¥ 3,240
通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ガ島航空戦上: ガダルカナル島上空の日米航空決戦、昭和17年8月-10月 単行本 – 2016/6/29

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/6/29
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 4,581
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ガ島航空戦上: ガダルカナル島上空の日米航空決戦、昭和17年8月-10月
  • +
  • 敵機に照準―弾道が空を裂く (光人社NF文庫)
総額: ¥4,147
ポイントの合計: 126pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

昭和17年8月、南太平洋のガダルカナル島に米軍が上陸を開始した。
これまで無敵の進撃をつづけてきた日本海軍に対する初めての反撃であった。
以後、ガ島と呼ばれた、このガダルカナル島を巡って日米両軍の海と空と陸で激戦が展開された。
ガ島を巡る海戦と陸戦に関しては、すでに多くの戦史書籍が刊行されているが、
ガ島を巡る航空戦を包括的に記録した書籍は未だ出版されていない。
本書は日本海軍航空隊と、米海軍および海兵隊の航空隊の一次資料を駆使して、
ガ島上空の空戦ひとつひとつのすべてを検証。
つまり、日本海軍航空隊の所属機が撃墜したと報告している米軍機が本当に落ちているのかどうか、
米軍資料での裏付け作業を行ったのである。
こうして、これまで明らかにされていなかったガ島周辺空域での航空戦の実像が初めて明らかになった。
ガ島航空戦上では、昭和17年8月から10月まで、6ヶ月にわたって航空戦の前半部分を記録。
ガ島の飛行場を奪った米軍を攻撃する零戦と陸攻の戦いを中心に、
船団掩護などに活躍した水上陸部隊の記録にも多くのページを費やしている。

内容(「BOOK」データベースより)

上巻では、ガ島進攻の中継ぎとなる航空基地が整備されるまでの間、基地防空、船団の上空警戒、偵察、飛行場薄暮攻撃と八面六臂の活躍をしていた水戦、零観など水上機隊の戦闘記録も数多く掲載。これら水上機をはじめ、零戦、陸攻、艦爆、大艇などによる空戦記録を一例ごとに日米両軍の一次資料からの損害記録で照合、両軍共に過大に流れやすい撃墜戦果報告の実数、実態を追究している。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 303ページ
  • 出版社: 大日本絵画 (2016/6/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4499231876
  • ISBN-13: 978-4499231879
  • 発売日: 2016/6/29
  • 梱包サイズ: 21.8 x 15.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 125,251位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2017年3月27日
Amazonで購入
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年6月24日
Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。dvd 邦画