ガンダム Gのレコンギスタ 9 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ガンダム Gのレコンギスタ 9 [DVD]

5つ星のうち 3.5 34件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,400
価格: ¥ 4,009 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,391 (26%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 4,009より 中古品の出品:2¥ 1,628より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ガンダム Gのレコンギスタ  9 [DVD]
  • +
  • ガンダム Gのレコンギスタ  8 [DVD]
  • +
  • ガンダム Gのレコンギスタ  7 [DVD]
総額: ¥10,545
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 石井マーク, 嶋村侑, 寿美菜子, 佐藤拓也, 高垣彩陽
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2015/08/26
  • 時間: 93 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 34件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00MVJU4LS
  • JAN: 4934569646682
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 41,159位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

ガンダムシリーズ35年の集大成『ガンダム Gのレコンギスタ』
富野由悠季総監督が15年の刻を経て、全ての世代に贈るTVシリーズガンダム最新作がBlu-ray&DVDで登場! !
君の目で確かめろ―


◎仕様◎
【映像特典】
■富野総監督とキャラクターに聞く67のQ&A(Anime Japan 2015にて上映)
■MS図鑑 (Anime Japan 2015にて上映)
【音声特典】
■第26話スタッフ&キャストオーディオコメンタリー
[出演]石井マーク(ベルリ・ゼナム役)、嶋村 侑(アイーダ・スルガン役)、吉田健一(キャラクターデザイン)、小形尚弘(プロデューサー)
■Gのレコンラジオ 最終回(完全版)
[出演]石井マーク(ベルリ・ゼナム役)、寿美菜子(ノレド・ナグ役)、谷口廣次朗(サンライズ企画担当)、富野由悠季総監督
【他、仕様】
■吉田健一(キャラ)・桑名郁朗(メカ)描き下ろしジャケット


◎内容◎
【2話収録】
■第25話「死線を越えて」
 マッシュナーは、ドレット艦隊の数少ない生き残り組であるクノッソスを、クルーの反対も押し切ってフルムーン・シップ奪取のため進撃させる。
ベルリ達は、メガファウナで補給を受けながら、一時の休息を取る。父の死で傷心のアイーダに、ドニエルはあえて旗艦の指揮を執るよう叱咤、ステアも励ます。
マスク部隊とジット団に迎撃されたクノッソスは、カバカーリーに撃沈されてしまう。そこへアメリア軍のモビルスーツ部隊を率いたクリムが現れるが、
マニィのジーラッハがジャハナム数機を撃墜。戦場は次第に地球の重力に引かれて降下していく。その混戦にベルリ達のモビルスーツ部隊も飛び込む。
立ち塞がるマスクのカバカーリーとマニィのジーラッハに対し、戦闘を止めようと説得を試みるベルリ。だが、憎しみに駆られたマスクにその気持ちは伝わらない。
大気圏突入寸前の高度まで降下したモビルスーツ達は、次々に自分の艦に帰還する。しかし、マスクのカバカーリーとマニィのジーラッハ、クリムのダーマとミックのトリニティは、
自力で大気圏突入する羽目になる。その動きを警戒して出たベルリもG-セルフのエネルギーを振り絞って大気圏突入をすることに。
そんななか、満身創痍のサラマンドラは大気圏突入に耐えきれず爆散してしまう。同じ頃、第1ナットから大気圏グライダーで出発したウィルミットは、クンパを同行してギアナ高地へと降下していく。
そのギアナ高地の上空には、死線を突破したメガファウナとスペース・ガランデン、ベルリのG-セルフ、ダーマを放出してダハックの初陣に臨むクリム、マスク達に合流するジット団の姿があった。
■第26話(最終話)「大地に立つ」
 メガファウナから出撃したアイーダ達は、ギアナ高地近くにいた艦隊を発見。それはズッキーニ大統領が密かに建造させていたアメリアの新艦隊だった。
艦隊の戦いをやめさせたいベルリのG-セルフだが、マニィのジーラッハとマスクのカバカーリーの猛攻を受け苦戦する。ジット団と交戦していたクリムとミックは、
カリブ海への脱出コースをとるスペース・ガランデンに合流したランゲバインとウーシァ部隊を見つけ、攻撃する。
一方、ラライヤは、兵力というおもちゃを与えられてはしゃぐ心根のアメリア新艦隊の大人達に怒り、G-ルシファーの攻撃でラトルパイソン級の足を止める。
チッカラのジャスティマは、クリムのダハックにエネルギーを吸われ、ビーム・サーベルでとどめを刺される。マスクとの戦いに煽られ、ジャブローの地下遺跡をくぐり抜けたG-セルフは、
地上への脱出後、リンゴやケルベス達と再会。そこに現れたクンのマズラスターはグライダーごとクンパを陥没穴に落下させてしまう。ベルリは、クンのマズラスターをトラクタービームで縛り、無力化に成功する。
そして、カバカーリーとの決戦でG-セルフの左脚を失いながらも相打ちに持ち込み、コア・ファイターで脱出する。命を拾ったマスクが見上げる空からは戦火が消え始めていた。
アイーダは、遭難者の救助を命じて、戦場を収める。その数ヶ月後、それぞれ旅立つルイン、クリム達。ベルリもひとりでメガファウナから降りると、日本から出発して世界を見て回る旅を再び始めるのだった。


