抱えながら生きる登場人物たち。
これぞ芸術&情熱の国スペイン、と思えるような激しい映画でした。
何が起ころうと前向きでたくましいキカの姿にスペインの底力を感じ、
心が揺さぶられます。

アルモドバルの作品って通常の精神状態だと疲れて
とても見られないのですが、
もやもやしたものを吹き飛ばしたいときや、
芸術的な息吹を感じたいときにピッタリかも。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 山坊主 投稿日 2004/7/31
形式: DVD
 前半五十分は何となくつかみ所がなくてだるいのですが、後半一時間はサスペンス映画としてグッとまとまってきます。
 ゴルチェの衣装と登場人物のキャラクター設定のインパクトが強いので、何となく見た目で個性的な映画のように思ってしまいますが、ストーリーは案外普通です。「アッ!!」と驚くということも特に無いですし・・・
 でも、衣装と俳優が作り出している雰囲気はやはり独特のものがあるので、見ているこちら側のテンションもちょっと独特になっている時間帯、例えば夜中の一時を回った頃とか、それくらいの時間帯に見ると案外いい感じで一日を終えられるかもしれません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
アルモドバルは劇中劇が大好きな人で、手がけた作品には必ずといっていいほど舞台や映画がでてくる。
この作品は、彼の人工空間好きがもっとも顕著にあらわれた作品のようです。
能天気なキカは普通に暮らしているようですが、覗き屋によってすでに「被写体」になっている。
作家のニコラスも、テレビ・レポーターの「被写体」
そして、テレビ・レポーターのアンドレア自身も、頬に傷のある理由や、超奇抜なファッションで誰もいない観客席にむかって演じるところなど、自分が「被写体」であろうとする意識を持っている。
鮮やかなインテリア、ちょっと驚く顔立ちのメイドさん、ゴルチエのファッションなど、
「見る」ことを楽しむ映画で、あまりストーリーは考えないほうがいいでしょう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す