通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ガールズぬりえブック きぬとさおりのゆめみるきもの がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

ガールズぬりえブック きぬとさおりのゆめみるきもの 大型本 – 2016/11/1

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本, 2016/11/1
"もう一度試してください。"
¥ 994
¥ 994 ¥ 599

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ガールズぬりえブック きぬとさおりのゆめみるきもの
  • +
  • ガールズぬりえブック メアリーとローラのかわいいくらし
  • +
  • トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 36色 CB-NQ36C
総額: ¥3,528
ポイントの合計: 62pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

二人の女の子きぬとさおりが、雪の降る初詣から、お花見、梅雨、夏祭り、紅葉のなかの和スイーツカフェまで――かわいい着物(和小物)とともに美しい四季の中をめぐります。伝統文様紹介など、知って楽しいコラムも充実。きらびやかな着物にも、シックな着物にも! 塗る人によって仕上がりがまったく異なる着物ぬりえ。「和+かわいい!」ガールズぬりえの決定版です。

内容(「BOOK」データベースより)

かわいいものがだいすきなあなた。ガールズぬりえの世界へようこそ!この本は、ふたりの女の子のくらしを通して、伝統柄の着物から四季折々の和菓子まで美しくてかわいい「和」の世界をあなただけのすきな色でぬれる絵本みたいなぬりえブックです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 72ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2016/11/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591152286
  • ISBN-13: 978-4591152287
  • 発売日: 2016/11/1
  • 商品パッケージの寸法: 23.4 x 22 x 0.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 106,247位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

前作の「ガールズぬりえ」がとても可愛くて、お気に入りなのでこちらも即、買いでした。
前作はカントリーで丁寧に暮らす女の子と、都会でおしゃれに暮らす女の子それぞれの可愛い暮らしを描いていましたが、今度は、着物が好きな二人の女の子が主役です。
現代的な着物の柄や、アレンジを加えたモダンな着こなし術、本当に着物がお好きな方が見ると、もしかして眉を顰めたりなさるのかもしれないけど、私は「今を生きる女の子たちが、自分の好みのアレンジを加えることで、着物文化が続いていく方がいいと思う」という考え方なので、きぬとさゆりの着物の楽しみ方は、見ていて楽しかったです。

ただひとつ難点は、描線が黒ではなく、赤だの青だの緑だので印刷されていること。
あまり気にしないもんね、と思いながら塗り始めましたが、やはり描線の色のために、思い通りの色が出せませんでした。
紙の質は色鉛筆とも相性は悪くなかったと思いますが…(ホルベイン、色辞典、カリスマカラーを使用した限りでは)
一度コピー機で黒に印刷してから塗ればいいのかな?
でも、赤はともかく、薄目の青とか、印刷に出ないんじゃあ…。まだ試していないのでなんとも言えませんけども。

前作で一番気になっていた、絵の一部にあらかじめ色が入っている仕様は今回なくなりましたが
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
メアリーとローラをすごく気に入っていたのでこちらも喜んで買いました。
和服は自分でもちょくちょく着るくらい大好きですし、相変わらず細かすぎず大まかすぎず絶妙の塗りやすさで楽しいです。
ただ、メアリーとローラはそれぞれ自分の仕事を持って自立した生活をしているように描かれていたのに、今度の女の子はただ優雅に暮らしてボーイフレンドとラブラブで結婚に憧れているという描かれ方で、前回と比べると随分封建的なにおいのする世界観になってしまったなあと感じました。
未だに着物って家というものに束縛されて男性に従属的に生きる女のイメージなのかしら…。
単なる塗り絵に考えすぎかも知れませんが、メアリーとローラに持てた親しみやすさを今度の女の子たちには持てないのが個人的に残念でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2016/11/9
前回の「メアリーとローラのかわいいくらし」を気に入って、今回も楽しみにしていました。
着物での暮らし、大正ロマンのような雰囲気もあって、かわいいです!
早速、塗ってみようと思ったところ、着物の色に悩みましたが、中ほどの数ページにある着物豆知識的なイラストエッセイがとても役立ちました。
そして塗りながら・・着物を着てみたい!とも思いました^^

色鉛筆で塗りましたが、とても塗りやすかったです。水彩も大丈夫そうなので試してみたいと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す