通常配送無料 詳細
通常2~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■【通常24時間以内に発送】■コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包し、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ガープの世界〈上〉 (新潮文庫) 文庫 – 1988/10/28

5つ星のうち 4.5 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 767
¥ 767 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ガープの世界〈上〉 (新潮文庫)
  • +
  • ガープの世界〈下〉 (新潮文庫)
  • +
  • ホテル・ニューハンプシャー〈上〉 (新潮文庫)
総額: ¥2,344
ポイントの合計: 57pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

巧みなストーリーテリングで、暴力と死に満ちた世界をコミカルに描く、現代アメリカ文学の旗手J・アーヴィングの自伝的長編。

内容(「BOOK」データベースより)

看護婦ジェニーは重体の兵士と「欲望」抜きのセックスをして子供を作った。子供の名はT・S・ガープ。やがて成長したガープは、ふとしたきっかけで作家を志す。文章修業のため母ジェニーと赴いたウィーンで、ガープは小説の、母は自伝の執筆に励む。帰国後、ジェニーが書いた『性の容疑者』はベストセラーとなるのだが―。現代アメリカ文学の輝ける旗手アーヴィングの自伝的長編。


登録情報

  • 文庫: 446ページ
  • 出版社: 新潮社 (1988/10/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102273018
  • ISBN-13: 978-4102273012
  • 発売日: 1988/10/28
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 106,225位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
この小説の一番の魅力は「笑える」ことだ。
もちろんゲラゲラ笑うようなものではない。
小説全体は悲劇的な出来事が多く起こり、なんだか不安な死の予感が満ちている。
登場人物はみな、どこか欠点や問題を抱えている。欲望に振り回され、人生を複雑にする。
でも、そうした問題や出来事がグロテスクなまでに過剰なユーモアで包まれている。
例えば、妻が浮気して男の車でフェラチオをしているところに夫の車が突っ込んで、噛み切ってしまったうえ、
夫の車に乗っていた子供が大怪我をする、とか。酷いけど、どこか笑える。

こんな節がある。
〈どうして人は、「こっけい」であっても、同時に「真面目」であるということが理解できないのだろう?
(中略)そしてガープは、笑いとは同情に関係するものであり、人間にはますます必要なものであると信じていた〉
この部分が本書のしつこいまでのユーモアの根底にあるアービングの考え方ではないか。

生きていればしんどいことはたくさんある。
それでも、生きるに値する喜びがある。
その時ボクらはきっと、笑っているだろう。
どんなに悲劇的なことがあっても、どこかでそれを笑える時、
人は人生に絶望せず、悲しみを受け止めた上で、生き
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『ガープの世界』の中で、主人公ガープは「人生は二流のメロドラマ」であると
言いますが、この作品はそれを体現しています。誇張された暴力とセックス、
そして死。作品中ではめまぐるしく常に何かが起こっており、読者を飽きさせません。

この作品はハチャメチャなことが起こるという「ポストモダン」の小説でありながら、
ディキンズのような伝統的な語りのスタイルを継承しています。その意味では、
じっくりと深みのある小説を読みたいけど、退屈な作品は嫌だという方にぴったりです。

小説家である主人公ガープが書いた作品に対して、彼の編集者はこう言います。
「いいかね、もちろん、これはすごくよく書けているよ . . . でもね、なぜか
メロドラマなんだ、度がすぎるんだよ」

これは『ガープの世界』にも当てはまります。
深みがあるけれど、不条理が日常的に起こり、現実的ではない。

その編集者に対して、ガープは答えます。
「人生は . . . なぜか、度がすぎるものですよ。人生が二流のメロドラマなんです」

これがジョン・アーヴィングによる人生の定義であり、彼の世界観をもっともよく表した言葉だと
思います。その世界観が『ガープの世界』には凝縮されています。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 虫太郎 投稿日 2005/3/12
形式: 文庫
「小説は長ければ長いほどいい」という素敵な考えの持ち主、アーヴィングさんの代表作。ぼくも長い小説は嫌いじゃなくて、A4用紙にちまちま登場人物相関図を書きながら長距離マラソン的に読み進んでいくのが好きなんだけど(暗い性格だなあ)これはあまりに面白すぎてあっという間に読んでしまいました。物足りないくらいだった。それほど物語のひっぱりこむ力が強いということですね。小説を読む楽しさをひさびさに思い出させてくれた、ぼくにとって「ガープ」はそういう本。
(以下ちょっとネタバレなので未読の方はお気をつけ下さい)
「ガープ」でぼくがいちばん印象に残ったのは、「事故」の後の展開。しばらく後日譚のようなものが語られるんだけど、ある登場人物の名前だけが出てこないんですね。「おかしいな」「なんでかな」と読み返してみると、なんとなくその人物が亡くなったんだというのがわかってくる。(その予感は悲しくも的中するんだけど)そういう技法なんですね。これはぼくにはショックでした。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
“自分は自分が思うように生きていいんだ”
とは、あたりまえのことですが、それを貫くっていうのが、
いかに大変であるか。だが、その大変さ故に人生は美しいというお話。
なぜ、それでも美しいのか…こんなに暴力にあふれた世界なのに。
その答えは、こういう小説でしか表せないのだと思います。
10代のころは、頑固に自分の人生を生きるガープの母・ジェニーに
いちばん共感を抱きましたが、30代になって再読すると、ガープや
ヘレンの抱える悩みを分かち合えるようになり、ホントに読む度に
いろんな発見があります。クリエーター志望の人にとっては、
作家・ガープを通じて“産みの苦しみ”を体験できるおもしろさも。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー