中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ガール 新書 – 1997/2

5つ星のうち 3.3 4件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

闇に閉ざされた世界から抜け出すため、少女は扉を探し始める―。テレクラで獲物探しのクルージングをし、“処刑”を繰り返す女子高生「ユーリ」。同じ傷を持つ少年と出会った時、痛みとともに彼女は真実の自分に目覚める。『イノセントワールド』の著者が書き下ろす衝撃の第2弾。

内容(「MARC」データベースより)

テレクラでオヤジ探しのクルージングをし、"処刑"をくり返す女子高生ユーリ。しかし、ユーリと同じ傷をもつ少年と出会った時、痛みとともに彼女は真実の自分に目覚める。


登録情報

  • 新書: 238ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (1997/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4877281533
  • ISBN-13: 978-4877281533
  • 発売日: 1997/02
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,879,040位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/2/25
形式: 新書
何故か、桜井亜美さんの作品には惹かれるものがある。
それは、一般的には受け入れられない部分があるんだが、
波長が合う人とは強烈に惹かれあう、といった感じだろうか。
衝撃の第一作「イノセントワールド」の衝撃に比べたら、
やっぱり少し引けをとるかな?と思いましたが、
やっぱり桜井亜美さんの視点は凄い好きです。
残酷で純粋な愛は、とても惹かれます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
若い世代の新しい文学のような気がする。希薄なる生き方。
おさない頃、炎天下の車中に取り残され 意識不明になったことがトラウマとなり、
人を愛することができない女子高生(ユーリ)。テレクラ、援助交際、オヤジ狩り。
中学1年生からテレクラに電話をかけ、それを記録していく。
それが一種の日誌。9冊にもなる。Q quarry 獲物 P plunder 略奪。
「今日はどんな不幸な少女になって金をむしり取るか。考える時間はとても気分がいい。」
<それ>に見えるようにすべての表情を消し去った。
<それ>は誰とも言葉を交わさず、思考の交換もしない。
生命そのものに何の目的も持たないから。
愛や悲しみ、絶望なんて過剰な生体反応は、一切おこらない。
頭上から伸びてくる巨大な舌が、あたしの身体をなめ尽くす、
逃げ場のない熱気が、じりじりと皮膚から吸い尽くす感覚とともによみがえってくる。
ラップをかけられてトレイにのせられ、電子レンジで加熱されている魚みたいに、
熱は容赦なく内蔵まで突き刺さっててくる。
全身が乾燥フルーツのように水気を失い、みにくく皺くちゃの老婆のように
ちじみあがっていくのが、自分の目に見えている。
ゲームのように男たちを狩る
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
自らの援助交際体験などをベースに綴った話というわりには、キャラクター小説というかドラゴンクエスト的というか、どうもインパクトが弱い。なかなか構成は見事だが、「エクスタシーの裂け目から伸びる真紅の竜の舌が私の肉体を包み込み、拡散する意識が銀の粒子となって」的な表現がやたら多く、どうも少年少女達が抱える心の痛みの深層まで言葉が届いてゆかないもどかしさがある。「精神抜きに語る」という言葉があるが、どうもそんな感じだ。この人の作品は、どれもこんな風なのだろうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 N@rU-MC 投稿日 2003/1/19
形式: 文庫
僕が読み切った小説です。
『桜井亜美』さんを知ったのは、友達が勧めてくれたから。
本当は活字が苦手で読もうとは思わなかったんですが、
使われている写真が僕の大好きな『蜷川実花』さんが
撮られた写真だったから。
さっきも書いたけど活字が苦手な僕でも読み切れる位
おもしろかったです。
引き込まれる展開の進め方、独特の表現を使った描写。
本当に面白いです。
つられて、他の『桜井亜美』さんの小説買っちゃいました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告