◎キャスト◎
ベルリ・ゼナム:石井マーク/アイーダ・スルガン:嶋村 侑/ノレド・ナグ:寿 美菜子/ラライヤ・アクパール:福井裕佳梨/クリム・ニック:逢坂良太/マスク、ルイン・リー:佐藤拓也
マニィ・アンバサダ:高垣彩陽/ミック・ジャック:鶏冠井美智子/クン・スーン:小清水亜美/チッカラ・デュアル:杉浦慶子/マッシュナー・ヒューム:たかはし智秋/ウィルミット・ゼナム:田中敦子
クンパ・ルシータ:広瀬彰勇/ゲル法皇:藤 真秀/ドニエル・トス:辻 親八/ケルベス・ヨー:須田祐介/リンゴ・ロン・ジャマノッタ:浅沼晋太郎/ジュガン・マインストロン:諏訪部順一
フラミニア・カッレ:玉川砂記子/農家のお父さん:井荻 翼

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

富野由悠季が手掛ける新「ガンダム」シリーズ第9巻。マッシュナーはフルムーン・シップ奪取のため、クルーの反対を押し切り、ドレット艦隊の数少ない生き残り組であるクノッソスを進撃させる。第25話「死線を越えて」と最終第26話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
とてもきれいな絵でGレコにあった収納ボックスで気に入りました。
アニメとしても面白く満足できる作品でした。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LSR 投稿日 2015/8/31
形式: Blu-ray Amazonで購入
全26話構成でしたから、まさに駆け足的な展開でストーリーが完結しました。富野監督は若い世代(ジュニア)に観てほしいという狙いで今回のシリーズを創ったそうですが、確かに観終えてみるとその辺の気概が伝わってきますね。スピード感あふれる演出のなかに用意されたいくつものお楽しみポイントは、今この作品を観たジュニア世代が、成長しながら折あるごとに思いだし、作品の理解を深めたり、自身の決断の一助としたりするのではないかと思います。我々ファースト世代は、そんな若い人たちが末永くガンダムワールドを楽しんでくれる様、語り継いで行きたいですね。
PS:最後にファンサービスとして、ジャブローとズゴックを持ってくるあたり、憎い演出でしたね!
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
長く待望された富野監督の最新作もこの巻でしばらく休止符をつけることになりました。富野監督本人を初め、多少の不満を持つ人はきっといるのでしょう。しかし、ここから富野由悠季が新たに挑戦することを知れば、この作品が持つターニングポイントとしての意味はきっととても大事なのでしょう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
25話と最終話を収録、特典としてGのレコンラジオ最終回、富野監督に聞く67のQ&A、完結記念ナイトの様子、MS図鑑などを収録した9巻。
最終話はTV放映時に気になっていたカットがいくつかあったのですが、きちんと修正されていたのでよかったです。
ストーリーのために動いた登場人物がいなかったため、途中ごちゃごちゃして見えたところもありましたが、新約Zを経て「体感の物語」としては完成の域に達したのではないかと思います。
終盤ベルリ、アイーダは戦争の根っこになるものを排除するため、クリム、ミックはアメリアの勝利のため、ルインはクンタラとしてのコンプレックスを跳ね返すための憎悪の対象をベルリと定めてそれぞれが行動しました。ベルリ、アイーダは流れに乗せられた面もありましたが、目的を果たします。
クリムは戦場の中で隣人(ミック)への優しさを見出し、ルインはGセルフを撃墜することによって憑き物が落ちたように憎悪を解消するというそれぞれの終着点で物語は終了します。
タブーを破り技術提供をすることで、地球圏を戦争状態にして世界がどう変わるか見極めようとしたクンパ大佐はマズラスターの脚部に巻き込まれあっけない最後を遂げましたが、この人を都合よくラスボスにしなかったあたりに物語のリアリティを感じます。
特典のMS図鑑を見るとGレコスタッフのアニメーションレベルの高さを再認識できます。また、安田朗氏の描き下ろし全巻収納ボックスの絵は素晴らしいの一言です。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
全巻収納ボックスが付いてました。
本棚に入れるとGセルフがこっち見ててカッコいいです。
テレビ版より見やすくなってるんですが、どこが変わったのか相変わらず分かりません(笑)でも、何かが良くなっているのは間違いありません。

私にはハードなSF作品に見えました。
主軸が無ければ自分たちがどこにいるのか分からない。まるで無重力状態。上がっているのか落ちてるのか。主軸を求めてジット団は地球に帰って来たのじゃないかなぁ。地に足を付けるために。ムードに流される無責任な大衆はマニュアルを読むことで次々に登場する兵器を使いこなしていきます。感覚が麻痺し、異常が通常になったことも忘れつつあります。生まれる前の世界について知らなければ、陥没した穴の存在は不思議でしょうねベルリくん。あまりに巨大で複雑化したシステムの中にいると全体を想像する力すら消えてしまうのです。
長い戦いの終わりにベルリは宣言します。「僕はもう戦いません」

9巻はとにかく絵が動きます。最終話冒頭のクリムがヘルメットを脱ぐシーンが良いですね。25話のクノッソス撃沈シーンのビーム連射とか最終話のヨーヨーとか気持ちいい。ギアナ高地の美術が美しく滝のシーンは爽やか。最終話の背景はとても綺麗です。ドレット将軍はBDジャケットを飾りませんでしたが、大満足です。レ
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
Zガンダム的に言うと、

アーミーが「ティターンズ」、月勢力が「アクシズ」、金星勢力が「ジュピトリス」。以上。

で、どうでしょうか。
監督とて創作の天才ではないんだから、過去の遺産(パロディ)で食べている、ということかもしれません。
そう考えると、
G-セルフが月で作られたのは「サナリィ」が月にあった名残。
バララとマスクが付き合ってたのは、「ハマーンとシャア」の関係のもじり。
クリムは「クワトロ」ポジション。
金星出身のクンパ大佐は、さしづめ木星の「シロッコ」か?
・・・いや、これ「Z」そっくりですよ(笑)
「エンジン付きの四角いもので大量殺りく」したあげく行方不明になるバララさん(脱出した描写がある)は、
「アクシズ落としをする逆襲のシャア」(これまた行方不明)で良いんでしょうか?

「Gレコ」は、日本がもう少し他人に寛容な国になったら、再評価されると思います。
パロディの宝庫として、「ガンダムのおもちゃ箱」として。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す