通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ガリレオの苦悩 (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と木曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ガリレオの苦悩 (文春文庫) 文庫 – 2011/10/7

5つ星のうち 4.0 101件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,646 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 702
¥ 702 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ガリレオの苦悩 (文春文庫)
  • +
  • 聖女の救済 (文春文庫)
総額: ¥1,436
ポイントの合計: 45pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「悪魔の手」を名乗る人物からの犯行予告。警視庁のみならず湯川学を名指しで挑発する犯人の意図とは? 大人気シリーズ待望の文庫化。

内容(「BOOK」データベースより)

“悪魔の手”と名のる人物から、警視庁に送りつけられた怪文書。そこには、連続殺人の犯行予告と、帝都大学准教授・湯川学を名指して挑発する文面が記されていた。湯川を標的とする犯人の狙いは何か?常識を超えた恐るべき殺人方法とは?邪悪な犯罪者と天才物理学者の対決を圧倒的スケールで描く、大人気シリーズ第四弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 384ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2011/10/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 416711013X
  • ISBN-13: 978-4167110130
  • 発売日: 2011/10/7
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 101件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 108,950位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
掴みの実に上手い導入部から始まって、水準的には安心して愉しめた一冊でした。湯川の横顔がよく理解できる微細な描写に富んだ好短篇が並んでいます。一部矛盾するような気もしますが、印象的なサワリの箇所を:

「こういう偶然が起きると、まず疑うのが僕の癖なんだけどね。どこかに必然が潜んでいるのではないか、と」(86頁)。
「あいつは真の科学者だ。だから、科学を殺人に使う人間のことは許せないんだよ」(156頁)。
「人の心も科学です。とてつもなく奥深い」(165頁)
「魔法なんてものは、この世には存在しない」(292〜3頁)
「いつもいっていることだが、僕は犯人の動機には興味がない」(356頁)

トリック的には、第三話のそれが秀逸であったと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ライヴマスター VINE メンバー 投稿日 2008/10/30
形式: 単行本
「聖女の救済」と同時発売になっていますが、
まず「ガリレオの苦悩」から読んでください。
まず、「容疑者Xの献身」まででは登場しなかった内海薫がでてきます。
「聖女の救済」から登場、というのは順番が違いますので。

もっと言うと「ガリレオの苦悩」の最初の作品「落下る」が「容疑者Xの献身」の続編
(時間軸的にも発表的にも)になり、彼がまた警察の協力をする話となり、
「聖女の救済」がその後になります(連載が2006年11月〜2008年4月まで)。
ただ、小説の中に出てくる「内海刑事」とTVの「内海刑事」はキャラクターが全然違いますけど
(まぁ、当たり前ですが)。

「ガリレオの苦悩」は短編集で、いい意味でさくさくと読めるかと思います。
「探偵ガリレオ」も「予知夢」も短編集であるが故の面白さ、
っていうものがあると想います。
ただ、これらと趣が違うのは「容疑者X〜」を経た事による湯川(今回から)准教授の
心模様と彼自身の周りに起こる事件が多い事(書き下ろしの「指標す」はこの上述の2作品
と同じようなテイスト、と言ったほうがいいかもしれない)。
そしてついに彼は「逆恨み」にまで発展してしまうのだから(笑
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たけ VINE メンバー 投稿日 2008/10/27
形式: 単行本 Amazonで購入
TVシリーズで一気に知名度が上がった「ガリレオ」ですが、この短編集は『容疑者Xの献身』の後に書かれたもの。『容疑者Xの献身』で、二度と警察の捜査には協力しないと言った湯川が、新人刑事内海薫(自分も勘違いしてましたが、決してドラマ用のキャラではない。だってドラマは2007年10月スタートで、作品の初出は2006年だし、直後に長編の連載も始まっているから)に駆り出されて再び協力を始めます。第1章と第2章は、先日「エピソード・ゼロ」として放送されたドラマの原作です。ガリレオは不可解な現象を科学的に解いていくというところに特徴があるわけですが、これを生かすには短編の方が向いていると思います。実際、どれも上質の作品に仕上がっています。なお、同時発売された長編は、第1章の直後くらいに連載が始まっているので、短編集を読んだ後に長編の方を読むと、時間軸にずれがあって、内海刑事との関係などに違和感を覚えます。短編の第1章を読んで、次に長編を読むとそうした違和感は解消されると思います。
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
日本古来のミステリー小説(例えば、dog-earedなみなりをした刑事が地道に捜査するような話)とは一線を画したスマートな話。湯川はすごいなぁ。楽しい時間を過ごせた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『ガリレオの苦悩』の待望の文庫化。購入して読了しました。

ガリレオシリーズ第4弾です。

最も大きな変化点は、テレビ版の内海薫の登場ですね。

柴咲コウがやってる役とは、微妙に違う雰囲気を感じましたが。

今回も期待を裏切らない内容だと思います。及第点でしょうね。

この『ガリレオの苦悩』では、トリックの追求というよりは、人間ドラマに比重を置いていたように感じました。

5つの短編からなるもので、今後のガリレオシリーズもこの形で行くみたいですね。

最初の2編「落下る(おちる)」「操縦る(あやつる)」は、テレビのスペシャルドラマを小説化したものでした。

5つの中では、トリの「撹乱す(みだす)」が一番面白かったです。

東野さん的にも、そう思ったからトリに持ってきたんだろうと思います。

東野圭吾さんは、量産体制にある売れっ子ミステリー小説家です。

ただこれまでは、シリーズ物ではなくて、単発読み切りが多かったように思います。

東野さんが今後、このガリレオシリーズをどう育てていくかは分からないですけど。

私としては、期待
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー