ガンダム30thアニバーサリーコレクション 機動戦... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 BUY王
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですが概ね良好です。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,400
通常配送無料 詳細
発売元: Leadway
カートに入れる
¥ 4,690
通常配送無料 詳細
発売元: myfriend
カートに入れる
¥ 4,700
通常配送無料 詳細
発売元: 麒麟ガレージ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ガンダム30thアニバーサリーコレクション 機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-<2010年07月23日までの期間限定生産> [DVD]

5つ星のうち 2.6 36件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,400 通常配送無料 詳細
ポイント: 4pt  詳細はこちら
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【2000円以上で全国通常配送無料】★am store★が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ガンダム30thアニバーサリーコレクション 機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-<2010年07月23日までの期間限定生産> [DVD]
  • +
  • 機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者- [DVD]
  • +
  • ガンダム30thアニバーサリーコレクション 機動戦士ZガンダムII -恋人たち-<2010年07月23日までの期間限定生産> [DVD]
総額: ¥10,280
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 飛田展男, 池田秀一, 島田 敏, 榊原良子
  • 監督: 富野由悠季
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2009/07/24
  • 時間: 101 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 36件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0029THPAI
  • JAN: 4934569635914
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 48,171位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

機動戦士ガンダム30周年を記念して、劇場版ガンダム10作品のDVDをアニバーサリー価格で期間限定リリース!!
誰も知らないラスト…新訳Z完結編。 人は虚無の宇宙にぬくもりを見つけられるか!

毎回映像特典
特報/劇場予告編

宇宙世紀0087年、地球圏の戦乱は混迷を極めていた。地球連邦軍のエリート組織「ティターンズ」と反地球連邦組織「エゥーゴ」の内戦に、先の戦争で敗れたジオン公国軍の残党がついに介入したのだ。三つ巴の戦場に、各組織のリーダーたちの野心と思惑がぶつかり合う。
ジャミトフとバスク大佐が指揮を執るティターンズでは、木星帰りの男シロッコが、ついに裏切りを実行する。ティターンズの実権を握り、その野望を明らかにするシロッコ。対するエゥーゴは、全権を担うようになったクワトロ(シャア)を中心に作戦を展開。Zガンダムを操る少年パイロット、カミーユらは月面へのコロニー落としなど、ティターンズの非道な作戦に対抗していく。そして旧ジオン軍残党(アクシズ)は、指導者ハマーンの下、戦況のキャスティングボートを握るべくさまざまな政略を駆使して、エゥーゴとティターンズを翻弄する。
激しさを増しながらも、最終局面へと突入していく戦い。最終決戦の舞台は、スペースコロニー、グリプス2を改造した超巨大レーザー砲。果たして地球圏の実権はいずこに委ねられるのか!?
そして人々の愛情と憎しみもまた、戦場で交錯する……。エゥーゴを裏切り、ティターンズのシロッコの下へと走る女レコア。シロッコを慕いながらも、エゥーゴのカミーユたちに惹かれる少女サラ。無数の人の想いと命が、戦場で生まれそして消えていく。
そんな人々の想いを受け止めながら、カミーユと愛機Zガンダムは、非情の戦場を翔ぶ。そして、カミーユはついに知る。Zガンダムの持てる力で倒すべきは誰なのか――。戦火の果てにカミーユを待ち受ける運命とは!?

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『機動戦士Zガンダム』をベースに物語を3部作に再構成し、新作カットを加えた“新訳”劇場版の第3章。地球連邦軍と反地球連邦組織の内戦に、ジオン軍が介入し…。“ガンダム30thアニバーサリーコレクション”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

20年も昔のセルを使う必要性が全くない。
古い上にテレビ用でしょ?映画の大画面じゃ耐えられない。
昔のセルを混ぜることで、全てにおいて中途半端。

完全リメイクなら、アナザーストーリーの企画モノとして
納得できた。
新作カットは、すばらしかった。
全て新作カットでみたかった。
昔のセルに変わるたびにテンション下がりました。

自分の中では、黒歴史に登録しました。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
TV版はちゃんと観た事はなく、Gジェネ、vsZガンダム、ガンバトシリーズ等のゲームや小説版で大体の内容を把握していました。
それでも内容は三部作各々、駆け足感がありつつも自然にまとめられているように感じます
ダカール演説のカット、フォウの存在感を確実なままに残しつつ彼女に関するエピソードを短縮
後半は舞台を宇宙に切り替えてからはロザミア関連の話を大幅にカットしたことで、あくまでエゥーゴ・ティターンズ・アクシズの三勢力の三つ巴戦を重視した構成にし、コンパクトになり観やすくなりました
結末は既に広く知られている通り、原作の結末とは異なるサプライズ要素を踏まえたものになっています
そこから従来のZZ、逆襲のシャアにどう繋がるかはまあ個々の解釈・想像にお任せします
キャスト面では当時色々と話題になったようですが、声優オタでもない上に声優慣れしていない俳優がごろごろ出演しているジブリ作品をだらだら観てきた自分からすれば許容範囲内
寧ろTV版と一部違うだけで、本作で出演しているキャストは声優として実力のある方だらけなので、そのあたりは初見は気にするほどのものではないと思います

問題は作画と画質に関してです
新たに描き直されたシーンの数々は感動モノです
サンライズのロボット作品は基本的
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
つまらないわけではありませんが、基本的にはテレビ版がいいですね。

まずは作画。古いものと新たに追加した新しい作画とで構成されていますが、どういう基準で使い分けているのかわかりませんし、古いものは手作業、新しいものはコンピューターのグラフィックソフトで構成されています。そうすると古いものと新しいものでは同じ場面でも人物と場面の雰囲気がガラッと変わってしまうんですよね。そこに違和感を感じますね。いっそ全部新しいもので構成したほうがよかったのでは?

声優さんもどういう基準で、当時と同じ人を使ったり、または新しい方に変えているのかわからない。当時の声優さんで選ばれなかった人はもうすでに引退されたのかと思ったら、今でも現役だし。特にテレビ版フォウ=ムラサメ役の島津冴子さんは「劇場版を作ると聞いて、やる気は十分あったのに声すらかけてもらえなかった」と不満をもらしているし。声優さんに関しては当時の方々を出来るだけ使ってほしかったですね。

またテレビ版ではあれだけ強かったライラやブラン=ブルターク少佐が劇場版ではあっけなく倒されている。そこにも違和感を感じます。

上記の点で基本的にはテレビ版がよかったですね。

唯一劇場版がよかったかと思う点は、カミーユが最後精神崩壊せずにファやアーガマの人
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
さて、みなさん。どうしても判らなかったのがパプテマス・シロッコという人物像。彼は何者だったのでしょうか?
シャアやハマーンに拮抗する野心家でありながら、まるで人間味の希薄な人物。表層的には強いカリスマを持ち、卓越的な指導力を持つことで、彼の周りには有能なスタッフが集うように見える。実際、彼は宇宙一の世渡り上手なおバカさんだったのかも知れない。ジュピトリスの艦長という来歴以前がまるで無いこともそうなのだが、今回の劇場版でもその過去が語られることはなかった。ただ、ノーマルスーツなしで戦闘に出る自信家であり、かってのシャアのウエットでない半面だけが描かれるとするならばシロッコのようにも見えはしないだろうか?

もしかするとパプテマス・シロッコはシャアの影法師として徹底的に描かれていたのかもしれない。

もうひとりのシャア・アズナブルとして腹芸や女性の扱いにも長け、マメでもあったろう。だからこそ笑ってしまったのがミネバ・ザビのお言葉、

「よく申してくれました、パプテマス・シロッコ。存分に働けよ」

という台詞。おっかしいですよね。この一言、ミネバの性分を描くことにも心砕いている演出なのだと思います。

この映画、ラストでぐ、ぐぐぐと息を吹き返す。Zに不思議な感覚を感じました。シロ
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す