ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,980
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: bs_craft
カートに入れる
¥ 2,000
通常配送無料 詳細
発売元: グローバルマーケット 新潟本店 【当日お急ぎ便可能】【安心返金保証】
カートに入れる
¥ 4,163
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray]

5つ星のうち 3.5 90件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 1,652 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 4,828 (75%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、DVD-OUTLETが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換が利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ガンダム Gのレコンギスタ  1(特装限定版) [Blu-ray]
  • +
  • ガンダム Gのレコンギスタ  2(特装限定版) [Blu-ray]
  • +
  • ガンダム Gのレコンギスタ  3(特装限定版) [Blu-ray]
総額: ¥7,570
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 石井マーク, 嶋村侑, 寿美菜子
  • 監督: 富野由悠季
  • 形式: Color, Limited Edition
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2014/12/25
  • 時間: 117 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 90件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00MVJU2WE
  • EAN: 4934569359438
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 25,671位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

ガンダムシリーズ35年の集大成『ガンダム Gのレコンギスタ』
富野由悠季総監督が15年の刻を経て、全ての世代に贈るTVシリーズガンダム最新作がBlu-ray&DVDで登場! !
君の目で確かめろ―


◎仕様◎
【特典】
■特製解説書「Gのレコンペディア」(30P)
G-レコに登場するキャラクター&メカニックを余すところなく解説するほか、
作品解説、ロードマップ、4コマ漫画、スタッフ&キャスト対談などバラエティーに富んだ内容が盛りだくさん!
富野由悠季総監督の映像技術の神髄に迫る評論コーナー「トミノロン」は必見!
第5巻に付属する専用バインダーにアーカイブしていこう! !
【映像特典】
■モビルスーツ学園「G-レコ甲子園」
リギルド・センチュリー1014年夏。各高校による戦い『MS甲子園』がまもなく幕を開ける…。
G-セルフとレクテンの所属するキャピタル高校は勝ち抜くことができるのか…?
■特別先行版 劇場舞台挨拶 2014.08.24
8月23日から2週間限定で劇場公開された第1話~第3話特別先行版イベント上映にて、新宿ピカデリーで行われた舞台挨拶2回を完全収録!
[出演]石井マーク(ベルリ・ゼナム役)、嶋村 侑(アイーダ・スルガン役)、佐藤拓也(ルイン・リー役)、富野由悠季総監督
【音声特典】
■第1話スタッフ&キャストオーディオコメンタリー
[出演]石井マーク(ベルリ・ゼナム役)、嶋村 侑(アイーダ・スルガン役)、吉田健一(キャラクターデザイン)、小形尚弘(プロデューサー)
【他、仕様】
■吉田健一(キャラ)・桑名郁朗(メカ)描き下ろし特殊ジャケット
■三方背クリアケース
◎内容◎
【3話収録】
■第1話「謎のモビルスーツ」
R.C.(リギルド・センチュリー)1014年。地球上の全エネルギーをまかなうフォトン・バッテリーを宇宙よりもたらすキャピタル・タワーは人々の信仰を集め、スコード教の聖地となっていた。
主人公ベルリ・ゼナムは、タワーを守護するキャピタル・ガードの候補生だ。初めての宇宙実習のため同期生のルイン達とクラウン(タワーを運行する車輌)に乗り込む。
ベルリ達の応援に駆けつけたノレドとマニィ達は、叱りつけるデレンセン教官から逃げてクラウンの運転室に逃げ込むが、そこにはキャピタル・アーミィの監視を受ける記憶を失った少女、ラライヤがいた。
一方、ベルリ達が実習を開始した直後、突如、現れた謎のモビルスーツがクラウンを襲撃。噂の宇宙海賊の出現に、レクテンで立ち向かったベルリは機転を利かせて、モビルスーツとパイロットの捕獲に成功する。
そのモビルスーツこそ、一週間前にラライヤが乗ってきたモビルスーツだった。捕虜となった宇宙海賊の少女はアイーダと名乗り、モビルスーツのハッチを閉じてしまう。
しかし、ベルリは難なくハッチを開いて、起動に成功するのだった。
■第2話「G-セルフ起動! 」
異国の来賓がキャピタル・テリトリィを訪問。法皇も出席する歓迎の宴の夜、警備に駆り出されるベルリとルイン。
一方、海賊部隊のカーヒル大尉は、捕虜となったアイーダを奪還すべくグリモア部隊で出撃、キャピタル・テリトリィを襲撃してきた。
攻撃が囚人の塔に及んだのを見たベルリは、囚われの身のアイーダを案じて、その塔へ向かう。同行するルインとノレド達。
アイーダの無事を確認できたベルリだが、教官ケルベスから先日のモビルスーツの移動を命じられ、保管している港のハンガーに向かうことに。だが、移動途中のアイーダを、カーヒルが発見して追跡する。
ハンガーに到着したベルリは、アイーダがG-セルフと呼ぶモビルスーツの起動に成功するが、アイーダも乗り込んでしまった。そこへ、G-セルフを敵とみなしたカーヒルが猛攻を加えてくる。
ハッチにいたアイーダを守るため、ベルリはグリモアのコックピットをビーム・ライフルで灼いてしまう。カーヒルの死を嘆くアイーダはベルリを責めて泣き続ける。
■第3話「モンテーロの圧力」
キャピタル・ガードの調査部のクンパ大佐の聴取に出頭したベルリは、調査部に身柄を移送されていたアイーダと再会。クンパはアイーダ所属の宇宙海賊がアメリア軍公認の独立部隊だという情報も握っていた。
調査部に収容されていたラライヤは、ベルリ達のいたクンパの執務室へ現れ、ベルリと同行していたノレドと会って混乱状態から落ち着くのだった。そんな中、突如ミノフスキー粒子が散布され、通信が途絶する。
アメリア大統領の息子クリムがアイーダ救出作戦を開始したのだ。クンパからG-セルフに向かうよう命じられたベルリは、調査部に保管されていた機体へ向かう。ノレドとラライヤとアイーダもついて行く。
モンテーロを駆るクリムは、キャピタル・アーミィのモビルスーツを次々撃破していくが、デレンセン大尉のカットシーには苦戦。
一方、G-セルフを勝手に起動させたアイーダは、クリムに戦闘中止を促すと、コックピットにベリルとノレドとラライヤを乗せたまま、海賊部隊の母艦メガファウナへの帰還の途についてしまうのだった。


◎キャスト◎
ベルリ・ゼナム:石井マーク/アイーダ・スルガン:嶋村 侑/ノレド・ナグ:寿 美菜子/ルイン・リー:佐藤拓也/マニィ・アンバサダ:高垣彩陽/ラライヤ・マンディ:福井裕佳梨/クリム・ニック:逢坂良太
デレンセン・サマター:小山剛志/カーヒル・セイント:森川智之/ゲル法皇:藤 真秀/ウィルミット・ゼナム:田中敦子/クンパ・ルシータ:広瀬彰勇/ドニエル・トス:辻 親八/ケルベス・ヨー:須田祐介/ベッカー・シャダム:姫野惠二

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

富野由悠季が手掛ける新「ガンダム」シリーズ第1巻。パイロット候補生・ベルリは動かせないはずのG-セルフを動かしてしまう。それは宇宙を揺るがす運命の始まりだった。第1話から第3話と特典映像を併せて収録。特製解説ほかを封入。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
作品としてはかなり唐突な導入や、劇中で視聴者に解説されない単語や世界背景が
日常会話で使われたりと(当然と言えば当然ですが)、
ややトレンドからズレた感のある、富野作品特有のとっつきにくさで、
拒絶反応を抱く人がもいるのも理解できます。
ただ、批判する人の意見の多くを要約すると、「これは(自分の知ってる〕ガンダムじゃない」「(私の考える)アニメのセオリーに沿ってない」という視野の狭さから来ていると感じられます。
だからこそ富野監督は「大人は観なくて良い」というメッセージを発していたのではないでしょうか。
既製の先入観さえ取り払ってしまえば、昨今のそんじょそこらのアニメでは体験出来ない
活き々とした、エキセントリックなキャラ達の言動や、個性的なMSの戦闘シーン、
徐々に明らかになっていく謎解きやストーリーと、見所盛りだくさんで、大変楽しめる作品だと思います。
富野監督、齢70にして、どんどん進化していますね。
良質なアニメにも関わらず、執拗なアンチに不当に評価が下げられている気がするので、✩5つで
3 コメント 234人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
このレビューを書いている2014年12月現在、好評放送中のGのレコンギスタの1話〜3話(+各種特典)を収録したBD1巻(特装限定版)

<各種特典について>
【特製解説書「Gのレコンペディア」(30P)】
今巻収録話数時点での情報を中心にした、Gレコの各種設定やスタッフインタビュー等を収録した解説書。
以下収録内容概要
・本作のプロデューサーである、小形Pの製作裏日誌vol.1
・1〜3話までのメインスタッフ紹介、ストーリー概要、ストーリー解説
・1〜3話までの主なイベントを掲載したロードマップ
・人物相関図
この人物相関図で、アイーダさんとカーヒル大尉が恋人関係であると記載。
『そういう関係だったんだろうな』とは、思っていたけど、公式で明言されたのは、これが初?
・キーワード(専門用語の解説)
・キャラクター
今回は、ベルリ、アイーダ、ノレド、ルイン、クリム、デレンセン大尉の6名が紹介されています。
・メカニカル
今巻では、Gセルフ、レクテン、カットシー、グリモア、モンテーロ、シングル・エフラグの設定画、解説を掲載。
・キャストインタビュー
ベルリ役の石井マークさんと、ノレド役の寿美菜子さんのお二人の対
...続きを読む ›
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
最初のガンダムを高校生の時に見たファンです。
ここ十数年はアニメから離れていましたが、富野監督の新作ガンダムってことで、見てみました。

第一話、とても良かったです。
相変わらずの富野節、すぐには意味が分からない不親切な入り方、わざとらしい説明会話。
突然襲撃されて戸惑う人々と、手持ちの道具でどうにかしようとする主人公。
これから始まる冒険物語に、期待が膨らみました。
絵もいいですね、安彦さんとは違うけれど、線の躍動感にドキドキしました。
コンピュータを使った合成などの小技には、もう違和感はありません。

ですが。
第二話からはどんどん物語が分からなくなり、楽しむどころではなくなりました。
結局、ネットで調べて復習するハメに。
見ながらどういう意味か考えてばかりで、見ることが苦痛になりました。
字幕を出しながらアニメを見たのって、これが初めてです。
それと、登場人物の言動がどんどん意味不明になってきました。
行動原理が分からず、同意も出来ず好意も持てず、心は引くばかり。
出てくる誰にもノレない物語でしたね。

メカとか戦闘シーンとかも、あまり好きではなかったです。
デレンセンがアレする
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
富野由悠季監督の新作ガンダムということで、タイミング的には遅れましたが、ようやく一通り見てみました。自分自身は、ファーストから逆襲のシャアまでが、範囲のおじさん世代(ファースト世代?)ですが、なんなんでしょうかね。この肩透かし感は、、。

最初の方は、かなり期待感を込めてみてました。途中までの、ストーリーの追いかけ方が、混乱気味になるのは、毎度のこととして、確かに面白いかも、と思えてました。が、このラストの閉め方。伏線の回収なんか、全部投げ出して、ポイって感じ。スポンサーによる打ち切りでもあったのかな、とも思いましたが、これでいい、ってことなんですかね、ご本人的には。まあ、見てる側の方も、あるいは作成側も、ファーストを、その完成された印象を、超えられない、ってことになってしまうんでしょうか。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック