通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ガールズ&パンツァー リボンの武者 5 (MFコミ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ガールズ&パンツァー リボンの武者 5 (MFコミックス フラッパーシリーズ) コミックス – 2016/9/23

5つ星のうち 3.4 41件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 279
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ガールズ&パンツァー リボンの武者 5 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
  • +
  • ガールズ&パンツァー リボンの武者 (4) (MFコミックス フラッパーシリーズ)
  • +
  • ガールズ&パンツァー リボンの武者 (3) (MFコミックス フラッパーシリーズ)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

しずかの策略とエリカの意地がぶつかり合う! VS黒森峰戦、最高潮!!

百足組&BC自由学園vs
黒森峰女学園選抜、ついに開戦。
黒森峰選抜の隊長・逸見エリカは
従来の黒森峰戦術を超える戦い方で
着実にしずかたちを追いつめてゆく。
エリカの「西住流」を突き崩すのは、
しずかの奇策か、BC自由学園の団結か--!?


登録情報

  • コミック: 180ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2016/9/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4040685377
  • ISBN-13: 978-4040685373
  • 発売日: 2016/9/23
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
この作品の前に「セーラー服と重戦車」ってのがあったんだけど・・・主人公チームの戦車が「パンター」なので、正確には重戦車ではないのだけど、あっちの方が、まだ、読めた。
ちょっと、とんでも設定はあったけど、個人的には、こちらの方が「ガルパン」に近い気がしました。

タンカスロン、野試合って「なんでもあり設定」なんだろうけど、今回の主人公の行動は、ほとんど犯罪まがい・・・民家等への放火とかは確実に犯罪だし・・・。相方は、主人公の行動に対してに何も言ってない状態は、キャラ置いてきぼり感が否めない。

前出の「セラー服と~」は、まだ、作戦とか仲間との連携、ライバルとの技術での勝負とか(とんでも設定はあったけど)、色々あって面白かったけど、この作品は、もはや「ガルパン」のスピンオフと言う肩書を取った方が良いと思います。
「武者」という題名なら、それこそ正々堂々と戦車の技術や作戦で勝つべきだと思います。
主人公の勝利の為なら、何でもありの様な内容では、ガルパンのスピンオフとは、とても言えない内容です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
ついに始まった黒森峰との闘い!百足さん・BC自由連合は少しづつ追い詰められながらも黒森峰の車両を削っていき、黒森峰は比較的優勢な戦いを進めるも、最後のところでどんでん返しをくらい負けてしまう。そして次回からの展開を予感させつつ終了。
途中の戦闘方法(放火したりギャラリーを巻き込んで足止めさせたり)で評価が分かれてますが、自分はタンカスロンならアリだと思いました。
民家の放火については、あの一帯が廃村みたいな感じなのではないでしょうか?作者、及び作品内での言及が無いのでわかりませんが、3巻で大洗町内での戦車戦の描写(人がいる人家に平気で打ち込む、侵入する)があるので今回も人がいると勘違いをしているのではないでしょうか?
そもそもこの作品は戦車道の「影」の部分を含めて書いているので、表現がどうしても暗くなりがちなんですよね。
作者は確かに好き放題やっているのかもしれません。でもそこで見せたいものはテレビシリーズや劇場版とは別の視点から見た戦車道だと思います。イメージで言えばテレビや劇場版は「昼」、リボンの武者は「夕方」でしょうか。
この作品では戦車道は硬直した行き詰まりの武道という雰囲気を漂わせています。そこに主人公たちは挑戦している。そして周りのキャラクター達が巻き込まれ(一部は画策し(笑))戦車道の行き詰まりを打開しようとする。
次巻が楽しみです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
『外伝』が外伝である以上、本編との接点は難しいものである。
その点、この作品はとても『政治的に正しい』ざます。
本編最大の謎『西住みほ副隊長は、どうしてアクシデントに際して自ら救出に向かねばならなかったのか?』
(そして、転校せざるを得なくなったのか。一度は戦車道から逃げたのか)
について、明確に回答しているからである。本編の関係性を損ねぬ形で。

政治的に正しいざます。
そして、政治的にとてもおいしい役割ざます!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
戦車道って武道というかスポーツなんですがそこには不平等が存在します
それは強い戦車(一般的にドイツとソ連)を使われるとそれ以外の国の戦車では歯が立たなくなる訳です
加えてお互いの出場戦車数もバラバラ(みほは戦術で対応言ってますけど少し無理があるかと)
で、この本巻上での行為で「引いた」とか「胸糞」とか「戦争」やら言ってる人居ますけど
本編のアニメも同じようなもんですし(試合するならせめて戦車数ぐらい揃えろよ、と)
そう考えると本編のガルパンの世界ってクリーンじゃないですよね
そこを勝ちに拘ってなんでもする、しなくちゃ負けるから本当に何でもして勝ちにいくという主人公
次の巻でその問題にキャラが触れていますが、戦車を使ってアンチ戦車道を行っている所が痛快なんです。
お前らがやっている事は特定の学園や戦車が有利の生ぬるいルールの上での事なんだと。

ガルパンを語るとき「戦車戦や泥臭さ」を先に語るなら面白いはずです。
逆に「キャラ」の可愛さを先に語る人はまったく合わないと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー